鉢盛山 北アルプス専科鉢盛山

写  真

標高など

コ メ ン ト

山 行 記 録

 

 

 

鉢盛山(2446m)

 

 松本平の南西に見える鉢盛山は、鉢伏山、鍋冠山とともに三大「お椀を伏せた形状の前山」である。「鉢盛山」はその昔「八森山」と呼ばれていたそうである。奥深い森の多い山の意味からきているとの事である。朝日村は鎖川の上流に位置しているが、江戸時代の水利権の関係でここの水を使うことができず、やむなく木曽の尾張領から水を引いたらしいが深山であるため、自然災害による土砂崩れなどにより思うように水が通らなかったとの事である。日照りがあったときの「鉢盛山」は雨乞いの山として、朝日村の全村民が雨乞い登山を行い3日2晩火を焚いて雨乞いのお祈りをしたとのことである。森林限界以下の山であるが、山頂にだけ木がくて展望が効くのはこの時伐採した名残のようである。

山頂は、朝日村、波田町、木祖村、松本市に接しており朝日村と波田町で競うように山頂の碑が設けられている。松本10名山に入れてやりたい山であるが、山のほとんどが朝日村有林であるらしいので遠慮しておくことにしよう。

 

岳沢入尾根登山口コース(2005.11.3 単独)
(朝日村コース)

 

  松本10名山へ  山行記録集へ