北アルプス専科 槍ヶ岳北鎌尾根登山案内

貧乏沢の下降から、北鎌尾根を通って槍ヶ岳の頂上までのコース案内です

貧乏沢の下降から北鎌沢右俣までのルートポイント

貧乏沢上部

秋の貧乏沢は良く踏まれている。上部は藪の中の踏みあとを拾うが、大天井ヒュッテの従業員さんがノコギリで枝払いをしてくれてあるので全く問題無し。


貧乏沢下部

貧乏沢の所要時間は、おおむね2時間。中腹はガレ場で下流はゴーロとなる。水流が出てきて詰まりそうになったときは、無理して渡渉せずに、左岸の巻き道を捜すと必ず見つかる。したがって、沢の左側を歩くのが無難です。

1カ所だけフィックスロープが張ってありました。


天上沢と北鎌沢出会

 

北鎌沢と天上沢の出会いには小さなケルンがありました。天上沢を右だけ見て歩いたときに初めて出てくる沢が北鎌沢です。

右俣本流は赤線です。合流する沢を右に進むというのは正しいのですが、右の青線には入るのは駄目なんです。P7に向かう支沢の間違った踏みあとですから、あくまでも右俣本流を詰めましょう。沢の幅は最低でも2メートルありますから人が一人通れる程度の沢は支沢です。そして降りるのに苦労するほどの急勾配ではありません。あまり急坂になれば道間違いでしょう。


北鎌沢の岩

北鎌沢には大きな岩が3つほどあったと記憶しています。ひとつは岩小屋でビバークできそうな祠です。これは右から巻いていきます。次が左側にロープがフィックスされている岩です。古そうだったので頼らずに登り、調べてみたらロープはボロボロでしたので、利用するのは危険(ロシアンルーレット状態)です。そんなに難しくないのでこのフィックスロープを使うのはやめましょう。右手のちょっとしたフェイス状のところで手がかりが見つかります。最後がかぶり気味の大岩で、左へ回ると残置されたハーケンがあります。登るのに厳しそうだったので、少し戻って右手の斜面を捜したら、かすかな踏みあとの、高巻き道が見つかりました。ちょっと藪こぎをしますが、また左手の正規ルートへ戻れます。(この合流でもとのルートに戻らずに踏みあとをたどって右へ入ってしまうと「北鎌の罠」にはまり、P7へ向けての厳しい登りになるようです。)


詰めまであと45分程度の場所です。わりと大きな石の手前に右へ向かう踏みあとがあるので騙されないように。ここは石を回り込むとまた沢に合流します。

先行パーティーはここに踏み込み懸垂下降やらなにやらで相当苦労したようです。私たちが入山する数日前に、北鎌沢で悲しい転落事故死がありましたが、どこかの支沢に誤って入ってしまったのだと思います。右俣本沢を正確に詰めると危険な所はほとんどありません。

最後の詰めは急な沢が二筋に分かれます。どちらもガレていたので、途中からモレーンにも似た真ん中の急斜面を登ったら北鎌沢のコルに出ました。下から見るとトンネルの出口にダケカンバがあるといったイメージです。


北鎌平から天狗の腰掛けと独標 までのルートポイント

P8への登り

北鎌平から、P8までは明瞭な踏みあとがあり間違えることはありません。ハイマツの枝や、骨のような根をつかんでぐんぐん高度を稼げます。正面に見えているのはP8ですがここまでに3つの小ピークを越えます。 

 

P8から天狗の腰掛(P9)までは岩稜帯に入ります。ペイントはありませんが北穂や前穂などの一般道と同じイメージです。

天狗の腰掛からは独標のトラバース道などが観察できます。


P8への登り(後半)

P8までの難所は1箇所かな。3つめの小ピークを下りきってから、P8への取付きがこれです。手が届けば右上にあるハイマツの枝を引っつかんで、トラバース気味に左へ斜上すると良いです。


独標へのトラバースルート

トラバース取り付きは崩壊が激しくロープがフィックスされていた 2006

背中がつかえるような岩をくぐると直登に向けてのテラスが現れる 2006

独標のトラバースルートは、途中で岩を抱え込むようにしてトラバース(リングボルトと残置スリングあり)した後、リュックがひっかかりそうな、低いバンドを過ぎるとトラバースの第1段階は終了する。ここで道は左に直角に折れ曲がり数名が休める(注)テラスになっている。眼前には高さ5メートル程度の岩場が現れる。小石の落石が多い岩は少し厳しいが、これを登りきると再びトラバースルートと直上するルート(残置ハーケンあり)に分かれるらしい。トラバースしていくのが正規ルートなのかもしれないが、トラバースルートに目が行かなかった(実は上ばかり見ていて私は気がつかなかった。仲間はトラバースルートがあることに気がついていたとのこと)ことに加え、直登ルートが今登った5メートルほどの岩場と難易度が同じくらいに見えたため取り付く。やってみると若干厳しいため安全の為に8mm×20mの補助ロープを出す。岩場を登りあがるとザレた部分はあるが、さして困難でない岩稜歩きの末独標の頂稜に到達した。独標を巻いた先のコルに出るとばかり思っていたのに出た場所が独標の頂稜であったことにビックリしたものである。独標の頂稜から次のピーク(ニセ独標)まで稜線上を歩くのは少し厳しいので、千丈沢側をトラバース気味に下てから再び稜線に戻ることにした。

(注)このテラスから、「さらにトラバースしていく細い踏みあとがある」と詳細に記述しているホームページもあるが、私は見つけられなかった。(目が上にしか向いていなかったのかなあ?)今度行く機会があれば確かめます。

2005年の宿題である独標のトラバースルートについて、「さらにトラバースしていく細い踏みあと」が、確かにありました。岩はしっかりしていますが、足元が落ちているので確保しようと思いロープを出しましたが、結局ロープを用意したことにより、2005年同様直登してしまいました。単独者がトラバースしていく様子を見ましたが、難易度はトラバースの方が楽そうです。これは独標とニセ独標のコルに出ます。P11へ向かうにしろ、独標を踏みに戻るにしろ巻かずに頂稜を目指すほうが良さそうです。

なおテラスから独標へ直登する場合でも、私たちの出した最初の1ピッチはロープは必要ないと思います。少し登ると岩小屋のような場所に出ますが、右手のフェイスを越えると、難所は終わりです。ただしこのフェイスをまたぐ部分は、高度感があります。落ちるとしたら岩を挟んでビレイヤーの反対側になりますから、単独でなければビレイだけしっかりしていれば中間支点もとらずにすんでしまいそうです。(2006.8.20現地調査により加筆)

 

このテラスを直登すれば独標の頂点に出るらしいが、データでは難儀して時間を費やしたとの事にて、最初から巻くつもりでいた。そのままバンドをトラバースするがすぐに谷へ消える。1段登ると、又、バンドが現れる。早めに陵線に出ないと、行きづまって苦労するとの情報が頭を過ぎるが、その気持ちを覆す岩だ。もう少し行ってみる、段々と心細いトラバース道となる。「あれ、先が消えている」と思った所の左岩の届く位置にシュリンゲが下がっていた。(Team Diamond  Snailsさんの記録より)


独標の頂へ

独標2つ目のトラバースを行わずに登ると、このような岩稜が現れる。上手な人なら余裕で登れる岩だが、下が落ちているため補助ロープで確保して乗り越えた。左下は岩小屋のようになっており「ビバークに良いよね。」なんて軽口をたたいた場所であろう。

今になって気がつくが、独標が見えている。


独標を過ぎてP15までのルートポイント

写真は、ニセ独標(独標を過ぎて10分ほどかな)付近から槍ケ岳までのラインを写している。P11は尖っているが、間を抜けるルートができており、特に困難な場所は無かったような記憶がある。P12は写真の影になっていると思うが、千丈沢側をトラバースするしっかりしたルートがあるので間違うことは無いだろう。このあたりまでが気の休まるところである。P12を過ぎると少し切り立った岩場を慎重に下り、P13へ向けてのコルに降り立つ。今までと打って変わった白い岩肌に変わる。巻き道のない事を確認した後、直登コースに取り付くことになるが下部は白く脆い岩場であり、縦に走ったクラックを手がかりにしてほぼ直線的に取り付くことになる。短い登りではあるが中段まで登った部分からは、ボロボロのザレ場になりとても嫌らしい。独標を過ぎてからP15までで、技術的な核心部分はここかとも思われた。残置ハーケンもあるため、補助ロープでバックアップした部分である。白くザレたP13からは、若干のアップダウンを繰り返すように千丈沢側を巻くと、巻き道の途中の右手のコブに整地されたテントサイトが現れた。ここを過ぎると左に回り込むようにして、P14手前のコルに到着する。事前の情報により、P14の核心はルートファインディングと決めていたので部分である。このコルからは千丈沢側に見事にしっかりしたトラバース道が右に見えており、引き込まれそうになるので要注意である。ここを偵察に行ったメンバーが引き込まれたので、大声で呼び戻した場所である。目印として、しっかりしたトラバースであるにもかかわらず、10メートルほど進んだ部分が、体を低くし、手をついて岩の下をくぐるようなイメージの場所であれば戻ったほうが良いだろう。トラバース道との分岐から注意をして左手を眺めると、急な斜面で薄茶色にザレてはいるが、何とか登れそうなルートが見えてくる。じっくりとルート観察をしてから登ればロープが必要な場所は無かった。P14からの独標は最高の眺めである。ここからP15とのコルに向かっては、少し大きなピーク(仮称ピーク14.5)を巻くことになる。トラバース道は千丈沢側についており、巻き終わったら左手側に直登するようにルートをとると、P15の先に出た。このP15を直登すると、山頂で行き詰まり懸垂下降するか、来た道を戻るかしないと動けなくなるのでここも注意したほうが良いだろう。(我々4人は、便宜的にルーファンの先発隊と2人と後続隊2人に分けていたが、離れてしまったため後続が道を見失い、P15で行き詰まることになってしまったのである。)P15ピークを過ぎて数分で、P15へ向けて、コルが現れるが我々はタイムアップのため、フォーカストビバークすることにした。超快適に張れるサイトは1張、まあまあ快適なサイトが1張。すでにビバークしている先客が居た為少し安心した。

写真及び文中のP11と記載してあるのはP12の誤りであるように思われる。そしてP12はP13へ向かう途中の小ピークであろう。またP14.5とP15は一連の山塊であり千丈沢側にしっかりした踏みあとがあり基本的には間違いようが無さそうである。(2006.8.20)現地調査により加筆。

 


P13は脆くて白い岩肌

P13手前のコルまでに難しい部分は無かったと述べたが、P13のとるべきルートは左の通りである。青いザックを背負った人のいるところから、黄色の線で垂直に上がっているように見える部分は、縦にクラックが入っており、足がかりもあるので何とか登ることが出来る。核心は次の部分で左斜めに上がろうとする取り付きであるが、手がかりにすべき部分がザレて浮いているので気をつけなければならない。

私たちは補助ロープを出そうと言うことになり、トップであがったメンバーがロープの用意をしているうちに、仲間は登ってしまいました。このときラストで登った私が中間まで行ったときにロープが出ましたので、折角のロープだからと喜んで使いましたが、アッセンダーのセットがうまくなくて、かえって登りづらいことになってしまいました。(苦笑)


上の写真はP14です。独標を過ぎてからもっとも間違いやすい部分らしいから気をつけてください。ものすごくしっかりした巻き道がついているように見えますが、トラバースは困難なルートのようです。現に先行する何人かが通っていたのを見ましたが、ゆっくりペースの我々がP14を過ぎたときに、トラバースしたパーティーが先に行ったという形跡はありませんでした。正解のルートは、この写真の左手から直上するように取り付きます。


P14 のルート

P14 のルート

上記をさらに解説すると次のようになる。実際の取り付きを写していないので正確ではないが、トラバースの分岐点で左上に登るようなイメージで取り付くとコースが見えてくる。道はザレた部分もあるが、著しく危険な場所は無かった。疲れが来る時間帯であるが気合いを入れて直登しましょう。


P14の登りも意外と急な斜面である。トラバース道へは入らず、2メートルくらいのコルへ乗り、ルート観察をする。基本的には大きな岩塊とザレ地が半々であるが、天上沢側から巻き上がる様な形でピークを目指せば良いだろう。(2006.8.20現地調査により加筆)


P14 をすぎたら千丈沢側を巻きましょう

さて、P14で独標の素晴らしい眺めや、槍ヶ岳を楽しんだら千丈沢側を巻きぎみに下ります。P15は登らずに、千丈沢側を巻きます。登りながら巻くことになりますが右手のコブに、一張分のビバークサイトを見つけることが出来れば正規なルートでしょう。左の写真は振り返って写していますので進行方向とは向きが逆になります。ビバークサイトからは左へ回り込むようにしてP14.5を通り過ぎた場所へ直登する雰囲気になります。

P15は巻きながら登りますが、最終的にはピーク近くまで高度を稼ぎます。(2006.8.20現地調査により加筆)


P15

ダブルトラップに注意ですね。P14までは稜線を忠実に行きますが、次の15ピークはP14を過ぎたコルからしばらく歩いた後、踏みあとを直登すると確実に行き詰まりますから注意してください。後にいたメンバーが、先行してしまった私たちを見失い、上がってしまいました。頂稜には懸垂支点があったということですが、15メートルくらいで70度以上の懸垂を強いられます。トラバースも厳しいようで来た道をほとんど戻ったようです。結果1時間以上のロスになり、この先のコルでキャンプ(フォーカストビバーク)になりました。

 


P15から大槍への登りへのルートポイント(道迷いをしているので参考になりません)

ビバーク地(幕営地)は雨とガスで視界がよくない。正面は直登するルートが無いため、千丈沢側の巻き道を抜けて次のコルにでる予定であった。しかしガスの中で何がなんだか良くわからない。頭に入れたつもりのルートを思い出してみる。「北鎌平へ向けては直登せずに、千丈沢側を巻いて登れそうなところを登ったら北鎌平に着いた。」とのことなので、適当に巻いてから登り始めるが、どうも浮石が多すぎてどうしようもない。(結果的にはトラバースしすぎて小槍の近くまで巻いてしまったのだと思う。あとで仲間に聞くと、少し行った場所で直登できそうな場所があったとのこと)ガレ場を苦労しながら直登するが、少しでも手を離せる場所にたどり着いたところは、すべての石が浮いていると言っても過言ではない。(自分の体の半分ほどの岩も動く。でかい岩を落としてしまい、下にパーティーが居なかったか心配になる。)トラバース地点が1箇所ザレて落ちているので補助ロープでフィックスを張って何とか通過する。ルートミスだけにここのロープは本当にありがたい。千丈沢側に行き過ぎている感じだったので、天上沢側へ戻るようにトラバース気味に斜上したところ何となく正規ルートと合流する。

P15過ぎてのコル

自分で撮影したものではありません。ここはP15を過ぎたコル(多分ビバークした場所)だと思います。そして真ん中のコブが北鎌平でしょうか?(北鎌平は更に上でした)トラバース道は右下に向かっていましたのず〜と行って小槍の近くまで行ってしまったのが失敗だったようです。浮き石に苦しみ、落石を起こした末たどり着いたところは、北鎌平より上だったと思います。

 大槍の手前が北鎌平です。ここを右側にトラバースして100mほどで小さなルンゼがあります。ここを詰めて尾根に乗ると北鎌平へ向けての簡単なルートに出会えます。

(2006.8.20現地調査して加筆)

 


北鎌平の登りにて(2006)


下のチムニー

残置スリングが左上にありますが、右から階段状に歩けるので無理して登ることは無いでしょう。


下のチムニー

下のチムニーを右に歩き始める部分です。上と右に行けるというペイントがありました。ここは右に行きます。


上のチムニー

事前に研究した場所です。晴れていれば右側のスラブ岩をフリクションを効かせて登るのも良いかもしれませんが、今回はチムニーを登りました。左上に残置スリングもありましたが、チムニーの右側を取り付きました。気になるのは最初の2手くらいでしょうか。最後なので安全のため、補助ロープを使用しました。


最終日に雨とガスだったので、道迷いをしてしまいました。とても残念なので次に槍ヶ岳へ登る機会があれば、北鎌平まで降りてもう一度確認してこようと思います。(ハーネスもザイルもメットもいるんですね。・・・とほほ)