入山と二ッ石峰(2005.11.2)

旧四賀村(現在松本市)に安曇野からながめるとお尻のような形をした双耳峰を持つ山が入山(いりやま)である。別名けつだし山という品の悪い名前を持っている。そう言えば、村興しの定番のコンサートで、「けつだし山コンサート」というのが昔あった。ハウンドドッグを招いてのコンサートを聞きに(見に)行った記憶がある。3年も続かなかったから、きっと赤字だったんだろうなあ。

懸案の入山であるが、地形図と相談した結果保福寺峠から登ることに決めました。ウェストンが上高地に入山するにあたって、人力車で越えた峠である。峠からの標高差は300m程度であるが、入山までの稜線は細かいアップダウンがあるので結構足が疲れます。

登山道はトレッキングコースとして一応の整備がなされたようで道標や赤テープもあるが、入山者が少ないためか標識が藪の中で見つけにくかったりもしますから、コンパスと地形図は必携でしょう。肝心の展望ですが、最初の1449mピークは展望なし。二ッ石峰も山頂は展望なし。でもここから次のピークまでは、手前に戸谷峰、遠くに北アルプスの展望が広がります。途中で林道歩きはありますがここも綺麗な眺めが得られます。さて肝心の入山ですが、ピークは藪の中で視界ゼロで冴えません。後で聞いた話によるともう一つのピークは藪が切り払われていると聞きましたが、確かめてありません。総合的な判断としては保福寺峠から歩くなら、1476mピークを下ったあたりまでのトレッキングが正解かもしれません。次に機会があれば御鷹山まで足をのばしてみたいものです。

8:00松本IC付近 = 9:00保福寺峠 − 9:40二ッ石峰 − 10:10林道三叉路 − 10:4510:50入山 − 12:10保福寺峠


保福寺峠駐車スペース

最初のピークは1449

熊笹の中を標高差100mの直登


十観山は展望ゼロ
少し下ってから二ッ石峰を見上げる

二ッ石峰へは尾根の直登
振り返って十観山を見下ろす

二ッ石峰のピークも藪の中で展望ゼロ



秋の里山です


二ッ石峰の稜線が唯一の北アルプスビューポイント
右の尾根は入山下部

二ッ石峰から戸谷峰を眺める。
(左奥が戸谷峰)


二ッ石峰から1476ピークの近くの道標
地図がないと少し不安

林道に出た


1476ピークを振り返る。
帰りは登り返さなくては


右の1548ピークを経て入山(中央)へ向かう


林道付近から戸谷峰が大きい


ピークはこれだけ



そいでもって山頂からの展望はこれ

振り向いてもこれ

早速下山。入山(けつだし山)を振り返る


下山途中で(林道付近)
蓼科山が見えているのに気がつく

こちらは美ヶ原高原

青木村方面


戸谷峰と旧四賀

ウェストンが人力車の上から絶賛した場所