蝶ヶ岳(2004.10.11)

この3連休は、北鎌尾根を予定していたのですが、初日に直撃した台風により中止となってしまいました。台風一過の秋晴れにはなりませんでしたが、友達と一緒に久々のトレッキングを楽しみました。このところ、ロープが必要な場所ばかりだったのでホッとする山登りでした。

三股駐車場

-

(0:10)

50台は駐車可能。トイレもあります。

 

蝶ヶ岳登山口

通過(入山届)

(0:05)

ここまで約700m高定差70mのだるい林道歩きですが、左手の沢の音が涼しい場所です

 

 

常念岳分岐

通過

(0:10)

道標に従い踏み後をたどると増水時の巻道との分岐へ出ます。火の用心の赤い横断幕があります。

吊橋

身支度チェック

(0:10)

草を踏みしめること約10分で、本沢を渡る鉄の吊橋に出ます。気分はここからが登山道。少し歩いたので水分補給をして、靴紐やザックのチェックを行いましょう。

水場

通過

(0:25)

力水という名の水場があります。ここから蝶沢までは水場がありませんので、ここで給水します。稜線取付までは尾根の横につけられた登山道をトラバース気味に登ります。この辺から少しづつ急斜面になります。

稜線取付

通過

(0:20)

程なく尾根に乗りますが、尾根の勾配は中斜面で一定しています。力水から40〜50分歩いたところが、豆うち平との中間点くらいになりますので適当な場所を見つけて休憩をとると良いでしょう。

尾根上で

休憩

(0:40)

休憩場所から豆うち平までは尾根の上を外すことなくまっすぐに登っていきます。道は踏み固められており登りやすいのですが、ダケカンバやしらびその中なので視界は良くありません。比較的急な斜面なのですが、疲れが出る頃には豆うち平へ到着します。立派なベンチと案内がありますので大休止にちょうど良いでしょう。全行程の2/5くらいでしょう。

豆うち平

休憩

(0:40)

ここから1キロほどは、緩やかな斜面が続くので歩きやすい場所です。冬だとわかりにくい場所ですが、雪が無ければ快適なハイキングになります。

 

蝶沢

通過

(0:30)

豆うち平から40分ほど歩くと大きな沢(蝶沢)を渡ります。ここで休憩をしている人は多いのですが、大休止と緩斜面の歩行で体が平気なようであれば休まずに歩いてしまいましょう。

写真は豆うち平

休憩適地

休憩

(0:50)

休憩に適した場所と言う訳ではありませんが、蝶沢を休まずに通過して30分近く歩くとさすがに疲れが出てきます。ここで休憩を入れるとあとワンピッチで蝶ヶ岳ヒュッテです。

分岐

通過

(0:10)

大滝山と蝶ヶ岳への分岐点です。ちょっとした窪地になっているので、稜線が吹いているときでも暖かい場所です。

鍋冠山方面

蝶ヶ岳ヒュッテ

到着

-

晴れていればこんな景色が。

5月の景色