針ノ木岳

針ノ木峠の最近の行動パターンとしては、積雪時に針ノ木マヤクボ沢をスキー滑降が多くなっています。針ノ木小屋を経て針ノ木岳への縦走路も良いのですが、夏だと蓮華岳へコマクサを見に行きたくなります。(2008夏)

佐々成政の針ノ木越えで有名ですね。涼しい大雪渓で寛ぐも良いしスキーを楽しむのも良いです。秋になってしまうと雪渓が途切れてしまい高巻がかったるいので登る時期を考えましょう。大沢小屋の開祖百瀬慎太郎の「人を想えば山恋し山を想えば人恋し」っていい歌ですね。

14
針ノ木古道(2017.9.2-3) 扇沢から針ノ木峠を経て平の小屋まで
13
針ノ木岳マヤクボ沢滑降(2015.4.25) 稜線直下の固い雪でピークを踏めず
12
針ノ木から爺ヶ岳縦走(2014.9.13-14) 鹿島槍までの縦走を予定したが人の多さに下山
11
針ノ木岳マヤクボ沢滑降(2012.4.21) かねちん ハネ そのG ふるさんとマヤクボ沢を目指す
10
針ノ木峠敗退(2010.5.8) 針ノ木の喉で雨になる。デブリと雨で心が折れた
9
針ノ木本谷滑降(2010.4.24) シーハイルageeと針ノ木本谷を滑るが、カリカリの氷
8
針ノ木谷無名沢滑降(2008.11.30) シーズンインの針ノ木雪渓は雪崩の危険がたっぷり
7
針ノ木岳マヤクボ沢滑降(2008.5.5) シーハイルの仲間とスキー
6
針ノ木峠雨天敗退(2007.7.28) コマクサを見にでかけたが雨のため針ノ木小屋で終了
5
大沢と針ノ木谷滑降(2007.5.13) 蓮華大沢の強風に苦しみ針ノ木本谷へ転戦するも敗退
4
針ノ木岳滑降(2006.6.1) 旧梓川村の登山者とスキー
3
針ノ木岳滑降(2006.5.21) サル達とオートキャンプの後に針ノ木をスベル
2
針ノ木谷と蓮華大沢敗退(2006.4.15) 関電のロッヂをベースにして宴会山行も、ガスで敗退
1
針の木雪渓(2001.8.29 ) 稲田くんとふたりで夏の針ノ木雪渓