妙高前山(2005.12.23)

あいにくの雪ではあるが、先週に引き続き大寒波が来ている事は既に天気予報で承知の上のことである。妙高前山も初めての山であるので楽しみではあるが、メンバーが3人ということもありラッセルが大変不安である。ところが雪が思ったより軽かったので前回のA山ほど苦しむことなく、1時間程度で前山に到着。トレースに沿ってゲレンデトップまで滑りやすいパウダーを快適に楽しむ。再び登り返した後は、南東尾根に沿ってブナ林の中を快適に滑走。こんな雪だと上達したような気になってしまうものです。この尾根は、以外に地図読みが難しく、CLは頻繁に高度と地形図をチェックしている。最後の難関は沢へ下った後のトラバース。失敗すると登り返しが待っている。ここをシールをつけることなく無事通過して本日の予定終了。



ラッセル開始。意外と雪が軽くてびっくり



山頂からパウダーを滑り終わる



再び登り返す



12:30シャベルテストで弱層判断。20cmと70cmに弱層があるが比較的強い



ブナ林とダケカンバの疎林は極上のパウダー