南岳から奥穂高岳へ縦走(2005.8.19〜8.20)

8月19日の記録(横尾〜本谷橋〜横尾本谷右俣〜南岳)

槍ケ岳北鎌尾根を登ろうと計画が持ち上がっている矢先ですが、少し高所に慣れておこうと、しばらく登っていなかった穂高連邦に1泊で行くことにしました。いつも同じコースでは面白みにかけるので、初日に横尾本谷右俣をツメて南岳でテン泊。2日目は大キレットを越えて奥穂高岳経由岳沢へ下りるという計画です。天気予報は曇りということでしたが、あいにく初日は曇り時々雨、2日目はガスの中で展望は望めず歩くだけの山行になってしまいました。

さて、初日の南岳へ向かう横尾本谷右俣コースですが、ここは南岳のホームページでパーフェクトなガイドがなされていましたので、迷うことも少なく無事到達できました。ここ数日雨が降ったりやんだりの状態らしく、水量は多めだったと想います。膝上までの渡渉は何回か繰り返さないとなりませんので、霧雨で濡れたのか、川から飛ぶ飛沫で濡れたのかはわかりませんがびしょ濡れでした。難所は1箇所、右俣に入ってからの滝で、大岩をひとつ乗越しますが、岩の右にザイルがフィックスされているので登ることができました。(実は、ロープに頼りきりにならないように、あれこれトライしてみましたが登ることができず、結局全体重を預けてしまいました。)この先の黄金平と呼ばれるらしいモレーン付近は、コバイケイソウなどの高山植物が美しい楽園です。この辺りから伏流してしまいますので最後の水場となりますがとても美味しい水です。ツメの最後はザレ場から岩塊を階段状に歩いて終了です。是非秋晴れの紅葉を見に行ってみたいものです

5:55 朝もやに煙る梓川

9:33 屏風岩

9:41 横尾本谷を遡行開始

10:07 天狗原方面はガスの中

10:33 川の中を右へ左へ渡渉を繰り返す

11:12 大岩の右のフィックスロープを頼りに登る

11:20 滝を乗り越すと沢の傾斜はは緩やかになり一安心

11:46 こんな感じの中を濡れながら歩く

11:51 岩が滑るので気をつけて歩かなくては

最後のひと登りを過ぎると


11:55 岩を乗り越えたら目の前が日開けた。南岳は左のガスの中。

11:56 コバイケイソウの花畑で踏みあとを探し、モレーンを越えて雪渓を目指す

12:14 正面のコルが右俣のツメ

12:35 霧雨があがった。雄大なカールに感動。あとはコルを目指してツメるだけ

12:35 晴れていればすばらしい景色が望めそうです

12:39 とりあえず快適な雪渓歩き

12:44 これから登るルートをじっくりと観察

12:55 後を振り返ると屏風岩が下に

13:31 ザレ場を登りツメの付近は累々とした岩塊

13:31南岳はガスの中

13:31 沢のツメは、やはり傾斜がきついです

13:39南岳から氷河高原を結ぶ一般ルートに合流

14:23 氷河公園や槍沢方面もガス

14:23 登ってきた横尾本谷方面

14:52 南岳山頂は展望なし

15:17 今日の宿はツェルト。中が結露して濡れます
5:55(上高地) − 8:45(横尾で朝食) − 9:40(本谷橋通過) − 10:20(涸沢出会) − 10:50(二俣休憩) − 12:15(モレーン手前で水が伏流するので給水)13:00雪渓 − 13:40(ザレた沢をツメあがって縦走路へ合流) − 15:00南岳キャンプ場

 2日目の記録へ