剱岳源次郎尾根(2005.7.29〜7.31)

昨年敗退してからの懸案であった剱岳源次郎尾根ですが、LC3の仲間と再挑戦して無事に登ることができました。今回は万全を期すために、梅雨明け10日の、もっとも天候が安定する時期を選んだのですが、天気予報の降水確率は50%以上の確立で雨です。中止も視野に入れて悩んでいたところ、メンバーの「宴会やるだけでもいいか」との言葉に決行を決定。曇天の中を剱沢のキャンプ場に向かいました。テントを張って一杯やろうと思う頃には雨が降り出します。宴会は盛り上がるものの意気消沈です。

当日の天気は霧雨と深い霧、仕方が無いので出発を1時間遅らせることに。気分的には全員が「取付まで見にいければ良いかな」という感じでした。個人的には源次郎尾根がダメならせめて長次郎雪渓でも行きたいと思い、ピッケルを持参したのですが結果的には最後までお荷物になるだけでした。まあいいか。

取付き地点に着く頃には好転の兆しも見えたため登ることになったのですが、気が乗らず、「行くのぉ〜?って雰囲気です。」昨年の失敗もあるため、今回は取付きから忠実に踏み跡をたどったところ、あっさり尾根コースの取付が見つけられました。昨年はルンゼコースの取付から左手へ斜上して取付いたため、尾根に乗るまでに悪戦苦闘(3時間以上)したものですが、わかってみればこんなもんです。(昨年よく尾根へ乗れたと未だに不思議です。)今回は懸垂下降とルーファンミスのためロープを出したことを除けば、取付地点の古い残置スリングを使う気にならずに時間をとってしまったのが、もっとも難しかった部分だったかもしれません。昨年の骨折がトラウマにもなっており、途方に暮れかけていたところ仲間が見事にルートを開いてくれました。この急な尾根に乗っかれば、ひたすら尾根筋をたどるだけですが、数十分も登れば途中に右手のルンゼコースに合流できる場所が出てきます。そのまま尾根を行けば良いのに、またしても私の判断ミスでルンゼの途中をウロウロすることになり1時間のタイムロスをしてしまいました。これはスタカットの練習だと思ってのご愛嬌です。我々は尾根とルンゼの間の開けた急斜面で、尾根コースに並行するようにルートを取ろうとしたのですが、それがそもそも無理だったのでしょう。後でガイドブックを読み直した結果、ルンゼコースに入るのであれば、高度を上げずにトラバース気味にルンゼへ向かわなければならなかったのです。尾根に戻ってからは偵察を行いながら稜線を忠実にたどり、無事念願の山頂に到達できました。同行してサポートしてくださったメンバーのみなさんありがとうございました。前回の敗退とは比べものにならないくらいスムーズな山行は本当に楽しい思い出です。

以下に掲載する写真は、できるだけ歩いたコースがわかるものにしたつもりです。初めて尾根コースを歩かれる方の参考になればと思います。


2005.7.29

剱岳源次郎尾根(2005.7.29〜7.31)

剱沢へ入山


今日は曇天。天気予報では50%以上の確率で雨、そうだとしたら明日は剱を拝めません。ちょっと憂鬱な気持ちで剱沢から剱岳を眺めます。(14:00)


早く着いたら源次郎尾根の取付きを偵察するって言ってなかったかなあ。早速宴会に入ってしまう。(14:34)


今回の一品は、シシトウとナスの山椒味噌炒め(15:55)


2005.7.30

夜が明けると一面の霧、夕べは雨が降った。今日も降水確率が高いので4時30分出発を1時間遅らせた。

剱の上部はガスの中、相談の結果取付までは行こうと出発する。(5:30)


平蔵谷の大きな岩が取付きの目印となる。三角の石の右についた点線の踏跡を忠実にたどると藪こぎは無くて済む。(昨年の反省より)

踏み跡が2つに分かれたら左へたどると、尾根コースへつながっている。(6:17剱沢雪渓より撮影)


平蔵谷は濃いガスに覆われている(6:22)


念の為に取付き地点よりハーネスを装着。藪を歩くから濡れても良いようにレインウエアも着用した。

アイゼンはずしたりしていたら30分近くかかってしまった。源次郎尾根だけならピッケルは必要なし。今回も持参して邪魔になった。(6:50)


体が隠れるほど深い急な草叢(ウラジロタデ)を10分ほど登ると踏み跡が分かれる。

尾根コースは左にたどると、取付きに直接つながっていた。(6:51)


取付きから数メートル進むと、胸より高い岩壁がある。残置されたロープスリングが右奥にかけられているが古くて使う気にならない。

左手にハーケンが1本あり、大小のスリングを2本でアブミにして這い上がる。ここで学生と思われる3人のパーティーが来たのであっさりと道を譲った。

しかしこの場所の通過にてこずり、4人が抜けるのに30分もかかってしまった。ここから先は急だけど手がかりもあり、木のトンネルは歩きやすい。

昨年はどこから取付いたんだろうか、記録をみても怪しい。20分ほどで尾根に乗る。(7:14)


尾根筋を忠実にたどる途中で真砂沢方面を振り返る。なんか天気がよくなってきた。(7:48)


尾根に乗ると右手の視界が開けた。写真はルンゼをはさんだ源次郎尾根の主稜。

上部でここと合流するんだけど相当遠いなあ(7:55)


尾根を歩くと右手にルンゼコースが。ここで休憩して作戦会議。

先行する学生は尾根を行った。 踏み跡も明瞭なのでルンゼに入ることを提案して進むが・・、結局これは失敗だった。

ルンゼ登れないから尾根ルートにしたんだった。(8:10)

 


 

30分ほどあれこれ取り付いて稼いだ高度はたったの50m弱かな?クライムダウンして元の場所に戻ろうと思ったけど、怖くて降りられないので結局諦めてロープを出す。(8:44)


ラストで待ちながら下を写す。転べばあそこまで転がる?嫌だなあ。でも青空が覗いてきたのは救いです。(9:07)


彼女はトラバースしてからすげ〜藪こぎしてたもんね。いつ上に行ったんだろう?ルンゼコース付近の斜面でのロスタイムは1時間也(9:20)


尾根コースへ再び合流、地道に登るのが一番だね。写真は剱沢(9:20)


やっとのことで戻った尾根道だけど、ここは直登で越えなければならない。

意外と手がかりや足がかりが多くて、見たほどではなかったような気もしますが嫌ですね〜(9:22)


標高にして2300mちょっとの地点。先は長いが、深い木はこの辺りまで.。平蔵谷側が結構切れている(9:37)


木があるから安心していられるけど、ナイフエッジで高度感がある。景色は抜群2325m(9:45)


見える尾根はほとんど直登で越える。はるか先がまだ1峰(9:53)


右手主稜のでっかい壁が近づいてくる。ジャンクションが1峰の肩と言うのかな?(9:59)


ルンゼの上部には雪渓が残っている。覗くと怖いね〜(9:59)


昨年の敗退箇所付近。この草付からルンゼへ撤退していった記憶がよみがえる。懸垂下降の連続だったな〜(10:10)


支尾根の合流も間近。1峰が見えているが、このときは1峰と理解していない(10:10)


ここで1峰と確信するがかなり遠いね。とりあえず手前の塊を越えなくては(10:20)


当面の目標はこの塊だな。こんな感じの山越えがいくつか続く(10:21)


先に見えるコルが1峰の肩だと確信を持ってルンゼの踏み跡をたどる┬鼻ここは少し気の抜ける登りです。2480m(10:28)


八ツ峰の下部が見えてきた。ここからが1峰の取り付きだが、どこを見てもでっかい一枚バーンなので少し心配になる。(10:32)


でかいなあ。直登するしかないがフリクションはよく効く。(10:32)


1峰に取付いてから40分後くらいで切れ落ちている場所に数メートルのトラバース。(11:10)


1峰頂稜近くにはコバイケイソウのお花畑、気の休まる僅かな時間がうれしい。

ここでしっかりと休憩(11:54)


あと少し、ガスの中の1峰を目指す余裕の園爺(12:03)


右に見える塊が1峰の頂、2峰はガスの中・・・でかい(12:05)


1峰直前で後ろを振り返る(12:06)


1峰頂稜より2峰を見る。ルートは正面に見える痩せた尾根の、岩とハイマツの間にとる。

右手にハイマツ、左手で岩をつかんで登るです。1峰は通過(12:08)


2峰の登りで1峰を振り返る。

2峰の登り始めは急だが、右手でハイマツ、左手で岩をつかんで登ると見た目よりは簡単(12:27)


2峰の登りで撮影。右に八ツ峰が見える。ハイマツを右手でつかんで登るんです。写真なんか撮ってる場合じゃね〜(12:30)


2峰のピーク近くににお花畑があるとは・・・。天気が悪くならなくて良かった〜(12:31)


2峰直前で1峰を振り返り下山路を撮影。ここは普通に降りられます。(12:38)


2峰で大休止、足元にはチングルマ。懸垂地点までは痩せた尾根上を歩く。

最後に平蔵側へちょっと嫌なトラバースがある。スタンスは小さいけどガバホールド。(12:44)


懸垂支点をセット。ロープは打ち合わせどおり?本結びの二重止め結びで連結、残置スリングを複数で拝借(13:08)


荷重をかけてロープテスト(13:19)


セッティング中(13:33)


余裕の懸垂下降を見守る(13:38)


懸垂下降を終えた広いコルから2峰を振り返る。ここで登りの難所は終了なので笑顔が戻る (14:02)


1峰コルから見る八ツ峰パノラマ(14:03)


チンネとニードル、いつかは行けるかなあ(14:05)


真砂沢方面を眺める(14:05)


剱岳山頂へ向けて、岩稜帯を行く楽しい登り(14:15)


晴れてきたぞ〜。2峰が遠ざかる(14:26)


剱岳をピークハント。遠くに鹿島槍(14:56)


山頂にて。確かに2峰は登れそうも無い(15:02)


カニのヨコバイも結構つらい。カラビナでバックアップをとって通過。こんな所でコケたくないもんね(15:51)


源次郎尾根パノラマ。登った場所ってすごい急なんだね。右が1峰(16:23)


平蔵谷と源次郎尾根下部(16:33)


前剱から2峰の懸垂下降地点をズーム(16:36)


前剱から東大谷方面。一般道も結構厳しいが、鎖がベタウチなので安全(16:45)


テンバも近いし無事戻ってきた。このあと剱山荘でビールタイム。キャンプ場に戻ったのは7時でした。ふう〜大満足(17:49)


剱岳の朝(4:30)


剱岳源次郎尾根行動の記録(2005.7.30 sat)

場   所

到着時刻

(通過時刻)

出発時刻

行動時間

休憩時間

メ               モ

剱沢キャンプ場

-

5:30

-

-

曇天で元気が出ません。途中でアイゼンをつけてペースアップ

源次郎取付

6:20

6:50

0:50

0:30

ハーネス装着など結構時間かかってます。

尾根コース分岐

(7:00)

-

-

-

コースはすぐ見つけたけど最初の岩を越えるのに30分近く要する。手際よくいきたいものです。

尾根に乗る

(7:50)

-

-

-

ハイマツの急斜面は、やはりうるさい

ルンゼへ入る

8:00

8:10

1:10

0:10

草つきのルンゼコースへ入ってみる。先行者のいる尾根道を忠実に行っていたら30分は短縮できたでしょうがこれも実力。落石1回あり

尾根へ戻る

9:20

9:30

1:10

0:10

スタカット1回、高度は50mほどしか稼げず失敗。

1峰取付

(10:30)

-

-

-

感じの悪いトラバースあり、その後草つきのルンゼに踏み跡を拾う

1峰お花畑

11:40

11:50

2:10

0:10

途中小休止を入れながら歩く

1峰

(12:10)

-

-

-

自分には意外と難しく感じた。でもフリクションはよく効く。ルート偵察を繰り返しながら登る

2峰

12:45

13:00

0:55

0:15

2峰山頂で大休止。懸垂地点まではやせている。平蔵側に気になるトラバース1回

懸垂開始地点

13:05

13:10

0:10

-

懸垂セットに5分

懸垂終了点

13:50

14:00

0:40

0:10

懸垂関係で約40分。混んでいれば待ち時間大変ですな〜でもここで休憩できました

剱本峰

14:50

15:35

0:50

0:45

剱までは各自のペースで登る

前剱

16:40

16:50

1:05

0:10

本峰から下は、鎖ベタ打ちですから

剱山荘

18:10

18:30

1:20

0:20

途中休憩を入れながらゆっくりと下る

剱沢キャンプ場

19:05

-

0:35

-

暗くなってました

行動時間

13時間05分

10時間55分

2時間40分

疲れましたね〜でも懸垂下降地点で結構休めました。