耳をダンボにして いろいろ思う 


涸沢トレッキングで 

秋の紅葉を見るために涸沢までトレッキング。さすがのハイシーズンは渋滞がひどくてカメラマンをかわすのに一苦労する。

そして、ある素人中年カメラマンの女性が、登山道の真ん中で撮影中である。しかたないので危ない谷川の斜面から追い越す。

(カメラ女性)あら、いやだ写り込んじゃった。

(私の心)写ってしまった俺が悪いのかよ。(2010.10.9)である


八ヶ岳トレッキングで

久しぶりに八ヶ岳へ行きました。出会った場所は黒百合ヒュッテのちょっと上の中山というピークです。普通に下っても黒百合ヒュッテまでは30分ほどです。そして入山口と思われる白駒池登山口からなら、ゆっくり登っても2時間30分ほどの場所です。出会ったのはおそらく50代中頃と60代後半のパーティーです。倒れているのかと思ったら休んでいたようです。

(二人組女性)「黒百合ヒュッテまでどのくらいですか?」

(私)「30分もあれば着くでしょう。あとはほとんど下りですよ」

(二人組女性)「ああ良かった。でも夏山の登りは嫌ですね、歩き難くて。私たちいつも冬しかこないから、こんなに歩き難いとは思わなくて疲れちゃった」

(私)「そうですね。今日は雨上がりで滑りやすいですね」などなどの会話

(二人組女性)その後 「もう夏の八ヶ岳はやめて冬だけにするわ」(2010.9.25)


うっとおしい やりとりに参加

(私)次の週末 久しぶりにどこかの山へ登りませんか?

(K氏)土曜日なら都合が良いので行きましょう

(私)では計画します。鑓温泉へ行きませんか。だめなら雨飾山でも良いですけど

(K氏返信)土曜日は天気が悪いという予報なのでやめます。また別の機会に誘ってください

(私)土曜日の天気は良いと思います。では、私は久しぶりに天狗岳へ行ってくることにします

(K氏再返信)天気悪そうですね。また今度登りましょう(もう誘っていないです) 

(私)単独行動 晴れの中 天狗岳に登って 夕方下山

(K氏再再返信)天気が良いとの予報なので、土曜日に蝶ヶ岳へ登りました。晴れていて、今年一番の最高の景色でした

(私の心)・・うざっ (2010.9.25)

(後日のK氏)土曜日朝は 降られたみたいじゃん?

(私の心)まだ言う? だから 朝 雨が降って その低気圧が通過して 晴れるから 登るんです。 はあ〜うざっ(2010.10.1)


山ガールさんと

前常念経由で常念岳に向かう途中。おしゃな山ガールさんと出会う。今風のファッションはカラフルで爽やかである。ここにきて確実に登山年齢を引き上げている自分に寂しくなる。しばし話を交わしたのち別れて山頂に立つ。天気が良いので寛いでいると先ほどの山ガールさんが遅れて登頂する。ここで意気投合して話を聞く。

(私)「どこへ降りるの?」

(山ガール)「来た道を戻ろうと思うけど、岩がゴロゴロしてきつかったから、同じ所は嫌ですね」

(私)「蝶ヶ岳経由の縦走は、2時間位は余分に時間がかかるけど歩きやすいかもしれない。一緒に行きますか?」というような ノリの後、

(私)「常念岳へ登るのに、一般的な一ノ沢じゃなくて、三股からの急な登山道を選んだんだね?」

(山ガール)「実は一ノ沢のつもりが、入山口を間違えて三股へ入ったみたいで、気がついたのは前常念岳あたりだったんです。」

(私)「でも登山道は、沢なんだから水が流れていないのに不思議だと思わなかったの?」

(山ガール)「駐車した場所には大きな川がありました。」「往復9時間30分と思って頑張って登りました。」

(私)「爆笑」

「山ガール」さん。若くて 爽やかで 体力があるから許せてしまいます。でもこれが「やまんば」だったら・・・・・。(2010.9.5)


燕岳の登山道整備について思う

小学校の時を初めとして、数多く登っている燕岳合戦尾根であるが、ここ数年の登山道整備の状況は目をみはるものが多い。最初は少し急な部分に木製の梯子をかけて、1歩あたりの歩幅を同じになるようにしてくれた。そしてトラバースするように歩く部分の足場は、ねじれが無いように整備された。少しスラブ気味の岩には、歩幅に沿ってステップが刻まれているようにも思える。お年寄りから中学校の学校登山まで、大人気の山(山小屋)であるため、一歩一歩が、階段と同じなることは仕方が無いことなのかもしれない。今回、中房温泉から第1ベンチまでの間が整備された。この部分は合戦尾根の取りつきである。登り口から急登である上に樹林帯で眺めが良くないので、登山者には辛く感じられる部分である。ここが拡幅されて2車線(対面通行可能な巾)になろうとしている。そして時折展望がえられるように、木の切り払いもされているように思われる。これで良いのだろうか。そのうちに石畳化されてしまうのではないだろうか (2007.6.24)


ラッセル泥棒

この言葉を最初に聞いたのか、目にしたのはいつだろう?新田次郎の小説「孤高の人」だったかもしれない。単独行の加藤文太郎が、剱岳周辺で他のパーティーのトレースを追って咎められたくだりだったような気がするが定かではない。信じられないことに最近ラッセル泥棒にあった。山スキーと言っても、狭い中を歩くのだからトレースに出会うことが当たり前である。私もほとんどの場合はそのトレースをありがたく利用させてもらっている。しかし、先行者に追いつけばラッセルも交替するし、最後の詰めは今までの労苦に敬意を表してトップを譲っている。

つかず離れずでトレースをたどって自分の体力を蓄えた上に、最後の一登りでかわして最初にピークハントされるとは夢にも思わなかった。ラッセルに対する労いの言葉くらいあっても良いのではないかと愚痴りたくもなる。そんなパーティーだから、山頂から華麗にドロップするかと思えば、様子を伺っていて出発する様子もない。きっとついて来るに決まっている。案の定トレースを追っかけているようだ。こんなにすばらしいパウダーなのに。いたずら心という訳でもないが、深い藪に入って苦労した。「きっと相当苦労させてやったぞ」と、ささやかながら微笑んだ。(2007.1.28)


疲れるのは後続

登山でパーティーを組むと必ず強いものと弱いものに分かれてしまう。先行する登山者は快適にラッセルを続けながら進み、休憩に入るとじっくりと地形図を眺めてから次のルートを研究している。後続者は「あそこまで行けば休憩ができる」と、淡い期待を寄せながらたどり着く。この時点で既に待ちくたびれている先行者は、そそくさと出発の準備を始めるため、後続者は息も整わず、そして行動食すら十分に取れない状況であわただしく出発をせかされる。当然地図を見る余裕などないから、頭の中でルートを描けず更に疲れは増していく。こんな悪循環スパイラルは何回も経験しているが、簡単な打破はできないものである。愚痴です、これは。


あいさつと証拠写真

登るとご丁寧に挨拶をしてくれる方が多い。それは時として嬉しいものでもあるが、団体さんとすれ違った時には返事をするのも大変である。最後の人ひとりくらいにしてもらいたい。「山で1回だけ会って挨拶してくれる人であっても、電車の中で毎日会っている人には挨拶をしないんだろうなあ。」と、どうでも良いことを考える。もう1つは証拠写真。山頂で「シャッターを押してほしい」と、よく頼まれる。「どちらの山をバックにしますか?」と尋ねると、多くの方は「証拠写真が欲しいから、山名を記した標とともに撮影して欲しい」と言う。何の証拠なんだろうか?百名山スピードハントの証拠とか?それとも誰かと賭け事でもしたか?まったくわからない一言である。(2006.10.31)


僕の耳はダンボ

黒部五郎岳の山頂で老夫婦がカップヌードルミニをつくっている。

(夫)「食べるのはうどんが良いか?それともカップヌードルどっちが良い?」

(妻)「そういうもの、あまり食べないからいらないわよ。」

(夫)「まあせっかく作ったんだから、食べなさいよ、ではうどんを食べろ。」

という会話の後にバーナーでお湯をわかし始めました。まず妻がうどんを食おわり、その後またお湯を沸かして夫が食べて・・・。

(夫)「なんか少し酸っぱいな。」

(妻)「あら、私お水じゃなくてポカリ入れちゃったみたい。」

(夫)「何やってんだ。本当にまずいぞ。これじゃあ食べる気がしない。」

(妻)「あたしポカリも嫌いだけど・・・。でもこれで栄養ついてよかったわ。」「ね、よかったでしょ。」

(私)「できる。」(2001.8.25)


あるパーティー

私の1台前のタクシーに乗った関西弁を話す、平均年齢60才くらいの5人のパーティーがいました。ブナ立て尾根の途中で彼らを追い越し、その後烏帽子山頂をピークハントしてくると、小屋の前のテラスで4人がくつろいでいます。私が野口五郎岳のキャンプ場への出発に向けて準備を始めると彼らもソワソワし始めました。どうやら野口五郎小屋へ行きたいようです。ところが一人足りません。話の向きでは途中でバテて休んでいるようです。結論は置いていくことに決めたみたいです。このパーティーの今日の宿泊予定地は烏帽子小屋です

さてその後、途中まで同じペースで歩くのですが。途中で「あと何時間くらいで野口五郎小屋につきますか?」といったことを聞かれます。やはりこればかりは返事のしようがありません。はたと彼らが持っている地図に気がつきました。これはルートマップでも地形図でもなくて旅行会社のツアーでくれるようなタイムスケジュールなのでした。出発2:00 − ○○ホテル到着5:00 − 宴会7:00というものです。(2001.8.23)