編笠山(2005.10.23)

ここのところ、うっとおしい天気が続いている。正確に言うとうっとおしい天気予報が続いているのか?週末の天気予報は雨なので計画を諦めてみると快晴なんてことが結構ある。果たして今回もそうである。この秋に黒部峡谷下ノ廊下を歩きたかったのが、もう3回も延期している。もっとも2泊か3泊で計画すれば雨にかかるだろうから天気予報のせいで無いのだが。

土曜日は曇天で、山に行くような雰囲気ではなかったが、日曜日は、南へ向かうほど天気が良さそうとの事なので、嫌がる息子と荒井さんを誘い八ヶ岳編笠山へ出発。八ヶ岳の最南部の編笠山、西岳はどのピークからも八ヶ岳全体を見渡すことができるということで、出かけてみることにした。初めての山なのでちょっとウキウキしている。コースは富士見高原CCから西岳を経て編笠山に至り、そのまま最短距離で下山するコースを設定。登山口を捜せずに若干のロスはあったものの無事スタート。快晴ではあるが、異様に風が強いのでコースを変更して短い時間で山頂にたどり着けるように逆回りとした。登山道はペンキならぬ標識ベタ打ちでうるさいほどである。しかも標高差に対して時間の案内がデタラメなので全くもってうっとおしい。歩くスピードは個人差があるんだから時間表示は全くの無意味である。しかも気の遠くなるような緩斜面。展望の無い里山といった雰囲気の中をトボトボ歩くこと3時間弱で突然視界が開ける。ここからはうって変わっての楽しい岩稜歩きとなり傾斜も急になる、富士山や南アルプスの壮大な景色を見ながら歩くのがとても楽しい山頂までの30分である。うわさどおり山頂からの展望は抜群。強風なので南に面した暖かい場所で風を避けてのランチタイム。富士山を正面になかなかの景色でした。帰路は青年小屋、西岳経由で登山口まで下る。こちらも緩斜面だが、登山道の雰囲気は西岳経由のほうが良いかもしれません。

8:45富士見高原CC登山口 − 9:15~9:25不動清水 − 10:35〜45休憩(2080m) −11:45〜12:30編笠山 − 12:50青年小屋通過 − 13:45〜14:00 西岳 − 15:00〜15:10不動清水 − 15:30登山口

登山道はゴルフ練習場の横から(8:38)

緩傾斜の里山歩き(8:47)

唐松林の中を行く(9:13)

ひたすら樹林帯でつまんない(10:05)

ウォーキング向きの斜面(10:55)

振り返ると南アルプス(11:23)

視界が開けるのは、残り30分の所から(11:25)

快晴で富士山が美しいが強風で寒い(11:25)

諏訪湖方面(11:28)

今登ってきた、なだらかな尾根(11:28)

山頂直下は岩稜帯を歩く(11:32)

山頂からの赤岳(11:42)

蓼科山(11:42)

赤岳と権現岳(11:44)

富士山(11:50)

強風です(12:00)

青年小屋を見下ろす(12:47)

お〜泊まれるんかなぁ(12:52)


青年小屋から編笠山を見上げる(12:53)

西岳へ続く登山道(13:06)

西岳手前からの編笠山(13:21)

西岳山頂(13:40)

西岳からの下りも遊歩道なみの緩斜面(14:21)

これが・・・唯一の難所(15:15)