山小屋の記憶     北アルプス専科

北アルプスが好きで、山といえば北アルプスしか知らないくらい北アルプスへ行くことが多いのですが、テント派なので山小屋に泊まることは少ないほうです。(2005.11.13)

このごろ寄る年波に勝てずに、山小屋を利用するようになってきました。寒いシーズンは良いですね。(2013.4.7)


雷鳥荘

個室で宿泊、一人11200円 浴衣、タオル、歯ブラシなどのアメニティも充実、朝食はバイキング(2015.5.2)


みくりが池温泉

山小屋というよりも雲上のホテルです。料理も豪華でお手軽(2014.6.3)


大天荘1

常念岳から燕岳までの縦走。あこがれの大天荘へ。料理は魚と肉のどちらかを選ぶことが出来ます。(2013.9.28)


 

立山室堂山荘

2013シーズンの滑り納めは御山谷と山崎カール。そこに一番近い山小屋を選んだ。宿泊者は少なめだったが相部屋の人が大虎だった。やはり耳栓は必要です。ヘリでの荷揚げが要らないから食事は豪華です。お代は1泊2食で8820円也(2013.6.1)


白馬山荘

(1)今年のGW前半は白馬大雪渓で雪崩遭難があった。そのときは登らずに栂池で4時間も待機した上転戦。そして1週間後に白馬乗鞍経由で白馬岳のピークを踏む。しかし状況は状況は厳しく冬山状態だったので小屋はありがたかった。しかも食事はすごく豪華。お代は1泊2食で9000円也(2013.5.3)

(2)昨年に引き続きのゴールデンウィークは大雪渓から登った。昨年と同じくらい天気が崩れ小雪渓から先はホワイトアウトと雨の問い横殴りのあられである。山荘にたどり着いたが入り口を見つけられずに別棟で一時避難。今年も遭難者が出た。。お代は1泊2食で9500円也。消費税8パーセントの影響かも(2014.5.3)


高谷池ヒュッテ

笹ヶ峰から入山して約4時間。火打山山頂まで1時間少々の平原にある美しい場所。季節柄かわからないが、夕方4時間過ぎに飛び込みの客を断っていたのにはビックリ。隣の小屋の営業状態も知らないらしい。夕食はカレーで朝食は中華丼。これは良いと思う。お代は1泊2食で7000円也(2013.4.28)


蓮華温泉ロッヂ

(1)白馬乗鞍から木地屋までのツアー途中にある蓮華温泉。夏は自動車道があいているので荷揚げが出来るのであろうが、このシーズンの食材は昨シーズンに荷揚げしたものだろう。地下が埋まっているが3階建てで増築を繰り返している立派な施設です。今回はガスが濃くてトラバースをしすぎたため、たどり着くのに少々苦労しました。お代は1泊2食で9000円也(2013.3.30)

(2)2013シーズンのゴールデンウイーク後半 天狗原〜白馬岳〜雪倉岳〜蓮華温泉の2泊3日ツアー。稜線が厳しかっただけに一安心(2013.5.4)

(3)仲間と蓮華温泉で合流するために単独で白馬大池から蓮華温泉へ向かう。五輪山へ行っていた仲間は夜の8時に到着。お代は1泊2食で9500円也。消費税8パーセントの影響だろう(2014.4.26)

(4)2週連続で、今回は柳又源頭経由雪倉岳北面を滑降。ヒョウタン池から兵馬の平は長かった。今回は本館に宿泊。部屋は風呂の上で暖かい。お代は1泊2食で9500円也(2014.5.3-5)

(5)白馬大池経由で温泉に。2時間風呂につかっていたのは自己新記録。(2015.4.18)


八方池山荘

スキーシーズンインを立山か唐松岳かを迷った末に唐松岳に決定。立山への交通費を考えれば安いものだと八方尾根のゲレンデトップにある山荘に宿泊。内湯のある小屋でご来光などを山で拝みたい方にはオススメかも。お代は1泊2食で9000円也(2012.11.24)


槍沢ロッジ

あらかじめ荒天が予想されていたため、アプローチで宿泊しました。素通りばかりの宿でしたが、風呂があって地デジがあってインターネットが自由に使えるという近代装備にはびっくりしました。お代は1泊2食で9000円也(2012.5.4) 


船窪小屋

ランプの小屋ということで小屋締めの10月12に宿泊しました。 宿泊者に缶ビールのロング缶がサービスされびっくりしました。南極越冬隊に向かう常連さんの 送別会もかねていて楽しく盛り上がりました。(2008.10.14) 


黒部五郎小屋舎冬季小屋

2007年ゴールデンウイークのツアーで、悪天により逃げ込んだ冬季小屋。既にラ・ランドネの先客がいたが綺麗で心地よく生活することが出来ました。48時間近い停滞は、テントだと厳しいので助かりました。(2007.5.5) 


燕山荘

 

(6)小屋じまいに優雅な宴会をしようと計画。今年は暖かくて雪が無くて残念。山スキーシーズンも遅そうです。


(5)シーハイルの仲間と、のんびり上がりました。途中で転倒して血だらけになった登山者と遭遇。ヘリが飛んでいました。(2012.11.11)

(4)所属する職場の山岳部初冬登山にここを選びました。活動費としての補助金がもらえる上に、この季節の参加者は少ないので引率も気楽だからです。やはり狙いどおりの豪華な食事とゆったりとした時間。ああ極楽。(2005.11.23)

(3)結婚して不摂生をして太ってしまったある時、職場の友人を誘って燕岳登山を敢行しました。案の定、途中で足がつり死に物狂いでたどり着きました。親切な後輩が夜、長いこと足のマッサージをしてくれました。その後減量して、再び山に登ることができるようになりましたが、この時「山はこれが最後だ。」と思ったことが懐かしく感じられます。1993.9.吉日)

(2)中学校の集団登山が燕岳。その当時の登山は昔のマラソン教育にも似た根性主義、「がんばって歩け」とか「バテルから水を飲むな」とかで当時の教師の嫌な思い出ばかり、自分は心臓が弱いとか称してろくな荷物も持たなかったのに。それでも燕山荘のカレーライスで夕食を取った後は、定番の怪談で盛り上がったことが思い出されます。集団登山は賛否両論ですが、学生登山は賛成、以外の大集団登山は反対です。山の楽しみを覚えたら大集団ではなくて楽しみたいものです。(1974.7.吉日)

(1)燕岳から槍ケ岳への表銀座縦走。小学校4年生のとき、今は亡き父が連れて行ってくれた初めての登山。寒い夜ウイスキーを一口含ましてもらい、山の歌を教えてもらい眠りについたのを思い出します。(1970.8.吉日)


雷鳥沢ヒュッテ

仲間が働いているというので、冷やかし半分にでかけました。ハイシーズンには遠い季節なのでガラガラで個室をあてがってもらいました。ここは室堂からも遠くないため、料理も豪華だし電気水道使い放題です。山小屋というよりも田舎の民宿という雰囲気です(2005.6.4)


双六小屋

(3)友人が先に上がっているので、キャンプで合流の予定でしたが、日中から天気がすぐれないことに加え雷も鳴るので、いつでも逃げ帰れるように小屋泊とした。この日槍ヶ岳の落雷で死亡事故があったと後で聞きました。(20012.8.18)

(2)2006年も昨年に引き続いて、双六小屋2泊で山スキー三昧でした。今年は雪が多く小屋を掘り出すのは大変だったようです。素泊まりでしたが快適でした。(2006.5.7)

(1)2005年のゴールデンウイークに、双六岳周辺山スキーを行いました。徹底して軽量化することになり、山小屋に泊まることになりました。もちろん私は仲間がテントでも小屋にするつもりでした。(わさび平小屋でお世話になった良い記憶がありますから)想像に違わず食事も豪華でビックリしました。しかし酒が好きな私は2日目の夕食は食べることができずに、仲間に食事の権利を贈呈してしまいました。2日目の夜は土砂降りの雨、テントに寝ていたらと思うと・・・。きっと小屋に逃げ込んでいたことでしょう。(2005.5.3)


わさび平小屋

泊まったことはありません。この夏に立ち寄った折に大変親切にしていただき、小屋スタッフの賄食をよばれ、風呂も入れていただき、テント泊の私に朝食まで用意してくださったご恩は忘れません。双六共和国は機会があれば一度泊めていただきたいと思います。(2003.9.11)


槍ケ岳山荘

小学校4年のときの縦走。8月のシーズン真っ只中で、8畳間に18人でした。朝3時に起きて、ご来光登山。交通整理係が出て登りと下りの案内をしていたことが記憶に焼きついています。槍ケ岳に登ったと言う事がものすごく誇りに思っていたような気がします。その後何回も槍に登っているのですが、山小屋には泊まる機会がありません。(2003.9.11掲載)


徳沢園

やはり、小学校4年のときの縦走。父の足がつりここでギブアップ、混んでいたため布団部屋に寝かしてもらいましたが布団はたっぷり。私は里心がついていたので下山したくてグズグズ言っていたようです。(2003.9.11掲載)


常念小屋

(2)5年ほど前のこと、職場の仲間との山登り。常念から蝶へ日帰り縦走の予定が、「もう動けない。」とのことで1泊。やたらと混んでいたことと、いびきのうるささから廊下へ逃げ出して寝たことが思い出されます。食事は何だったんだろう?全く思い出せない。それは良いとして,ひとこと言いたい。テンバ使用料に強制的にトイレチップを要求するならせめて他の小屋並に掃除などしてほしいものだ。確か、いつぞやのトイレシンポジウムで何か立派なことを言っていたような・・・・。(1999.7.24常念小屋80周年)

(1)10年ほど前、仕事がらみで、地元自治会の皆さんを引率しました。一の沢から登ったのですが、バテてしまった人のリュックサックを最後尾付近で回収していくという役回りでした。食事時に、出てくる出てくる「お漬物」と「煮物」こんなものを背負ったんじゃ疲れるはずです。(1991.9.吉日)


大天井ヒュッテ

1999年夏、職場の仲間と表銀座を縦走。中房へ向かうタクシーが着く頃には土砂降りの雨、雨に打たれつづけてヒュッテに到着。夕食に肉と魚の料理のいずれかが選べるとはビックリしました。しかし翌朝もやはり雨、トボトボと出発しました。(2003.9.11掲載)


南岳小屋

1999年夏、中房〜燕〜大天井〜槍と2日間雨風に打たれつづけて到着。掃除の行き届いたきれいな小屋でした。風力発電機のうるささもご愛嬌でした。3日目にやっと晴れて、無事に大キレット越えができました。(2003.9.11掲載)


涸沢ヒュッテ

(2)ゴールデンウイークの荒天で利用させていただきました。さすがに天気が悪いので登山者は少なくてゆっくりできました。料理は上等で涸沢ヒュッテホテルですね。お代は1泊2食で9000円也(2012.5.5)

(1)何度となく足を運んでいる涸沢だが、小屋に泊まったのは1回だけ。涸沢音楽祭の運営スタッフに混ぜてもらって新村橋まで自動車という楽チン登山。当時小学校3年生の娘も同行したので大変助かりました。ヒュッテの親分の取り計らいで、別途宴会料理などもよばれてしまいました。涸沢ヒュッテのテラスはいつ行っても気持ち良いですね。(2003.9.11掲載)


穂高岳山荘

テンバは何回か利用させていただいていたのですが、2002年秋に西穂〜奥穂の縦走を行うにあたり、身軽に抜けるために利用させていただきました。山荘はひたすら大きく圧倒されました。そして宿泊者の多さにも。記念スタンプ1枚10円なんて金を取るのはセコすぎる。(2003.9.11掲載)


高天原山荘

2002年夏、1週間テントを担ぎ北アルプスの奥を旅しました。雨にもあった事から、雲の平でキャンプの予定を取りやめ高天原温泉に入りに行きました。山荘から15分くらいの場所に絶好の露天風呂で管理が行き届いています。もっとも温泉が無ければこの小屋は運営が厳しいかもしれません。場所が場所だけに。(2003.9.11掲載)


天狗山荘

今年の初夏、男二人で4人用のテントを担ぎ白馬から唐松へ縦走。ところが猛烈な風と横殴りにも思える雨(霧)で小屋に逃げ込みました。幸い我ら二人だけの完全な貸切です。自炊することを小屋番に伝えたらその後、出発するときも顔を合わせることはありませんでした。(2003.9.11掲載)