双六岳〜三俣蓮華岳山スキー(2005.4.30〜5.2)

今年のゴールデンウイークはどこへ行こうかと悩んだ挙句、双六岳を提案したところ、なんと7人ものパーティーができあがりました。日頃はテントにしか縁のない私たちですが、重い荷物を背負って滑るのは、さぞ辛かろうということで双六小屋に連泊することになりました。結果は大正解、天気にも恵まれて快適な滑りが楽しめました。


4月30日(快晴)

本日は快晴也、気持ちよく出発したものの、弓折岳への登りは想像以上に厳しいため、スキー組の私たち以上にスノボ組は大変だったことでしょう。全員が小屋に着いたのは、行動開始以来11時間以上たっていました。

8:35 わさび平小屋で運動靴をデポ 8:40 左俣林道のブナ林をトボトボと歩く
8:55  抜戸沢よりひとつ下の沢。デブリに唖然となる
9:17 はるか彼方の小池新道を見上げる 10:12 奥抜戸沢の巨大なデブリ 10:26 秩父沢もデブリ、これで帰りは滑れるんかいな
10:42 抜戸岳を見上げる。う〜ん良い天気だ 11:22 日差しが強くて熱くなってきた
11:32 当初の予定は大ノマ乗越だが、雪庇が大きくて危険とのことで鏡平方面へ向かう
12:18 久々の大休止。このあとが辛くなる 12:59 槍の穂先が見えた。しかし急だな〜 13:19 奥丸山の向こうに大キレットが大きい
14:16 大ノマ岳から抜戸岳の稜線に張り出す雪庇
14:30 大ノマ乗越と大ノマ岳 15:08 大ノマ岳山頂からの大ノマ岳。少し時間が押しているので、単身で小屋へ向かい状況を伝える。一人では寂しいものだ

15:31 次のピークで大ノマ岳山頂を振り返る。ここへの登りは雪庇を踏まないように注意

15:54 双六岳が大きくなってきた 16:11 双六南峰を写した。と思うよ キャンプ場

5月1日(晴れのち曇り夕方より雨

今日は午後から天気が崩れるらしい。そういえば太陽に笠がかかっていた。双六周辺で滑りを楽しみたいパーティーと三俣蓮華岳のピークハントを目指す我々とチームを2つに分けた。滑走ルートは樅沢を下り、三俣蓮華岳への巻道へ合流するルートを目指していたが、読図に失敗したため、中途半端で大変なところを登る事になってしまった。もう少し手前で滑るのをやめるか降りるかしなければならなかったのに。それでも樅沢の滑走は超快適でやめられませんね。三俣蓮華岳ピークハント後のハイライトは、40度は越えようかという斜面にトライ。落ちなくて良かったね〜。(私たちも雪庇もクレバスも)夕方4時小屋に戻るころには雨が降り出す。明日下山できるか心配・・・しても仕方ないので大宴会に突入

8:23 今日は午後から崩れるみたい。鷲羽岳が大きい
8:39 今日のパーティーは2組に分かれる。私たちは三俣蓮華岳まで 9:19 これから滑る樅沢 9:28 樅沢の滑りは快適でシュプールもバッチリ
10:33 滑り終わって予定の沢を登り返したつもりが大失敗。あと150メートルも下れたんだよ。みんな地図を読めないヒヨッコだね 11:20 ハイ松の藪こぎをすませて一息。朝のシュプールを自慢げに眺める 13:04 やっと稜線に辿り着く。振り返って笠ヶ岳。天気が崩れかけてきた
13:12 雪庇をさけて西側を歩く。2時まで三俣蓮華岳へ着かなければ引き返さなければならない 13:12 天気おかしいな。ガスがかなり出てきた 13:26 鷲羽岳の奥に水晶岳
13:26 ピークが見えた。奥は水晶岳。稜線上は亀裂が入り崩落が怖い
13:34 黒部五郎岳をバックに記念撮影。来年はこのカールを滑るべし ークで記念撮影。スキー命 14:17 降らないうちに帰るべ〜
14:37 今日一番の滑走。三俣蓮華岳の尾根2854ピークから40度はあると思われる斜面はわずか1分少々でゴール
14:40 高度を落とさないようにトラバース 宴会のひとコマ 宴会のひとコマ

5月2日(曇りのち晴れ)

昨夜の土砂降りもあがったため下山が可能になった。(全層雪崩は少し怖いが)ガスの中を歩いて弓折岳へ辿り着く。下はガスに覆われているめツェルトを張って食事をしてと1時間ほど優雅な休憩を楽しむ。一昨日は疲れきった体であったのに今日は違う。弓折岳からの滑走は快適で疲れも吹き飛びます。最後はデブリを抜けての下りが待っているが、昨夜の雨が幸いしてカドが取れたので意外とスムーズに下山できました。

7:37 双六小屋で記念撮影
8:22 昨夜の大雨でグジョグジョになった斜面を歩いて出発 9:34 弓折岳山頂にてガスが取れるまでツェルトを被って寛ぎのひととき 9:34 弓折岳山頂にてガスが取れるまでツェルトを被って寛ぎのひととき
10:17 ガスが晴れて槍ヶ岳が顔を出す 10:34 滑走開始。最高のひととき 10:39 ベテランの滑りは安定している
10:38 雪庇から飛び出す荒井
10:54 キャラと違った安定したすべりを見せるサルブチョー
11:22 デブリにハマル
12:02 昨夜の雨で地形が変わったね。全層雪崩起きなくて良かった
新穂高温深山荘前の蒲田川で雪融け水につかるアホなおっさんは「しんしん」
 
13:11 ハードブーツでボルダリングを楽しむ馬鹿な中老組
深山荘露天風呂につかる「サルブチョ〜 」