北アルプス専科北鎌尾根

槍ヶ岳北鎌尾根(2005.9.17〜9.19)

天候不順で、延期になっていた憧れの槍ヶ岳北鎌尾根ですが、ついに登れる日が訪れました。計画するにあたり「体力的に自信がない」なんて声も出たため、稜線上でフォーカストビバークと決めての出発です。何となく出来てしまった私の役割分担は、登山計画とルートファインディングになっています。情報収集する中でのポイントは4つと決めました。1番目は北鎌沢右俣を忠実に詰めるためのルートファインディング。2番目が独標のトラバースを終えてからの岩登り。3番目はP14付近のルートファインディング。そして4番目が大槍直下のチムニー登りです。安全については万全を期するためにシングルロープ(9.6mm)まで用意しました。そして少しでも心配なら積極的に活用しようと。結果的にはガスの中の道迷いなどで、ザレ場のトラバースでのフィックスなど8mmの補助ロープを2〜3回使用しただけでした。大槍に登り終えた日は生憎の雨で、展望がきかなかったのですが、山頂で他の登山者からスタンディングオベーションで迎えられたのは初めての経験でした。無事に帰ることができて本当にホッとしたというのがピークハントしたときの実感ですが、今は(2005.9.24:AM10:20現在)積み残しの宿題をどう処理しようかと考えています。それは、P14過ぎのビバーク地点から、山頂まで雨と霧で道迷いをしてしまい「北鎌平」を踏めなかったことです。だから必ずまた登らなければなりません。最悪の場合でも、山頂から北鎌平を踏みに降りる予定です。その時の自分用の覚え書きとして、「北鎌尾根登山ガイド」をメモしました。そしてメモを充実させるためにこれからも資料整理や収集を行っていきたいと思います。

記憶と感動の残っているうちに、速報的に掲載しました。カメラが不調で変な斑点が出たりもしていますが、メンバーから写真提供を受ければ、差し替えたり綺麗な写真を掲載したりできると思います。また不完全な部分は随時更新していく予定です。メンバーの皆さんありがとうございました。そしてインターネット上で様々な情報を提供してくださいました皆さんありがとうございました。


行動記録と写真

槍ヶ岳北鎌尾根 初日の記録(2005.9.17)晴れ時々曇

 

 

表銀座からの槍ヶ岳北鎌尾根


(15:10) 貧乏沢入口は右手の藪を少し乗り越す


(15:10) 貧乏沢入口から大天井方面を見上げる


(15:25) 貧乏沢前半は藪歩き。大天井ヒュッテの肩が枝払いの整備をしてくれてあるので感謝 。


(15:50) ガレ場を歩くが、巻き道のほとんどは左についていた。


(16:35) 降りはじめて1時間ちょっとで右手から水流のある沢(滝)が合流する。


 (16:50) 正面が北鎌尾根末端付近の尾根。大分近くなってきた。


(17:55 )北鎌沢と貧乏沢の出会い。日没は5時50分だからぎりぎりです。


(18:00) 数パーティーが伏流する前の北鎌沢でキャンプ。明日の水汲みも含めて沢が伏流しない場所で幕営。


(18:45) 今日は暖かいので野外で夕食


槍ヶ岳北鎌尾根 2日目の記録(2005.9.18)晴れ時々曇

(5:40) 北鎌沢出会でルート観察。絶対あの右上のコルに出なければ苦労する。


(5:40) 北鎌沢出会でルート観察するとケルンが積んである。正面が北鎌沢右俣、右がP7、一番左の平らなピークがP8 です。


 (6:00) 北鎌沢下部の二股分岐。左へ行くと独標手前まで行ってしまう厳しいコースらしい。右俣も中腹までは巾10mはある。 もちろんルートは右にとる。


(6:10) 1950m地点に水があったが・・・天上沢で汲むのが無難でしょう。 この水はすぐに伏流しましたが、2200m付近で細い流れがありました。そこは1リットルの水をためるのに10分以上はかかるでしょう。一人3.5リットルも持っているからこれ以上の給水はなし。


(6:40) 正面遠くに見えるダケカンバが到着点の目印。程なく見えなくなるので地形を頭に叩き込む必要がある。


(6:40) 岩小屋は右へ巻いて登れる。


(7:10) 本日は快晴の予感。コルのツメまでは一定の斜度が続く 。右の岩峰へ向かう踏み跡もある。合流する沢を右へ行くのは当然だが、P7に向かう枝沢に入ると大変。あくまでも本流を詰めること


(7:50) 大岩にザイルがフィックスされていた。但し擦り切れて芯が剥き出しになっているから使用は不可。右から乗り越えるのがベター


(8:45) 右俣の詰め付近に、大きい岩がある。左から直登できなくもないが、よく捜すと右を高巻くような細い踏み跡が発見できる。写真は天上沢を見下ろしたもの

あと一息で北鎌沢のコルに出る。右俣のコル直下は、二股に分かれた急なガレた沢になる。中央のモレーンにも似た急な岩稜を登るほうが安全で正解だと思う


(8:50) 北鎌沢コルの慰霊碑前。テントは2張は張れる。先行パーティーが数名休んでいる。道誤りでP7に登ったパーティーは懸垂下降で逃げたとのこと。左俣方面でハマッて苦労しているパーティーの呼び声も聞こえる。とりあえずルートファインディングは成功 。


(9:00) 北鎌のコルにて。ここから見るP8は、かなり遠い。このダケカンバが北鎌沢からの目印 。


(9:20) P8への登りは、ハイマツの根や骨のような根をつかんで高度を稼ぐ。剱岳源次郎尾根の登りに近いイメージかな。展望は、裏銀座方面 。


(9:40) P8はあのピーク。P8までの難所は1箇所かな。3つめの小ピークを下りきってから、P8への取付きがそれです。手が届けば右上にあるハイマツの枝を引っつかんで、トラバース気味に左へ斜上すると良いです。


(9:55) 北鎌のコルからP8までは、小ピークを2つ越える。最後の小ピーク手前で北鎌のコルとP7を写す 。


(10:10) P8の登りから、千丈沢方面の硫黄尾根を見下ろす 。


(10:15) P8の頂上で、独標が眼前に迫る


(10:15) P8の頂上で、真ん中が天狗の腰掛(P9)稜線上を歩く。声が届く距離です。一部切れているところもあるが快適な稜線歩きが楽しめた。


(11:00) P9への登りにて、P8から続く小ピークを下りる仲間を振りかえる


(11:20) 天狗の腰掛(P9)より、独標の右手に子槍


(11:50) 仲間を待ちながら独標のトラバースルートを研究


(12:20) 独標トラバースルート近くで大槍が覗く


(12:45) 岩の上の塊が独標、ここは右手から直登した。 登った時にあれが独標だとは気がついていない。

独標を過ぎたところに出ると思っていたのですが。

独標の頂稜を踏めて結果オーライ。


(12:45) 独標頂稜手前で仲間を待つ。


(12:55) 天上沢と西岳越に望む常念岳


(12:50) 独標を思いがけずにピークハントしてしまった。P11から槍ヶ岳へ続く稜線がすばらしい


(1:35) ニセ独標(独標)で


(1:40) ニセ独標で進行方向を観察する。右の尖ったのがP12だが、両方のピークの間が抜けられる


(1:50) P12の下りから正面に槍ヶ岳を望む


(2:00) P12を過ぎて振り返る。次の小ピークは千丈沢側に安全な巻き道がある。左がP12


(2:05)小ピークを巻いて下りに入る。P13までは稜線どおしで問題なさそう


P13へ向かう途中の岩峰を振り返る


(2:20) P13の白くザレた登りを写す。正面のクラック沿いに登りるが、上部がザレていて手がかりが少ない。


(3:45) P14への直登コース(動画を利用した私の記録では、ザレていて結構怖いとコメントしている)


(3:50) 天上沢と西岳


(3:50) こちらは千丈沢


(4:00) P14からの独標はでかい。今日はフォーカストビバークの予定。仲間を待つ間にサイトの検討準備


(4:40) P14からコルへの下りで天上沢を写した


(4:50) P15のコル(ビバーク地点)からP15方面の小岩峰


槍ヶ岳北鎌尾根 3日目の記録(2005.9.19)雨槍ヶ岳登頂後晴れ

(5:45) 正面ピークを千丈沢へ巻いて北鎌平へ向かうが


(6:40) 雨で展望がなし。振り返って撮影したのはP15だと思う。(晴れていれば登れそうな所が見つけられたかもしれないが、結果はトラバースしすぎてしまう。さらに巻き道を偵察へ出たら小槍下方面のフェイスに出てしまった。仕方がないので、戻ってもろい岩場を直登することになる。)


(6:40) 北鎌平へ登っているつもりだったが、千丈沢側へトラバースしすぎて、ガレた危険な岩場を登りはじめた

つかんだ石のほとんどは浮いているので、見た目よりはかなり厳しい登り(だってトップのルーファンミスだもん)


(7:55) 突然下のチムニーに出てびっくり。残置スリングはあるが、右に回ると簡単にチムニーの上に出た


(7:55) 下のチムニーを避けるには右へ行く。上に上るとチムニーの直登コース。我々は右へ歩いた


(8:00) 上のチムニーは左上に残置スリングがある。チムニーの右手はフェイスになっている。相談の結果岩が濡れているのでフェイスではなくチムニーを登ることにする 。


(8:40)5メートルちょっとの登りのため、補助ロープで確保して登攀。左の残置は頼らずにチムニーの右手側を登った


(8:45)上のチムニー登攀終了


(8:50) 上のチムニーを登ると、階段程度の歩きですぐに槍ケ岳山頂になる。祠の裏から見下ろした


(8:50) 槍ケ岳の山頂はガスの中。山頂の登山者からスタンディングオベーションで迎えられました 。


(8:55) 槍ケ岳北鎌尾根無事登頂で記念撮影。残念ながらガスの中


北鎌尾根登山ガイド(北鎌尾根登山ルート攻略のポイントをまとめてみました。)

 貧乏沢の下降と北鎌沢のルートポイント

 北鎌のコルから天狗の腰掛と独標までのルートポイント

 独標を過ぎてP15までのルートポイント

 P15から大槍までのルートポイント

 北鎌尾根のビバークサイト(目で確かめたビバークサイト)

 装備と反省点(持参した装備についての考察)


北鎌尾根関連お勧めサイト

 Wild Site Waker's HP (私の登りたい山などの情報が親切にレポートしてあります。特に北鎌尾根の迷いやすい場所の解説はとても参考になりました。)

 大天井ヒュッテホームページ(貧乏沢を含めた北鎌尾根の整備など行ってくれています。登山前に是非チェック。)

 Team Diamond  Snails(「生と死の分岐点」「鎮魂の北鎌尾根」身震いするような記述もありますが、ルートなど頭に描けるくらい客観的な記述がされています。「北鎌の罠」に落ちないために是非ご一読を。)



表銀座大天井岳付近からの槍ケ岳北鎌尾根