燕岳と蛙岩(2005.11.1920)

今年3回目の燕岳、私の所属するスキー山岳部のメンバーと連れだってでかけました。何と言ってもメインは燕山荘への宿泊。例年すどおりが続いているので久しぶりに泊まってみたいと思ったのです。従って狙うのは中房の県道が閉鎖される直前の週末です。これなら混雑も避けられる上に、ちょっとした雪山気分が味わえます。

宿泊となると、急ぐ旅ではありませんから、10時に中房温泉を出発して昼食は合戦小屋で暖かいものを作って食べた後は酒を飲みながら登るという、なんともデタラメな計画です。

中房の無料駐車場に車を停めようとしたところ、隣の乗用車のガラスが割られているのに気がつきました。車上荒らしのようです。これを見てとてもブルーな気分になり、自分の車が安全になるようにと、少しでも人目につくように入口付近に駐車したのです。被害者は燕山荘のお客さんである可能性があるため早速、中房温泉駐車場の管理小屋の番人に状況を伝えて電話連絡をしてもらうようにお願いしてみるが反応がよくないのです。携帯がつながらないから話をしたのに、まったく人情味に欠けているのでがっかりです。中房温泉と燕山荘は仲が良くないのかなあ?

気を取り直して入山します。寒気が通過しているようで、雲の間から雪がチラツキますが予定通りに到着。燕岳のピークハントはガス気味でしたがおかげで、ブロッケン現象を見ることができました。うわさどおり燕山荘の待遇は抜群で2升持ち上げた酒類もしっかりと飲み終わりました。翌日も快晴に恵まれ、蛙岩までの稜線のトレッキング。部分的に股下までのラッセルがあったものの初冬の登山を心ゆくまで楽しめました。


隣の車が車上あらしに

合戦尾根の取り付き

すでに落葉


第2ベンチ付近から雪が

合戦小屋でゆっくり昼食

燕山荘付近


道はよく踏まれている

稜線は寒そう

見えるのは燕岳のみ


山頂へ向かう

ブロッケンが

サービスのアルプホルン


小屋の中からチョンボ御来光

豪華な朝食

朝の燕岳


大天井岳と奥穂高岳

蛙岩と槍ケ岳

大天井岳へ続く稜線


表銀座への稜線


安曇野市

彼方に笠ヶ岳

蛙岩と燕岳


野口五郎岳と裏銀座

見納めの餓鬼岳

下山後は有明荘で入浴を