信州松本10名山 北アルプス専科

2005年の平成大合併により松本市が大きくなりましたね。今まで「岳都都市」などとぶち上げていたので、少々気恥ずかしかったものですが、ついに安曇村まで手に入れてしまったのです。その結果はすごいですね〜。3000メートル級の山を頂戴した上に、しかも本家本元の岳都都市の大町市と稜線で隣接してしまいました。そんなことで行政境にある主要峰を数えて見ましょう。まず最北端の大天井岳から反時計周りに−西岳−槍ケ岳−大喰岳−中岳−南岳−北穂高岳−涸沢岳−奥穂高岳−西穂高岳−焼岳−安房山−乗鞍岳−鎌ヶ峰−鉢盛山−鉢伏山−美ヶ原−三才山−虚空蔵山そして山が切れてから鍋冠山−蝶ヶ岳−常念岳−横通岳−東天井岳まで数えます。行政境にあるため「これは飛騨の山だ」とか「安曇野の山だ」とか、いろいろの意見はあるでしょうが、この際ご意見は無視してこちらに頂いちゃいます。しかしこの中に旧松本市の山が鉢伏山・美ヶ原・三才山の三座しか無かったとは・・・。

ところでこの稜線はすごいですね。西岳〜槍ケ岳までは表銀座、南岳〜北穂までは大キレット、北穂〜奥穂は滝谷、奥穂〜西穂はジャンダルムと素晴らしいコースなのです。今度仲間を募集して「合併記念・松本の外周を歩こう会」でもつくりましょうか。問題は焼岳から乗鞍岳の剣が峰までの間ですね。まだ歩いたことが無いけど、ひょっとしたら雪のある時しか歩けないのかもしれません。

2010.3.31の波田町編入合併により松本市はさらに大きくなりました。そのうちに波田区域の入った地図を作り直さなければなりませんが、波田の山には登った事がありません。(2010.9.4)

松本10名山(リクエストなどにより入れ替えもあります。)鉢盛山が入れ替え候補筆頭です。

常念岳

(2857m)

北アルプス

安曇野で田植えが始まる頃、安曇野を代表する「常念岳」に「常念坊」が姿を現します。「常に念仏を唱える僧」という山の名前の通り、手を合わせて念仏を唱える人型に見えるそうですが、私には見つけられません。山の名の由来は伝説の「山姥」である「常念坊」が住んでいたことに由来するようです。場所は一目瞭然、松本平から西を眺めると見事な三角錐が見えます。これが常念岳であり、松本や安曇野に住む人間で名前を知らなければモグリです。しかし登ったことの無い人があまりにも多いのは非常に残念です。でもこの山は堀金村(安曇野)の山なのかも。

記録・案内など

槍ヶ岳

(3180m)

北アルプス

槍ケ岳の開山は、山城国一念寺の僧播隆上人。文政十一年(1828年)だそうです。あれだけの山なのに、幕末近くまで登られていなかったとは・・・。きっと誰か登っていたでしょうね。松本市の駅前公園に播隆上人の像が建立されてるので一度拝んでください。松本城からも良く見えるんですよ。常念岳の左肩にとがった槍が。はじめて見てもそれとわかる形は本当に絵になります。

 記録・案内など    

穂高岳

(3190m他)

北アルプス

穂高岳は、日本第3位の標高を誇る奥穂高岳をはじめ、涸沢岳、北穂高岳、前穂高岳など3000m級の高峰群の総称。涸沢カールなどの氷河地形や高山植物、高山蝶など、貴重な地形や生物が豊富で、高山帯の魅力の多くを味わえます。また、わが国のアルピニズムのメッカとされその稜線は、北穂高岳から大キレットを越えて槍ヶ岳に至っています。残念ながら松本市の中心市街地から拝むことはできませんが、みんなの憧れの山です。

記録・案内など

乗鞍岳

3026m)

北アルプス

乗鞍岳は日本中に多く見られる名前です。剣ヶ峰と摩利支天岳の鞍部が馬の鞍にみえるのでしょう。もちろん威風堂々とした姿を書いた詩は、私の卒業した小学校の校歌にも出てきますし、標高から言っても日本一の「乗鞍岳」です。自動車で最も高いところまで行ける山でした。交通規制によりマイカーでは行けなくなりましたが、足に自信の無い人でも登山の気分が味わえてよろしいんじゃないでしょうか。

記録・案内など

蝶ヶ岳

(2664m)

北アルプス

蝶ヶ岳の名前の由来は、春先になると蝶ヶ岳ヒュッテの南東斜面に、蝶の雪形が現れることから名付けられました。稜線は南北に連なる二重稜線でスプーンで稜線をすくったようなイメージです。三股登山口からなら4時間ほどの登りで北アルプスの稜線に立つことができます。山頂からの穂高連邦は絶景です。これだから名山なんですね。アマチュアカメラマンもぜひ登ってこの景色を記念に残しましょう。

記録・案内など    登山案内

美ヶ原

(2034m)

里山

美ヶ原高原は主峰王ヶ頭を中心に北に武石峰、南に茶臼山、東に物見石山、西に王ヶ鼻のいずれも標高2000m近い熔岩台地で約1千ヘクタールの大草原に200種類を超える亜高山植物が咲き競い北アルプス、中央アルプス、南アルプス、八ヶ岳の雄大な360度のパノラマが壮麗な景観を展開するその名に相応しい高原です。とはいっても、山頂の鉄塔などの人工構築物はいささか無粋でありまして、深田某が日本百名山と記した時とは違うんでしょう。自動車で頂上近くまで行けてしまうから「感動が無かった」とか「こんなのは登山じゃない」などという方もいますが、三城牧場から登るいくつものコースはまさしく登山道です。茶臼山経由で下山するとなお楽しめます。ここは6月でもふきのとうが採れるんですよ。広小場にはサンショウウオもいますし。賛否渦巻く美ヶ原ですが松本10名山に推薦です。て言うか、これが無いと旧松本市は岳都では無いです。

記録・案内など

戸谷峰

(1629m)

里山

松本の中心市街地から北東に目を向けると、どっしりとした山があります。マ イナーな山で名前を知っている人は市民の3パーセント弱(私的推測値)です。ニリンソウがきれいですが、私はどんな花か知りません。秋以降に沢沿いを登ると鉄砲撃ちがいて危険です。登山口は三才山トンネル付近の野間沢橋から登るのと、旧四賀村の金山地籍から登れます。三才山からの方がアプローチは楽ですけどアプローチ自体を楽しむのであれば旧四賀村の方がお勧めです。折角ですから、六人坊・三才山まで足を伸ばすと良いでしょう。里山とはいえ、痩せていて厳しい尾根がありますから、道迷いには注意しましょう。(経験者)

記録・案内など

焼岳

(2445m)

北アルプス

北アルプスの活火山はここだけでしたっけ?大正4年6月の噴火で、梓川が塞き止められて大正池ができたのだそうです。子供の頃に見た大正池は白樺の立ち枯れでとても美しいものでした。貸しボートがあってデートスポットだったようです。中の湯側と上高地の登山口が有名です。吹き上げている蒸気で蒸卵でもつくってみましょう。西穂からの縦走もお手軽で良さそうですね。

記録・案内など

城山

(650m)

まち山

忘れてならないのが松本市の中心にある城山です。穂高岳と焼岳以外の松本10名山が特定できます。私は昼休みを利用して毎日ここまで走りに行きます。

記録・案内など

金松寺山

(1625m)

里山

旧梓川村にある北アルプスの前山で、鍋冠山から連なり最後に梓川手前で終わりになります。近くの小学生は遠足に登る山だとか。金松寺山から1時間ほどで天狗岩まで行かれます。ここから西穂がきれいに見られます。 分かりにくい場所だと思われがちですが、松本市からはヒノキの植林地が魚の骨のように黒く見えてます。ふもとの金松寺も立派なお寺ですからお参りしてから登りましょう。季節によっては林道に山菜がザクザク。お〜と、これは内緒だ。

記録・案内など

松本10名山入れ替え候補

虚空蔵山(1139m)  記録・案内など

鉢盛山(2446m)  記録・案内など

茶臼山(1957m)  記録・案内など

入山(1620m)   記録・案内など

二ッ石峰(1503m) 記録・案内など

  松本10名山コメント

松本10名山はです。クリックしてみてください

松本市中心市街地から東の山を望む

美ヶ原

戸谷峰と松本市役所本庁舎