しょぼい記録北アルプス専科


デジカメお釈迦(沢上谷)に(2007.7.7)

2006年7月に書いた、キャノンのデジカメ。だましながら使用していたが、ついにオシャカになった。どうしてかというと、大した防水袋にも入れずに、沢登りに出かけて、水にハマリついに動かなくなってしまったのである。ストロボが発光しない状態で1年我慢してきたので、少し嫌になっていた部分もあるが、壊してしまうと悲しいものもある。今度は、防水対策はバッチリとばかり、オプティオを購入したが、さてどのくらい使用に耐えられるのだろうか。(2007.8.20)


スキーを流した。(2007.5.13) 

強風とアラレの中を苦労して登った針ノ木雪渓の出来事。滑っても楽しくないようなデブリ地帯を越えてやっとザラメの斜面に到着した。しかし風もアラレも強いので下山を決定する。滑降準備のためにシールを剥がし出す。ところがシールを剥がして雪面に刺したスキーの刺し方が浅かったためか、強風で板が倒れて流れ出す。ストッパーのついていないスキーは、アッと言う間に加速して100mほど下に落ちてしまった。デブリで止まったから幸いしたものの結局ザラメの一番おいしそうなバーンは滑れずに終わってしまった。


ストックを落とした(2007.5.3) 

三俣蓮華岳への登りにて、アイスバーンのため板とストックをザックにつけてアイゼンで歩いたのだが、安全地帯でストックを見ると分離できるストックの手元がない。ブルーな気分であるが、シャベルの柄とストックの先をワイヤーとテープで連結して応急処置とした。


デジタルオーディオ紛失(2007.1.28 ) 

しょぼいというほどではないが、またしても紛失の記録になってしまった。最近スピーカーが内蔵されているヘルメットを山スキー用に愛用している。デジタルオーディオはSIGNEOという決して高くは無いメーカーである。いろいろな物を紛失しているので、しっかりとリーシュもつけた。休憩の折、ヘルメットをはずそうとしたら、リーシュにオーディオが引っかかってしまったのではずした。そしてヘルメットを脱ごうとしたら突然音が途絶えてしまった。おそらく足元のどこかに落ちたのであろうが、荒らされた雪の中で発見することは不可能であった。


左手の手首が動かない(2006.9.1)

またしても剱岳北方稜線リベンジの旅、同じく長次郎谷を詰め上がり熊ノ岩でビバーク。夜左を下にして眠ったためか全くわからないが、左手にわずかな握力を残すのみで手首が全く動かない。しかも痛くない。脳の病気等も心配しながらも旅を続けるが、ピッケルも握る握力の無い状態でバリエーションルートで行き詰まり、空中懸垂下降をすることになる。おのずと右手ばかり使っていたので右手もしびれてロープが握りにくい。とほほ。本当に怖かった。5日たって茶碗くらいなら持てるようになってきたが、どんな怪我なんだろうか。(どうやらとう骨神経麻痺という怪我だったらしい。同じ怪我をした方のページにリンクです。)


デジカメ故障(不注意と水難の相)(2006.7.29)

剱岳北方稜線の旅、新調したデジカメ(またしてもIXYを購入)を持参して長次郎雪渓を登る。途中から雨が降り出したが、いつものとおり気にもとめずにゴアテックスのレインウエアのポケットに納める。翌日快晴につき撮影をしようとしてカメラを取り出したところレンズ異常のメッセージとともに撮影不可。おまけに腕時計の内部にも水が入ったらしく頻繁にリセットされてしまう。カメラは最終日に何とか動くようになったが、ストロボが発光しない。修理に出したが水に濡れたので有償とのこと。しかも修理代のほうが買いなおすより高い。しかた無いのでストロボは無いものとして使うことにします。とほほ。腕時計は修理してくれたがその後も不調。水難の相かな?多分使い方の荒さと不注意だ。


コンパス紛失(2006.5.5)

どうも注意力不足で無くしものが多い。最近お気に入りのシルバコンパスが壊れたので新調したばかりだったのに。とほほ。ブラックダイヤモンドの新品同様のピッケルを拾ったから良いか?


デジカメ紛失(2006.4.15)

針ノ木谷で行動中にデジカメ紛失、いつもバックアップをとっていたのが、たまたま煩わしくなってデジカメケースに入れたのが何らかの形でこぼれ落ちたらしい。ケチのついていたデジカメだけにまあ良いかとも思うが全くもったいない。殊に当日撮影したデータが無くなってしまったのは痛い。山で拾ったデジカメケースと相性が悪かったのか?

その後ネットの友人に拾っていただき手元に戻りました。カメラはお釈迦でしたがデータは無事に生きていました。感謝。


GPS紛失とデジカメ故障(2005.9.19)

ダブルショック。場所は槍ヶ岳北鎌尾根、北鎌平ルートファインディングミスで悪戦苦闘中。岩にしがみついたり、急なザレ場で苦しんでいる時、どこかで紛失したらしい。自分が落ちたら間違いなく死ねる場所の連続だっただけに、捜す気にもならないし、見つかるはずもない。(そういえば、いつか誰かのGPS拾ったんだっけ。でももう無い。)間違って入ったルートだから通る人も居ないだろうし。あ〜ショック。家に帰ったらデジカメの写真がおかしい。黒いシミが全部の写真に写っている。(泣)


エアーマットに穴があいた(2005.2.26)

消耗品であることはわかっている。場所は行者小屋冬のテンバで空気が漏れてしまった。テントの中でもマイナス5度とのことである。銀マットと重ねていても背中から寒さが伝わってくるので眠りも浅くなる。このマットは息子のものを黙って借り出したものだから弁償しなければならなくなった。


骨折など(2004.9.15〜19) 剱岳源次郎尾根再び敗退

昨年の剣岳源次郎尾根のリベンジとばかりに、十分な日程を取ってトライしました。結果は、初日にルートファインディングミスと思い込み途中敗退。(実際は正しいルートであり、スピード不足による敗退であったのだが。)翌日、雨天沈殿した後に万全の状態でトライするが、初日のルートが正解であった以上、別のルートを見つけられるわけも無く怖い思いをして敗退しました。相棒の予期せぬ滑落などもあり、不用意にカラビナに指を入れていた私の薬指は骨折したのです。


研修会が終わっても(2004.7.23) 

研修会でよく怪我をする。1回目は不注意でスノーバーを右足に刺した。恥ずかしいのでこっそりテーピングをしたがけっこうな量の血が出てびっくりした。2回目は滑落停止訓練の際、間違えて逆回転で止めようとして、あばら骨をしたたか打ちつけた。1週間ほどして整形外科に行ったが、案の定肋軟骨を損傷しており完治するのに1ヶ月もかかってしまった。そして3回目、幸いどこも怪我することなく無事に下山。荷物を整理して一息ついたので、今回の復習とばかりに庭石に向かってハーケンを打つ練習をした。結果はご想像のとおりである。


山スキー講習会(2004.2.22) 

最後にお会いしてからは5年以上は経つだろう。「ありがたくない、ありがたくない、ありがたくない。」もうひとつおまけに「ありがたくない。」よりによってこんな時に。それは2月22日の朝起きたとき、場所は五竜岳支尾根の雪洞の中、突然のようにあらわれた「いぼぢ」。経験的にわかってはいるものの信じたくない。汚い話だが、「洗浄器つきトイレにありつけない山なので、不潔にしていてお尻がタダレタか?」などと考えてみる。しばしためらった後やっと決心して、そお〜っと下着の上からさわってみる。「お〜っと、この感触は間違いない。そして痛え〜」ということは、これから2〜3日が、さらに痛くなるとき、今日は山の中で一日中山スキーと取り組まなくてはならない。これはつらい。・・・・原因を考えてみるに、夕べマットを敷かずに酒を飲んでいたせいか?いや寒いのですぐに銀マットを用意したぞ、それでも寒かったのかな?野菜不足も影響したかもしれない。今度冬山に来るときはサーマレストの座布団を買ってこよう。いや、そんなことはどうでもいい、今日をどうやって乗り切るかが問題だ。「そうだ。お尻で脱脂綿かティッシュペーパーを挟めば抵抗が減って楽になるかもしれない。」などとも馬鹿なことも考えるが気色悪くて無理だろう。どうしようもないので、このまま過ごすことになる。幸い一日のハードな行動は痛さも薄らぎさせたためこの日は無事に帰宅となる。さて、一度でもこれを経験したことのある方はすでにお分かりであろうが、他の痛みとちがって別の苦しみとの戦いになる。まず「痛い、痒い」などの不快感。そして「医者にも行きたくない恥ずかしさ。」なんとかするにも「医者に行って治療する。」「市販の薬を購入する。」「痛さを我慢する。」位しか方法が見つからない。医者で手術をするとすぐ治るらしいが、恥ずかしくて勇気が出ない。余談ではあるが、はじめて「いぼぢ」になったとき「こんな痛い思いをするくらいなら歯が痛くなったほうがまだましだ」などと公言して「いぼぢ」は治らず「歯」が痛くなって歯医者に行った経験がある。そうだテレビコマーシャルでやっている市販薬に頼ろう。これも経験的に知っているが「全く効かない。」座薬は勇気が出ないので軟膏を塗ってみる。「予想どおり効かない。」最後の手段は「我慢して痛みに慣れること。」実はよくしたもので、「いぼぢ」は1週間もすると痛みは当初の数分の1程度に感じられるようになる。もちろん違和感もあるが、「慣れること、慣れること、慣れること。」でもこれは、「いつ完治するといった保証の無い果てしない時間との戦いなのである。」そして1ヶ月が経過してやっと慣れた。「ぢ主様」であることを忘れる日があったのだ。そして、また少しの時が経った先日、ふと気がつくと「いぼぢが消えて無くなっている。」のだ。俺は勝ったんだ。今だから言えるが2ヶ月近くかかって克服したのだ。今までで一番長い戦いだったのだ。大変うれしいので「しょぼい思い出。」に書きとどめる。


富士山での出来事

これはトホホ以前の危ない想い出です。(反省しています)職場の仲間が集いあって富士山に登ることになりました。9合目付近で気分が悪くなりめまいを感じる方がいました。歩けそうに無いので「あと少しだからおぶって行こう」と山頂まで連れて行ってしまいました。あとで考えるとどうやら高山病の症状です。案の定山頂で嘔吐してしまいました。数十分後には症状もおさまりましたが、一歩間違えれば大変なことになるところでした。


剱岳源次郎尾根発挑戦(2003.10.11) 

広島県在住山岳会の皆さんに誘われて、はじめてのバリエーションルートに登ることになりました。早朝出発してコンビニで朝食を調達し扇沢のトロリーバス乗り場に到着しました。切符を購入しようとしたところ、「ガーン財布がない。」どうも落としたらしい、免許証とカードはあえて自宅においてきたのが幸いしたが切ない気持ちで、予備としてザックに入れてあったお金で切符を購入し剱沢に着きました。

旧交を温めて、脳にアドレナリンをため込んで「源次郎尾根トライ」となるはずが、夜降り出した雨があがらず今回は沈殿で帰宅することになってしまいました。帰りは、ロープウエイやケーブルカー待ちを含めて3時間以上かかりました。とほほ。


夏の山旅で(2003.8.24) 

恒例の1週間山旅に喜んで出発しました。途中でデジカメを紛失してしまい記録は2日間の30枚程度のみ、がっかりしながら使い捨てカメラを購入、大変高いのでケチケチと撮影しましたが1個では足りないと判断し、山小屋で2個めを購入した途端に大雨に見舞われ撮影することなく自宅に持ち帰りました。(デジカメは親切な方に拾われたため、私より一足早く帰宅していました。)


奥穂高岳にて(2003.7.27) 

妻が、うどんのだし汁にする予定の「つゆの素」をザックの中にぶちまきました。持参してあったワカメスープの素や雑炊の素、そしてわずかばかりの醤油で味を調え、うどんは何とか食しましたが、愛用のザックは昆布つゆの臭いがものすごい。帰宅して洗いましたがザックの漬け物と化してしまい、まだ臭います。


白馬から天狗山荘への縦走路(2003.7.4) 

鑓温泉へ分かれる分岐で、猛烈な風に襲われ身動きがとれなくなりました。男二人で分岐標識にしがみつき15分も震えていたでしょうか。ほふく前進と対風姿勢をとり、なんとか天狗山荘へ着きましたが、むさくるしい男二人で小さいテントもどうかと思い、4人用を持参してあったのですが、これも張れずに小屋泊まり。翌日重い荷を背負い不帰の嶮を越えたのでした。