阿弥陀岳北稜(2005.2.26〜27)

冬山入門バリエーションコースですが天候に恵まれたため快適な山登りができました。八ヶ岳は虻が嫌で遠ざかっていましたがこの時期は良いものです。風が強いと手足が凍えます。

阿弥陀岳(右)から中岳へつながる稜線

中岳沢を登る

ジャンクションピークへ向けての急な雪稜

あと一息でジャンクションピーク

北稜の尾根に乗る。左の大きな岩が第2岩稜

第1岩稜は左の藪、中央が第2岩稜

ダケカンバの枝につかまりながら登る

第1岩稜終了点は格好の休憩場所

 

 第2岩稜は左側から取り付いた

 

 慎重にスタート

快晴なのに強風でビレイする手と足が凍える

1ピッチのフェイス終了間際

岳の向こうに赤岳

 横岳

 1ピッチ終了間際は高度感がある

 硫黄岳・天狗岳方面

第2岩稜2ピッチ目、最初の支点は右上のピナクル

最後の難所ナイフ

最後の難所ナイフ(取り付きの潅木に残置スリングあり)

阿弥陀北西稜

第2岩稜終了点

難所を過ぎて最後のひと登り

 阿弥陀山頂からの南稜方面

日本一の山

中岳沢の下り


行動の記録

2/26

12:30 赤岳山荘駐車場

14:50 行者小屋テンバで仲間と合流。

夜まで宴会(イノシシ鍋風インチキおでん・焼豚ハムの直火炙り・ビール・焼酎・ウォッカなど)

2/27

6:45 テルモスに午後の紅茶を満たしてテンバ出発

7:00 中岳沢分岐。先頭を歩く私は道を間違え、赤岳と中岳のコルへ向かう沢に誘い込まれるが、すでに偵察済みのaraさんから指摘され進路を右にとる。

7:30 中岳沢の中ほどの樹林がまばらになったあたりからJP(ジャンクションピーク)と第1岩稜のコルへ向かう沢へ入る。

7:40 沢を半分ほど詰めあがった後、右手に見えるJPに向かう急な支尾根に取り付く。下部は雪が固く締っており比較的歩きやすいが、上部は雪が深く斜度も増すためラッセルぎみの蹴りこみで稜線へ這い上がる。

8:00 JP通過。八ヶ岳山麓の村まできれいに見晴らしがきくが、風が非常に強く先が案じられる。

8:05 JPから穏やかな稜線を少し歩いたところでアイゼン装着。快晴ではあるが下から吹き上げる強風に手も足も凍える。

8:10 第1岩稜は雪で隠れている。結構な急斜面だがピッケルもアイゼンも程よく効く上に、ダケカンバの枝など多数の手がかりあり。ここは快調に登る。

8:30 第1岩稜終了点(第2岩稜取付点)に到着。大休止してハーネスなど取り付ける。

9:00 第2岩稜ワンピッチ目にnassyが取り付く。風が一段と強くなりビレイしている私は寒くて泣きたくなる。ロープは50mほぼいっぱい。時間もかかっているし大丈夫だろうか?見えないだけに余計心配になる。ようやくビレイオフの笛の音に一息つくも、凍えきっているaraさんと私は体がまともに動かない。

ワンピッチ目の取り付きは、小ルンゼにある足場にアイゼンを預けて体を持ち上げていく。ホールドは大きくてしっかりしているのだが、クライミングシューズなら問題の無い岩でも、アイゼンをつけて登るのは意外と大変である。クライミングの練習していないから当たり前といえばそうなんだけど。登りきった後、トラバース気味に回り込むとちょっとしたフェイスになる。ここは左下のアンダーホールドを使って踏み出す。手がかりはあるものの雪を払いながら登るのは初めての経験。

10:20 ワンピッチ終わるのに、結構な時間がかかった。幸いなことあれだけ吹き荒れていた風がピタリとやみ手足に暖かさが少しずつ戻る。

10:50 第2岩稜2ピッチ目に入るが、セカンドでお気楽な私は写真撮影に励む。最初の支点は3mくらいのところにピナクル状の小岩があるが、他には支点を取る場所が無い。ここを越えて右へトラバースすると草つき混じりとなり、ホールドが小さくなる。ピッケルを出して、浅い雪にピッケルをたたきこみながらずり上がるように少しずつ進む。ここを過ぎると、最後の難所のナイフエッジである。3〜4メートルの水平移動だが、平均台を歩くようで何とも気持ちが悪いが難所はこれで終了する。

11:30 最後のひと登りは快適な雪稜歩き。程なく中岳方面からの登山道と合流。

11:45 無事に阿弥陀岳山頂到着。

12:15 山頂発。

13:00 行者小屋着、麻婆春雨をつまみに残しておいたビールで乾杯。

14:25 撤収して行者小屋発

16:00 赤岳山荘駐車場で解散