鉢盛山(2005.11.3)

松本平の南西に見える鉢盛山は、鉢伏山、鍋冠山とともに三大「お椀を伏せた形状の前山」である。「鉢盛山」はその昔「八森山」と呼ばれていたそうである。奥深い森の多い山の意味からきているとの事である。朝日村は鎖川の上流に位置しているが、江戸時代の水利権の関係でここの水を使うことができず、やむなく木曽の尾張領から水を引いたらしいが深山であるため、自然災害による土砂崩れなどにより思うように水が通らなかったとの事である。日照りがあったときの「鉢盛山」は雨乞いの山として、朝日村の全村民が雨乞い登山を行い3日2晩火を焚いて雨乞いのお祈りをしたとのことである。森林限界以下の山であるが、山頂にだけ木がくて展望が効くのはこの時伐採した名残のようである。

私も少々気になっていた山ではあるが、朝日プライムスキー場から鉢盛山に続く一番便利な林道のゲートが常時施錠されている。利用するには管理する役場にゲート通行申請(電話でOK)を行い、鍵を借りなければならないので少々煩わしくて行く機会が無かったのである。このたび一念発起して登るべく、朝日村役場に問い合わせたところ、林道から登山口まで約12キロで45分、登山の所要時間が登り3時間、今年は11月6日までしか入山できないとの事なので駆け込みで11月3日登山を決行した。今回は生憎の曇天と霧で山頂からの展望は得られなかったが、歩きやすい登山道と時折のぞく松本平の展望や付近の紅葉した、たおやかな峰々は十分に鑑賞に耐え得るものでした。また林道から眺める紅葉の美しさもすばらしいものでした。

村で案内しているコースタイムは、お年寄りから子供までが登れる時間を設定してあるとみえて登りに3時間は必要ないと思います。実際の所要時間は登り1時間30分、下り50分でした。お手軽に登れる良い山であるので、下から眺めて山頂が見えたときに登山してみたいものです。林道は舗装されていませんが、かなり整備されているのでMTBでアプローチするのも良いかもしれません。



朝日村役場で林道の鍵を借ります

林道から登山口は12キロ

登山口は約1750m結構上ですね

山の形からみて烏帽子岳1952m

整備された登山道

良い雰囲気の里山

30分後に松本平を振り返る

歩きやすい道

カモシカ棚と言うらしい

標識は充実

曇天時々霧雨(みぞれまじり)

ハト峰方面分岐、ほぼ中間点

山頂付近はピークが不明

権現の庭

権現の庭は珍しい高層湿原らしい

避難小屋

ピークはお弁当広場

無粋なマイクロウエーブ反射板

帰路(林道)の紅葉

帰路(林道)の紅葉

帰路(林道)の紅葉

帰路(林道)の紅葉

帰路(林道)の紅葉

帰路(林道)の紅葉