剱岳  北アルプス専科剱岳

憧れの剱岳は源次郎尾根挑戦2連敗中で敷居がとても高いです。3000mに足りないのがまた良いところかな。別山尾根の一般道だって怖いですね。カニのタテバイでは上の奥さんが落っこちてきそうだし、ヨコバイでは自分が落ちそうになったし。このルートは点線ものですね(2004)

2回の敗退を繰り返して源次郎尾根から初登頂。この時の感動は忘れられません。そして長次郎谷からの北方稜線。何とか一般的な北方稜線ルートはつながったものの奥が深くて険しい山です。スキー等も含めて何回でもトライしたい荘厳な山です。(2007追記)

7
下ノ廊下と裏剱(2007.10.6-8) 下ノ廊下は高度感抜群 徒渉に失敗しての遭難事故に遭遇する
6
北方稜線(2006.9.1-3) 池ノ平山に直登できずに空中懸垂下降で逃げ帰る
5
北方稜線(2006.7.29-31) 長次郎雪渓経由で小窓ノ王に取り付いて登れず三ノ窓から逃げ帰る
4
源次郎尾根(2005.7.29〜31) 講習会仲間と念願の源次郎尾根より山頂を踏む
3
源次郎尾根ルーファンミス(2004.9.15〜19) 講習会の仲間と入山するも敗退 しかもカラビナで指を骨折
2
源次郎尾根(2003.10.11〜12) 福山山岳会に混じって剱沢に入山したものの雨天敗退
1
剱岳 (2003.8.23〜30) 7泊8日の山旅 初日は立山で2日目に別山尾根

剱岳を想う(2009.8.12)

剱岳については、敗退とチョンボの連続である。最初に登ったのは2003年の夏の縦走。ヒラリーマンの特権を活かして9日間の休暇を取得して北アルプスの奥山を歩く事に決めた。メインは薬師を越えて雲ノ平方面なのだが、最初の2日間だけ連れが出来たので、初めての剱岳挑戦である。剱沢から別山尾根を通る一般道であるが、一般道の割には手強くて、帰りの「カニノヨコバイ」では足を滑らして冷や汗をかいたのを思い出す。天気がよくなくて景色は見渡せなかった。この時デジカメを紛失してがっかりしたものだ。

同じ年の秋には、たまたま数年前穂高連邦で知り合った「福山山岳会」の皆さんに声をかけていただいて「剱岳源次郎尾根」に出かける事になった。懸垂下降も本番では初めてなくせに、図々しくも参加した。残念ながら劔沢のキャンプ場についた時には雨になり、その後も全く天気回復の見込みが立たずに宴会を開催しただけで敗退した。しかも財布を落とすという散々なおまけ付きであった。

そして翌年の9月。研修会で知り合った「学生さん」と二人で、「剱岳源次郎尾根」を目指す事になる。アタックのチャンスは2日間あったが、ルートファインディングミスと、相棒の無気力に負けて、せいぜい取り付き程度で敗退してしまった。この時は自分の不注意からカラビナに右薬指を挟まれて骨折し、以来指は曲ったまま治らない。致命的な敗北感を覚えたのは、この時が初めてである。

明けて、さらに翌年の夏。研修で知り合ったメンバーとパーティーを組み、念願の「剱岳源次郎尾根」登頂に成功した。どうしても登りたいとの思いから、綿密に資料を研究して、頭の中でイメージをわかせたつもりだ。しかし、道中にはルートに悩む部分も多く、メンバーに恵まれなければ敗退していたかもしれない。天気も良くチョンボも無く。ここで剣岳山頂への憧れは終わりを迎えた。

そして一夏を終えると、再び剱岳へ行きたくなった。まだ見ぬ北方稜線である。別山尾根からの縦走者は多いが、キャンプ主体で行きたいので、長次郎雪渓から登る事にする。選んだルートは、長次郎雪渓右俣から池ノ平山を経て剱沢に戻るというもの。初日こそ順調に熊の岩でキャンプしたものの「小窓の王」でルートファインディングミスをして、どん詰まりになり三ノ窓雪渓のスノーブリッジをおそるおそる逃げ帰ったのである。二股で反省キャンプを張って最終日の検討会。真砂沢を登って立山経由のつもりが、ろくに地図を見ずに雪渓(別山沢)を登るという初歩的なチョンボをしでかした。

くやしくて仕方が無いので、同じ年の秋に再び、同じルートで北方稜線を目指す。しかし初日のキャンプを明けると左手首がから指まで力が全く入らない。「とう骨神経麻痺」という神経圧迫の怪我をしてしまったのだ。これも致命的に近いが、無理をして進む事にする。今度は小窓ノ王の巻き道を上手に見つけたものの、池ノ平山の登りで行き詰まり、垂直懸垂下降を強いられる事になる。左手が利かないので、本当に生きて帰れるか心配をしたが、相棒のフォローに助けられて無事に脱出できた。失意のままに、小窓雪渓を下るが、想像どおりクレバスが出来ていて降りられない。雪渓を登り返して中腹で、泥水を作ってビバークし、翌日に何とか池の平小屋経由で下山できた。

剱岳は満腹になった事にして、更に翌年は裏劔の紅葉を見る為に、下ノ廊下から仙人小屋のトレッキングなどを楽しむが、最終日の二股からハシゴ段乗越を経る頃には大雨となる。内蔵助平の出会いは増水して腰まで有るが、フィックスロープを張って無事通過する。しかし真似をした後続のパーティーが遭難してしまった。数人は助けたが最後の一人は濁流に飲まれて帰らぬ人となってしまった。反省も有って剱岳は、しばらく近づかないようにしようと思っている。

先日映画の「点の記」を見に行った。柴崎測量官と宇治長次郎が剱岳を登頂する新田次郎の書き下ろし小説を映画にしたものである。これに先立って原作を読んだ。やはり映画では原作を描くのに限界が有るが、慣れ親しんだ景色を見るのは嬉しいものだ。この映画は、原作を読むか、長次郎雪渓を歩いた事があるかのどちらかの手持ち材料を持って見るのが良いのだろう。

思い出したら熊ノ岩で、八ツ峰や源次郎尾根を眺めながらのキャンプがしたくなった。

北方稜線敗退 三ノ窓雪渓のスノーブリッジを恐る恐るわたる


モルゲンロートの剱岳源次郎尾根 熊ノ岩にてキャンプ


池ノ平山に直登できずに空中懸垂下降で逃げ帰る


裏剱で景色を楽しむも 翌日は濁流による遭難事故発生