常念岳〜蝶ヶ岳周遊コース(2005.10.28〜29)

三股登山口から前常念を経て常念岳を登頂。その後蝶ヶ岳を経由して三股登山口へ戻る周遊コースは、私のお気に入りコースです。いつもは日帰りで利用しているコースですが、「秋のつるべ落とし」という、

日の短い時期なので、初日は太平洋高気圧の張り出した日を狙いのんびりと泊まりで歩くことになりました。今日の目的地は蝶ヶ岳のキャンプ場までです。テントを背負っての登山なのでスピードは落ちますが、急いで歩く必要がないので、周囲の景色を十分に楽しむことができました。

常念岳へ向かうための三股コースは、一ノ沢コースより勾配がきついため、嫌ってしまう方も多いと思いますが、安曇野を見下ろしながら常念岳へ向かうクライマックスは、一ノ沢コースの比ではありません。常念岳は比較的危険度の少ない山ですが、万に一つの転落の危険を考えた場合でも、一ノ沢の高巻き道より遥に安全です。難点と言えば途中で水の補給ができないことと、山頂までに営業小屋が無いことでしょう。

今回は、初めて登る仲間を「ガイド」するつもりで歩いてみましたので、休憩もセオリーどおりにとっています。初めてこのコースを歩く方の参考になればと思います。


行程

7:05 三股駐車場 − 7:40蝶ヶ岳増水時の巻き道分岐休憩(1500m) − 8:50休憩(1950m) − 10:00休憩(2355m) −10:55前常念避難小屋前にて休憩(2650m) − 12:00〜12:25常念岳山頂にて休憩 − 13:20常念岳を下った後、小ピーク一つ登って休憩(2525m) − 14:15蝶槍手前のコルで休憩 − 14:50蝶槍で休憩(2650m) − 15:30蝶ヶ岳ヒュッテ前

※蝶ヶ岳から三股への下山は、途中マメウチ平で15分の休憩を入れても、3時間で下山できます。


装備
リュックサック80L(2.4kg)、エアーマット小(0.6kg)、シュラフ及びシュラフカバー(1.3kg)、テント(2.7kg)、食器及びバーナーセット(1.0kg)、食料(1.0kg)、3.5L(3.5kg)、レインウエア(0.7kg)、防寒着一式(1.0kg)、ストック(0.4kg)、ピンチパック(0.6kg)、ビール(0.3kg)、デジカメ、文庫本等 約16kg




(7:05撮影) 
三股駐車場からの前山は紅葉が見頃です。駐車場は整備が行き届いておりトイレもあります。50台以上は余裕で駐車できます。
 



三股駐車場からは林道歩きになります(約700m、行程差70m)。こんなところで飛ばしすぎて疲れてもつまらないので下を向いてトボトボと歩きます。 



林道を15分ほど歩くと三股登山口です。ここで入山届けを出して出発です。駐車場で荷造りなどは済んでいると思いますので休憩の必要は無いでしょう。しっかりした道標に導かれて右手の登山道に取り付きます。



(7:40撮影、標高約1500m地点で1回目の休憩)
いきなり急な登りが始まりますが、体が温まってきた頃に蝶ヶ岳への迂回路と合流します。歩き出して30分と少しですが、ザックや靴ひもを調整するのには良い頃合だと思います。この先はしばらく急なジグザグが続くことになります。


(7:55撮影)
しばらく(2時間くらい)はクマザサやカラマツなどの樹林帯を歩くことになります。地形図を見ればわかりますが、尾根に乗るために急な斜面をジグザグと歩きます。


(8:50撮影、標高約1950mで2回目の休憩)
2度目の休憩時点から、蝶ヶ岳方面の尾根がカラマツ越しに覗けます。この次の休憩場所は安曇野のすばらしい展望が得られますので我慢しましょう。




(9:28撮影)
本尾根に乗ると急勾配の第1段階は終了。なだらかな樹林帯をのんびりと歩けます。緩斜面は数百メートル続きます。



(9:30撮影)
道標を過ぎると樹林の間に前常念岳が見えるようになります。

 



(9:57撮影)
緩斜面を30分ほど歩いています。そろそろ休憩したい頃だと思いますが、グッとこらえてこの、ハシゴを登るまで我慢しましょう。これを登り終えた場所こそが休憩場所です。



(10:00撮影、標高約2355mで3回目の休憩)
休憩地点から、登ってきた尾根を見下ろしています。  


(10:00撮影、標高約2355m)
休憩地点から縦走する蝶ヶ岳(尖がりは蝶槍)が見えます。  



(10:00撮影、標高約2355m)
休憩地点から前常念を見上げます。ここからは岩稜地帯に入ります。尾根の左側を巻くように急斜面を登りますが、振り返るごとに景色がよくなり爽快です。愛煙者にとっては辛い登りでしょうね(笑)




(10:00撮影、標高約2355m)
休憩地点から、穂高連邦が見えます。前にある稜線は常念岳から蝶ヶ岳へ続く尾根になります。



(10:15撮影)
松本平の向こうに八ヶ岳    



(10:41撮影)
一ノ沢と安曇野方面  

 




(10:55撮影、約2650m地点で4回目の休憩)
前常念1等三角点直下にある避難小屋前で休憩

 



(10:57撮影)
避難小屋の戸が開けっ放しでした。利用者の為に必ず戸は閉めておきましょう。

 



(11:10撮影)
前常念岳から常念岳までは稜線上を歩きます。岩が積み重なっていますから、足を踏み外して挫かないように気をつけましょう。



(11:10撮影)
前常念岳から横通岳と大天井岳が右手に見えます。


(11:10撮影)
前常念岳から常念岳へ続く稜線です。所要時間1時間の楽しい稜線歩きです。


(11:20撮影)
常念小屋巻き道への分岐です。無雪期であれば通行可能でしょう。


(11:50撮影)
常念小屋からの登山道と合流する場所です。山頂まではあと10分、突然見えた槍ケ岳が良いですね。




(12:00撮影、標高2857m山頂にて5回目の休憩)
予定通りの時間にピークハント。夏場は利用できた携帯電話もこの季節にはもうつながりません。休憩時間は25分。もちろんお約束のビールタイム



(12:10撮影)
常念岳から横通岳、大天井岳方面。遠くに立山と針ノ木岳

 


(12:10撮影)
常念岳からの穂高連邦。左は乗鞍岳



(12:10撮影)
遠くに富士山  

 



(12:10撮影)
常念岳からの穂高連邦

 

 



(12:30撮影)
12:25常念岳で十分休憩を取ったら、蝶ヶ岳へ向かいます。蝶ヶ岳への実質的な登りは、蝶槍までです。ここに行くまでに2つのピークを越えなければなりませんが、右手に写る槍・穂高の眺めはすばらしいものがあります。




(12:45撮影)
常念岳から蝶ヶ岳への稜線を写しています。登山道は稜線の右側を巻くようについています。

 



(13:21撮影、約2525mで6回目の休憩)
常念岳をゆっくりと下ること45分で最初のコルに出ますが、ここは休まずに一坂 (15分) 登りきります。そうするとまたしてもすばらしい展望が得られます。写真は常念岳を振り返っています。右に伸びる尾根が前常念方面です。


(13:30撮影)
さて6回目の休憩が終わり、下り始めると森林限界より低くなるため樹林帯に入ります。ここは今までの場所と違って人目が避けられますね。

 




(13:55撮影)
蝶槍手前の最後の小ピークから蝶槍を眺めています。今は秋だからなにも咲いていませんが、ハイシーズンはコバイケイソウ、ミヤマダイコンソウ、シナノキンバイ、イワカガミ、イワツメクサなど花畑がすばらしいです。



(14:00撮影)
蝶槍手前のコルに、程近い場所に池塘があります。ここで休憩しても良いけれどもコルで休憩したほうが快適でしょう。(虫と湿気)  



(14:15撮影、2470mのコルで7回目の休憩)
蝶槍までは、200mの登りだから、もう大したことありません。ゆっくり歩いてもせいぜい30分の登りです。ただし、ここから蝶槍まで登ってしまうと稜線に出ますので、強風の場合いは休むこともできなくなりますから、ここで行動食だけでも摂っておいたほうが良いかもしれません。




(14:15撮影)
今日はこんな青空です    



(14:40撮影)
蝶槍への最後の登りで、縦走してきた常念岳方面を振り返る。  



(14:50撮影、約2650mで最後の休憩)
ここから蝶ヶ岳ヒュッテまでは30分少々のほぼ水平移動だから気分的には楽です。天気がよければ是非休憩したいところです。写真は穂高連邦。




(14:50撮影)
常念岳は安曇野から見たほうが美しい?



(14:50撮影)
蝶ヶ岳へ向かう最後の稜線


(14:50撮影)
迫力の槍ケ岳、右端が独標




(14:50撮影)
常念岳と大天井岳。手前は蝶槍。


(15:30撮影)
蝶ヶ岳ヒュッテへ到着



(16:00撮影)
蝶ヶ岳ヒュッテへ到着。今夜のテントは私の1張のみ



(16:50撮影)
穂高連邦の日暮れ


今日の1品

本日の宿