阿弥陀岳南稜〜中央稜(2005.3.30)

先月阿弥陀岳の北稜を登った仲間と南稜を歩いてきました。無名峰までは樹林帯の中をダラダラと歩きますが、ここを抜けると爽快な登りが楽しめます。核心部分はP3になります。手がかりのある、岩登りコースとロープがフィックスされたルンゼコースが選べますが、今回は風が冷たくてビレイをする気分でないのに加えて時間の制約があったためルンゼを登りました。夏に登ったことはありませんが、雪がついているとルンゼハかなり登りやすいのでは無いかとの印象です。私にとっての核心は下山時における軟雪の踏み抜きです。ラッセルに必要かと思い持参したワカンが、下山にこんなに役立つとは。

反省がひとつ、中央稜下山途中で日のあたる沢をトラバース中に、気の緩みから滑落、ピッケルバンドを体に固定していなかったのでピッケルを残したまま、数メートル滑り落ちてしまった。

前夜祭、ビナの燭台 立場山への登りは樹林帯 展望のない立場山
立場山から無名峰へ最後の登り
視界が開ける青ナギから阿弥陀を望む
P1へ続く登り、雪庇は南に張り出している
P1は気軽に歩く P2は左を巻きながら登る P3のルンゼコース
フィックスされていたが上はズタズタ
ルンゼ終了点付近 登ったルンゼ見下ろす
ルンゼを登ると赤岳が P4のトラバース P4のトラバース
あと少し、山頂直下の登り 山頂から編笠山方面 山頂にて、赤岳に雲が出てきた
山頂からの横岳 御小屋尾根付近で少し厳しいトラバース 中央稜から眺める南稜
中央稜の下山 中央稜の岩峰群 樹林帯は踏み抜きが気になる