南岳から奥穂高岳へ縦走(2005.8.19〜8.20)

8月19日の記録(横尾〜本谷橋〜横尾本谷右俣〜南岳)

槍ケ岳北鎌尾根を登ろうと計画が持ち上がっている矢先ですが、少し高所に慣れておこうと、しばらく登っていなかった穂高連邦に1泊で行くことにしました。いつも同じコースでは面白みにかけるので、初日に横尾本谷右俣をツメて南岳でテン泊。2日目は大キレットを越えて奥穂高岳経由岳沢へ下りるという計画です。天気予報は曇りということでしたが、あいにく初日は曇り時々雨、2日目はガスの中で展望は望めず歩くだけの山行になってしまいました。

さて、初日の南岳へ向かう横尾本谷右俣コースですが、ここは南岳のホームページでパーフェクトなガイドがなされていましたので、迷うことも少なく無事到達できました。ここ数日雨が降ったりやんだりの状態らしく、水量は多めだったと想います。膝上までの渡渉は何回か繰り返さないとなりませんので、霧雨で濡れたのか、川から飛ぶ飛沫で濡れたのかはわかりませんがびしょ濡れでした。難所は1箇所、右俣に入ってからの滝で、大岩をひとつ乗越しますが、岩の右にザイルがフィックスされているので登ることができました。(実は、ロープに頼りきりにならないように、あれこれトライしてみましたが登ることができず、結局全体重を預けてしまいました。)この先の黄金平と呼ばれるらしいモレーン付近は、コバイケイソウなどの高山植物が美しい楽園です。この辺りから伏流してしまいますので最後の水場となりますがとても美味しい水です。ツメの最後はザレ場から岩塊を階段状に歩いて終了です。是非秋晴れの紅葉を見に行ってみたいものです

5:55(上高地) − 8:45(横尾で朝食) − 9:40(本谷橋通過) − 10:20(涸沢出会) − 10:50(二俣休憩) − 12:15(モレーン手前で水が伏流するので給水)13:00雪渓 − 13:40(ザレた沢をツメあがって縦走路へ合流) − 15:00南岳キャンプ場


8月20日(南岳〜大キレット〜北穂高岳〜奥穂高岳〜岳沢)

夕べはツェルトで一晩過ごしました。北鎌尾根の予行演習を兼ねていたので、シュラフは持参せずにシュラフカバーとツェルトで宿泊。持っていった服を全部着こんで眠ったので、なんとか寒さはしのげましたが、内側が結露してしまい快適というわけにはいきません。やはり次回はテントにしましょう。

さて、大キレットの印象ですが前回歩いたときから数年たちますが、整備が行き届いておりびっくりしたというのが第1印象です。ナイフリッジを乗り越す場所や、飛騨泣きも含めて、ここはちょっと難しいかなあと感じていた場所には、すべて鉄製の足場がつくられていました。登山道の整備は山小屋が行うべきか行政が行うべきかという議論がありますが、営業小屋と営業小屋を結ぶルートは、山小屋にお願いしてしまって良いのかもしれません。涸沢槍付近は崩落後、完全に安定したようで浮石もなく安全に通過することができました。やはり太い鎖がかけられているので安心できます。(とは言っても、私はビビリなので、トラバースはカラビナとデージーチェーンを使用してバックアップしました)核心部分といえば岳沢になるかもしれません。足に疲れが来る時間帯に結構な勾配がありますから、紀美子平から岳沢ヒュッテまでは気が抜けませんね。

そう言えば、岳沢ヒュッテ直前で土砂降りになったため、ヒュッテに着いて雨宿りのつもりでビールを飲んでいたところ、急に増水して足止めとなってしまいました。小屋の従業員さんのご苦労で足場とフィックスロープがかけられ無事に渡渉しました。それはそれでありがたかったのですが、小屋は岳沢の右岸に建てられており、登山道は小屋を経由させるように作られています。その後、登山道は小屋の下流で左岸に渡り返します。もちろん小屋を経由しない左岸どうしの巻道もありますが、誰もこの道には気づきませんね。無理やり岳沢ヒュッテに誘導しているのだから上記の作業は当たり前かな?(小屋でビール買って飲んでいる私には、意見を言う資格なしですけど。)天気には恵まれませんでしたが良く歩いた2日間でした。

5:05(南岳小屋発) − 7:25〜7:40(北穂高岳) − 9:20〜9:35(穂高岳山荘) − 10:05(奥穂高岳) − 11:15〜11:35(紀美子平でラーメンタイム) − 13:25〜14:00(岳沢ヒュッテ、増水で足止め) − 15:30上高地