パノラマ銀座縦走(2005.8.28〜8.29)

中房温泉〜大天井岳〜常念岳

本当なら今日は槍ケ岳北鎌尾根にアタックする日。ところが先日の台風11号により新幹線内にメンバーが足止めされてしまったため中止となってしまいました。しかし台風一過の好天模様の上、折角休暇も取ったのに家でゴロゴロしていても仕方ないのでこのコースを歩くことにしました。大天井岳から常念岳を歩くのは初めてのことです。理由は簡単です。私はケチなので、中房温泉までの交通費と、下山のための一ノ沢からのタクシー代がもったいなくて行く気になれなかったのです。妻に相談したところ、常念岳の一ノ沢下山口まで私の車をデポするため同行し、穂高温泉郷「しゃくなげ荘」前まで送ってもらえることになったので有難くでかけました。こんなに優しい待遇があるとは・・・。きっと北鎌尾根中止のがっかりした顔を見て相当気の毒に思ったのでしょう。感謝の気持ちで幸先良くスタート。中房温泉行きのバスまでは少し時間があるので、持参した文庫本でも読もうと思っていた折、運良くカラのタクシーが通りかかり、バス代1200円で中房まで乗せてくれるとのこと、タクシーさんも自分の小遣い稼ぎだけど、こちらも勿論文句無し。ありがたく乗せていただいたのでした。今日の楽しみは、燕山荘から大天井までのスカイトレイルなので、燕山荘までは一目散に登ります。

燕山荘のテラスでつまみを作り、凍らしたビールを飲んでいた折(しっかり融けていないので、泡が吹き出して困った)若い娘と意気投合して同行することになったのです。


11:06 下界は曇っていたけれど稜線が近づくと秋の空

11:21 大天井岳と槍ケ岳が見えたので今日は快適に歩けそうな予感

11:23合戦小屋から燕山荘までワイヤーを担ぐボッカ


11:34 燕山荘と初秋の空

11:46 燕岳がみえる。今日も登らずに大天井岳へ向かう

11:47 野口五郎岳。裏銀座も優雅で良いですね

12:38 安曇野は雲の下

12:43 表銀座コース(蛙岩へ向かう道)

13:30 千丈沢方面

14:01 大天井へ向かう稜線(信州側の巻き道で、通り雨に遭う)

14:55 大天井へ続く快適な稜線

15:10 小林喜作のレリーフ。雰囲気あるね〜

15:34 大天荘へ向かう最後の登り。小屋が見えないので気分的に盛り上がらない

16:06 今夜のお宿


16:15 大天井岳の山頂

16:45 明日登る常念岳方面を観察

パノラマ銀座縦走(2005.8.28〜8.29)  2日目


4:56 山頂から夜明け前の雲海


5:16 ご来光


5:59 横通岳から常念岳へ続く稜線


6:03 常念岳へ続く穏やかな稜線


6:40 東天井岳の肩で


6:50 横通岳は途中から直登してピークを目指す


7:20 大天井岳が遠くなる。横通岳のルートは名前のとおり


7:27 あと一息で横通岳


8:15 朝食の前に早速飲むべし


8:27 常念小屋の従業員体操中(お題は槍とシャチホコ)


9:34 真中は南岳


9:34 槍ケ岳


11:41 一ノ沢本流


(8/28)

7:30常念岳下山口へ車をデポ − 7:46穂高温泉郷しゃくなげ荘前 = 8:30中房温泉 − 8:55 第1ベンチ − 9:19第2ベンチ − 9:46第3ベンチ − 10:16富士見ベンチ − 10:47合戦小屋 − 11:48〜12:30燕山荘 − のんびり歩いて − 14:20お茶を沸かして大休止 − 15:55大天荘着キャンプ設営 − 16:15大天井岳PH

(8/29)

4:00起床・撤収 − 5:15ご来光 − 6:00出発 − のんびり歩いて −7:30横通岳(ピークまで標高差10m、サルの群れに遭遇して逃げたのだ) − 8:10〜9:00常念小屋 − 9:40〜10:10常念岳PH − 11:00常念小屋 − 14:30一ノ沢登山口 − 15:15堀金村ホリデー湯

(装備)

ザック80リットル・テント3人用・シュラフカバー(使わず)・シュラフ夏用・エアーマット小・ダウンパーカー・ガスバーナー・コッフェル・ピンチパック・水3.5リットル・缶ビール3本・ウイスキー500cc