団体装備(4人パーティー)

装     備

数  量

調達担当

装     備

数  量

調達担当

□テント(4人用)

1張

(     )

□ハーケン

8枚

(     )

□グランドシート

(     )

□キャメロット

2個

(     )

□雪山用外張

(     )

□アッセンダー

2個

(     )

□コッヘル

(     )

□コッフェルセット(中)

2個

(     )

□ランタン

(     )

□バーナー1+ガス缶1

2個

(     )

□たわし

(     )

□水袋(大)

1個

(     )

□シングルロープ(11mm×50m)

1本

(     )

□ツェルト

2個

(     )

□補助ロープ(8mm×20m)

1本

(     )

(     )

□ダブルロープ(9mm×45m)

(     )

(     )

□ダブルロープ(9mm×45m)

(     )

(     )

□GPS

2個

(     )

(     )

□ハンマー

2本

(     )

(     )

個人装備

基本装備

■水(3.5リットルはアタック当日分)

クライミング用品

□ヘルメット

■地図(2万5千分の一)・コンパス

□ハーネス

■ヘッドランプ

□カラビナ

■ツェルト

団体装備2

□カラビナ(安全環付)

■ピンチパック(救急用品等)

□ATC・8環等確保器

■レインウエア

□ハンマー

-

■非常食

□ハーケン

-

■リュックサック(      リットル)

□ユマール等アッセンダ−

-

行動用装備

□行動食・食料

必要分

□ソウンスリング

□中間着・着替え・靴下

必要分

□ロープスリング(捨て縄)

□行動用手袋

□ナッツ・カム類

-

□バーナー・ガスカートリッジ等

団体装備2

□細引(6mm×15m)程度

-

□コッフェル

団体装備2

-

□食器類

  

 

□ピッケル

-

□ストック

-

□わかんじき

-

□ロールペーパー

□スノーシュー

-

-

□アイゼン(12本爪)

-

宿泊用品

□シュラフ

適宜

□スノーシャベル

-

□シュラフカバー

適宜

□アバランチビーコン

-

□エアーマット

適宜

□ゾンデ

-

□銀マット

適宜

□スノーソー

-

-

□防寒用アウター(上下)

-

お役立ち

■携帯電話

□オーバーグローブ・替手袋

-

□カメラ

適宜

□防寒用アウター(上下)

-

□傘

-

□目出帽・防寒帽

-

□予備電池

適宜

□ゴーグル・サングラス

-

□サブザック

-

□日焼け止め・リップクリーム

1

□ビニール袋

-

□スノーバー・スノーフルーク

-

□虫除けスプレー

適宜

□竹ぺグ

-

-

□ワイヤー・プライヤー

-

-

□スキー・ストック

-

-

□シール

-

-

-

-

-

反省と気づいたこと

(クライミング用品について)

カラビナ、スリングを含めて当初計画以上にみんな道具を持ってきていました。やはり全員が北鎌尾根初挑戦と言うこともあったため道具は必要以上に持たないと不安だったのでしょう。上手に分担すればひとりあたり1キロは軽くなったでしょう。同様にバーナーとガス缶も個人装備として全員が持っていました。今後は十分な打ち合わせが必要です。

ロープは、シングルロープを用意していますのでクライミングもできるはずです。結果的には1度も使用しませんでした。しかし北鎌尾根に行くなら安全の為にぜひ用意したいものです。長さは30メートルもあれば用は足りると思います。

ところで、今回のスグレモノは補助ロープだったと思います。ベア−ルの8ミリ×20mを持参しました。普通のロープしか持っていない場合、煩わしくなるような場所でも、これだとセットと撤収がお手軽です。北鎌はルーファンがうまくいかない場合、本当に厳しいことになります。本格的には使えませんがフィックスを張ったり、5〜6メートルの岩場を越えるのに確保したりすると精神的に楽になります。

(登山靴について)

足回りについてですが、4人のうち2人はアプローチシューズ、1人は重登山靴、そして私はトレイルランニングシューズ+フラットソールで出かけました。結果はアプローチシューズが正解だったようです。私のトレイルランニングシューズも軽くて快適ですが、つま先が保護されていないため、不用意に岩にぶつけないようにかなり神経を使いました。私はクライミング技術が劣るので、技術の差を道具でカバーするつもりで持参したフラットソールを、1時間ほど履いてみましたが、ザレた岩の上では足が痛いだけでした。独標でも直登でもしようという人意外はフラットソールを持参する必要は無いでしょう。

(食事について)

嗜好品がそれぞれ違うため、個人で用意することにしました。ただし北鎌尾根をアタックする2日目はビバークすることを視野に入れて水をできるだけ使わないように申し合わせました。わたしもお酒を減らす努力をしました。缶ビール1本とウイスキー500ccを持参しただけです。仲間が焼酎25度900ccを1本用意してくれました。実質飲むのは2人なので、何とか足りました。

(水について)

今回はフォーカストビバークを予定していました。かなり重くなりましたが、2日目のアタック日で一人あたり、3.5リトルの水を荷揚げしたことになります。確かに重くて大変でしたが、実力不足の我々にとっては大きな安心材料でした。ビバークと言っても、完璧なキャンプと言っても過言で無いくらい充実した夜を過ごせて、最終日へ向けての活力になりました。北鎌尾根は2人〜3人の足のそろったパーティーなら1日で抜けることは可能だと思いますが、人数が増えるとアクシデントのタネも増えますから十分に水を持つことをお勧めしたいと思います。


槍ヶ岳北鎌尾根トップページへ戻る