常念岳・横通岳

安曇野で田植えが始まる頃、安曇野を代表する「常念岳」に「常念坊」が姿を現します。「常に念仏を唱える僧」という山の名前の通り、手を合わせて念仏を唱える人型に見えるそうです。山の名の由来は伝説の「山姥」である「常念坊」が住んでいたことに由来するようです。場所は一目瞭然、松本平から西を眺めると見事な三角錐が見えます。これが常念岳であり、松本や安曇野に住む人間で名前を知らなければモグリです。しかし登ったことの無い人があまりにも多いのは非常に残念です。

登山口は一ノ沢からが水が豊富で楽です。日帰りで軽装であれば、前常念経由の岩塊を登るほうが爽快で良いと思います。このコースは蝶ヶ岳まで日帰り縦走ができます。

29
常念乗越 (2015.10.12 ) 風が冷たくピークハントをする気になれなかった
28
前常念〜常念岳〜蝶ヶ岳 (2015.8.12 ) 高曇りの縦走は天然クーラー
27
三股〜前常念2014.9.20) ガスが湧いてきたので前常念岳までで終了
26
前常念〜常念岳〜蝶ヶ岳2014.8.23) このトライアングルはいつ来ても感動します
25
一ノ沢(2014.8.23) 常念小屋でエネルギー切れ バテバテでピークを踏む
24
一ノ沢(2013.11.2) 装備不十分につき2750mで終了
23
パノラマ銀座(2013.9.28-29) 一ノ沢から山小屋泊まりで中房温泉へ
22
蝶ヶ岳〜常念岳(2013.8.10-11) テントで縦走暑さでバテバテ
21
一ノ沢〜常念岳(2012.8.29) 一ノ沢から常念小屋までゆっくり歩いて休まず3時間
20
一ノ沢〜横通岳(2010.9.11) 横通岳で大展望を楽しんだ後 東天井岳方面散策
19
前常念〜常念岳〜蝶ヶ岳 (2010.8.23 ) 常念岳4連続登山 山ガールと意気投合して蝶ヶ岳まで縦走
18
前常念〜常念岳(2010.8.8) 前常念のピストンは初めてであったことに気づいた
17
前常念〜常念岳〜蝶ヶ岳 (2010.8.1 ) 三股トライアングル縦走 常念と蝶の間は休まずに歩く
16
一ノ沢〜常念岳(2010.7.26) 一ノ沢経由常念岳往復 のきれいなツアー ユウジンさんとお会いする
15
常念岳(2010.5.3) 山スキーの常念詣で クラスト気味でも大満足
14
一ノ沢〜常念岳(2009.8.4) 一ノ沢経由常念岳往復 遠足のちびっこがいっぱい
13
蝶ヶ岳〜常念岳(2008.9.16-17) 三股トライアングル縦走 蝶ヶ岳でキャンプ 前常念を下る
12
前常念 中退(2008.8.4) 雨と雷で2200m付近で下山
11
常念岳(2008.4.27) 山スキーの常念詣で 40度斜面の滑落で肝を冷やす
10
常念岳(2006.4.29) 山スキーの常念詣で 40度斜面とザラメ雪を堪能
9
前常念〜常念岳〜蝶ヶ岳 (2005.10.28〜29 ) 三股トライアングル縦走 蝶ヶ岳でキャンプ 登山案内もあります
8
パノラマ銀座縦走(2005.7.27〜28) 燕〜大天井〜横通岳〜常念岳縦走 若い同行者ができた
7
一ノ沢〜横通岳(2004.11.6) 一ノ沢経由で横通岳のピークを踏む
6
前常念〜常念岳〜蝶ヶ岳(2004.6.30 ) 三股トライアングル縦走 花の好きなランニング仲間と縦走
5
一ノ沢〜常念乗越(2002.7.12〜13) 家族でキャンプ 風雨で散々 山頂は踏まず
4
前常念〜常念岳〜蝶ヶ岳(2001.10.22) 三股トライアングル縦走 ランニング仲間と縦走
3
前常念〜常念岳〜蝶ヶ岳 (2000.10.8 ) 三股トライアングル縦走 夕方から宿直疲れでダウン
2
前常念岳〜常念岳〜蝶ヶ岳(1999夏) 常念小屋80周年 常念小屋に宿泊
1
一ノ沢〜常念岳(1989夏) 公民館行事で団体様を引率

常念岳〜蝶ヶ岳縦走ガイド(ルート案内はこちらから)




「常念坊物語」

「常念岳」はその昔「まゆみ岳」と呼ばれていたそうです。

昔々の堀金村(現在の安曇野市)のこと。「常念坊ってどんな鬼かなあ。」「なんでも八面大王(有明山に住んでいた鬼)の一の子分で、坂上田村麻呂に成敗されたときに、まゆみ岳に逃げてきたらしいが。」さて、ある年の暮れのこと。村では市が開かれ賑わいを見せていました。夕暮れも迫り鐘の音を合図に店じまいを始める頃、ある酒屋に┬柊酒をおくれ┬稗という声がしました。主人が振り返ると髪を背中まで垂らし、ボロボロの服を着て杖をついた年寄りの坊さんが立っていました。顔は髭でうまっていましたがギラギラとした目で睨みつけています。「この徳利に五升の酒を入れてくれ」と五合徳利を差し出しました。「冗談言っては困ります。五合徳利に五升も入るわけ無いじゃあないですか。」と断ると、坊さんは「つべこべ言わずに早く入れろ。」と怒鳴るので仕方なく注ぎ始めますと、なんと驚いたことに五升の酒はすっかり徳利に入ってしまいました。恐る恐る主人が徳利を差し出すと「どうだ、わしの言ったとおりだろうが。」坊さんはカラカラと笑うと闇の中へ消えていきました。それからも、市が立つたびに坊さんは現れて不思議な徳利に酒を買っていくので村の人々は山の化け物か鬼に間違いないと噂をするようになりました。

 ある年、酒屋の若い衆が正体を確かめようと後をつけてみることにしました。年寄りとは思えない速さで歩いていく坊さんを走って追いかけましたが、まゆみ岳の急な斜面で岩と霧に吸い込まれるように見失ってしまいました。この話を聞いた村の人々は「あれが、まゆみ岳の常念坊に違いねえ」「そうだ、そうだ、あれが常念坊だ」と口々に決め付けては恐れました。常念坊の恐ろしい顔つきや風体は村の人々を不安にはさせましたが、悪いことをするわけではありません。いつしか村の人々は常念坊の住む、まゆみ岳を常念岳と呼ぶようになり、そう呼ばれるようになってからは常念坊は姿を見せなくなりました。今でも雪溶けの4月になると常念岳の東側の稜線に黒い山肌の常念坊が姿を現します。徳利を持ち法衣を着て歩いている姿がはっきりと見てとれるようです。