剣岳源次郎尾根敗退その1(2004.9.15〜9.19)

5:46 平蔵谷へ到着

5:58 平蔵谷を渡り終える、踏み跡は源次郎への取り付き

5:58 源次郎尾根への取り付き

5:58 尾根の向こうに八峰下部が見える

6:14 取り付きの踏跡を見失い藪こぎ.

アイゼンの装着を横着したからだ

6:14 取り付きから平蔵谷と目印の大岩、そして一服剣を見る

6:30 正面はルンゼコースで難易度が高い。

我々は写真の左の藪から這い上がる。

 

6:31 取り付き地点から剣沢を振り返る

7:22 取り付き直後、スタカットで2回登る

(本当はロープ不用と思われる)

 

7:22 取り付き直後スタカットで2回登る

(それじゃロープが流れねーぞ!)

8:10 トップであがってお助けロープを出す

 

8:10 トップであがってお助けロープを出す

(ここは登れるはずだぞ)

 

8:45 木のトンネルを枝をつかんで這い上がる

(ピッケルが引っかかる、こんなときは忍者のように収納すべし)

 

8:54 がんばれ稜線に乗っているぞ、後方を振り返る

9:50 フリーで登ってお助けロープを出す。

つるおくんが登れない

10:49 稜線に乗るものの1峰と見誤る

10:50 作戦会議

(1時間30分程度のコースに4時間以上かかっている)

11:10 ルートミスの恐れを感じてルンゼへ下降することを決定。

稜線は開けたのだが

11:50 撤収開始(25m懸垂下降後に下で待つ)

12:40 45m懸垂下降でつるおくんを待つ

12:43 45m懸垂下降でつるおくんを待つ

12:43 45m懸垂下降でつるおくんが降りる

13:27 2回目の45m懸垂を終えてスタカットに切り替える

13:27 1峰付近と見誤った小ピーク

14:06 2日後に取り付いて再び敗退した尾根(本尾根)

こちらは本当に怖かった。

15:03 チョックストーンの滝終了点の支点を見つける

(正規ルートのルンゼコースであった)

15:10 準備を整え懸垂にかかる。ロープが足りるか心配

(結果はぴったり45m)

15:43 最初の取り付き地点へ戻る。明日はここを攻めてみたい

手がかりの岩が抜けて落ちそうになった。

運が悪ければ30メートル以上落ちるところだった。

16:11 平蔵谷まで戻って見上げる

17:15 テンバ到着し、食事の準備にかかりビールを用意して相棒を待つ。(飲んでたか)18:00相棒つるお到着(緊張の連続で、行動食もあまりとれなかったな〜)

 


剣岳源次郎尾根敗退その2(2004.9.15〜9.19)



再び平蔵谷です。アイゼンが必要と思われるのは朝のこの場所だけなのですが、「わずか数10メートルだからいいか。」と前回に続きアイゼンを履くのを横着して渡るのに大変難儀をしました。特に2日目はピッケル不用と判断していたから。

この写真を見ると結構なだらかに見えますが、取り付き地点でも60度くらいの斜度になっています。それでも私たちに取り付ける斜面がここしかない気がしたら行くしかなかったのです。(ここから支点を取れるところまで30メートルはありました。上部に近いところで、手がかりの岩が抜けて落ちる寸前のところを草につかまり、震える自分に言い聞かしてこらえました。本当に怖かった。今回一の恐怖でした。支点を取れないところもあるそうです。山岳センターのアドバイスより。)

 10年以上前に源次郎に登ったという上手なクライマーがルンゼに取り付いていました。私はこの日も自分のルートが正解だと思っていたので同じ道を行きませんでした。(残念)「私がトップロープで、ビレイしているとき、つるおくんに登り方などアドバイスしてくれていました。」さぞかし心配な目でみられていたことでしょう。このビレイの際、上部には太いダケカンバがありました。本来木から直接ビレイするべきでしょうが、そこからだと下が全く見えないため、木にセルフビレイを取り、ボディビレイに切り替えました。足元は60度以上の斜度があったと思いますが、つるおくんが落ちたとき、体をもって行かれて木から宙吊りになりました。彼が態勢を立て直せなければ自分も動けないということを身をもって感じました。首にナイフを下げるのはこのためか?(彼が落ちたのを見て、自分がフリーで登って落ちそうになったことを思い出してまた足が震えてしまったのです。その後夢にも出ました。)

猛烈な藪こぎを強いられました。ルートではないので当たり前ですが・・・。安全確認のために「お〜い。」と呼びかけるが、返事がない。「聞こえてるなら返事しろ〜。危ねーんだぞ。」と怒鳴ると、やけくその声で「お〜い。」と返事が返る。以後30秒に一度は声がけをするように心がける。


途中ルートと思えるような雰囲気の草付きのルンゼを見つけて詰めていったら、逆層のスラブに突き当たりました。左にトラバースしようとしたら断崖。仕方ないので右の急なルンゼを、草の根につかまったりしながらエテ公のように登ったのですが。


 

この辺は、あまりのひどさに写真をとる余裕が無かったのですが、最終的に行き詰まって降りるしか道がなくなったようなところです。(上手な人は別でしょうが)悔しいので、単身で数10メートル偵察に出たのですが、取り付く島もありませんでした。


行き詰まったため、別のルートを探すべく登ったルンゼを懸垂下降を交えながら降り始める。このあたりの藪で、つるおがATCを紛失した。(相変わらずのドジ男、安環付ビナから外すのはロープだけでいいんだぞ)すでに、登った道と違うルートに入っているので不安は多い。写真の下は90度の壁が数メートル落ちている。私のATCを交互に使おうかと考えたが、草と藪を交えての懸垂下降になった場合、ロープが引っかかってATCが回収できないと大変なことになると思い、ダケカンバを支点としてトップロープでおろすようにして、つるおを下ろした。スピードコントロールは私がしたのだからきっと怖かったに違いない。「ゆっくりお願いしま〜す。」と言い続けていた。いひひ(笑)


その後、取り付きが無いかと探すが、他に道はなさそうなので懸垂下降で降りる。残置できるスリングも少なくなってきているので、できるだけ45メートル近く降りたいと考える。必要なときの支点って意外と見つからないものですね。


      

上の写真から、数時間経っています。本尾根に向かって懸垂下降の連続で写真をとっている精神的な余裕は全くありませんでした。写真左上方向から懸垂で降りてきましたが、途中のしょぼい木から支点を取ったときは「抜けるな〜」と祈ったものでした。


      

最後の懸垂下降が終わったときは、午後の4時で本日も敗退。我々はきっと懸垂下降の練習に来たんだ。ここで懸垂下降の反省をふたつ。ロープの色は赤と青を使用した。ロープ回収用の合言葉を「赤ひっぱりー」とか「青ひっぱりー」とその都度決めている。引っ張るほうの色はいつも同じにしないといけませんでした。降りた場所から最初の支点まで確実に登り返す技術がないと怖いです。


すでに、9月16日分は既に記録に留めましたが、若干補足不安定なGPSでのトラックデータもとってありますので更に補足します。絵に描いたAのルートは源次郎尾根の一般的なコースであると思われます。そしてBはルンゼを行くルート。そしてCはルートではありませんが、源次郎尾根の本尾根になっています。最初に挑戦した日は、確かにルートに乗っていたと思われますが、C上にある×印を第1峰と勘違いして撤退したことは16日の記録に記載したとおりです。絵の上で合流点まで伸びているトラックはGPSのいたずらだと思います。取り付きはじめから登っては降りということをよく繰り返しています。これでは山頂につけるはずがありません。Bのルンゼは初日の下降用に通った場所です。下部に10メートルくらいの涸れた滝などがありましたので、私たちの実力では登れなかったことは明白ですが、上手な人が登り2箇所ほどロープを出してもらえるならこちらのコースのほうが快適であったと思われます。

問題は、2回目のトライです。今でこそ地形図やGPSデータと検証したから道迷いの地点がわかりましたが、とんでもない所をトライしたものです。初回敗退した日に、ろくに検証もせずに「明日はここの草付きのルンゼを登る。ここ以外に登れる場所は無い。」と勝手に決めたのが大きな間違いです。そして翌日雨天により沈殿していたにもかかわらず、ミーティングすらしなかったことも大きな反省材料です。途中GPSの電源が切れており最後までトラックが取れていませんが、D地点あたりで行き詰まったものと考えております。そしてこともあろうに、切り立ったC尾根の方へ下山していったのです。

剣岳源次郎尾根は、前回雨天敗退しています。そのときは山岳会のメンバーに混ぜてもらい連いていくだけの予定でしたが、今回は同じ研修会の受講生のメンバーと2人で行くことになりました。当初は源次郎尾根と北方稜線の縦走を企んでいましたが、雨天停滞などもあり、9月16日と9月18日の2日間源次郎尾根に挑戦しましたが、結果的には敗退となりました。この失敗を繰り返さないため時系列に記録に留めます。

 

敗退の分析

本日、山頂にまで至らなかった1番の原因は、致命的なスピード不足による行程の遅れと特定する。実際問題として取りつきから稜線まで2時間弱のコースタイムであるのにも関わらず、2倍以上の時間をかけても稜線の中腹まで(第1峰より30分ほど手前)しか登れていない。この「30分ほど手前」という言葉も、コースタイムであるから、実際に登山を続ければ1峰に辿り着くまでは更に1時間30分はかかることになろう。もちろんこれでは夕刻までに山頂に到着することは不可能であるため、登るのを諦めた時点の決定は結果的に正解であったのであろう。実際テント場に帰着したときは夕刻の6時になっていたのである。この状況を一言で言えば基本的な「登攀能力不足」ということになるが、この「登攀能力不足」について少し検証してみる。

(1) ルートファインディングと読図能力について

源次郎尾根は、事前にガイドブック等で調査を行ってきたつもりであった。取り付き地点から見る尾根はどれも厳しそうであったが、草つきの斜面を見つけて登った初日のルートは、後で冷静に考えると正規のルートであったはずだ。私にとっても、道無き道をつき進むという感じであったが、一度でもここを歩いたことのある人と同道していたのならば、さして困難とも思わずに山頂まで登れていたはずである。

少し話を戻すが、私が撤退を決定する時点まではルートが誤りであるとは思ってもいなかったのである。では何故突然道迷いを起こしたと、勝手に決めてしまったかであるが、私たちが進んでいる尾根を挟んだ右方向に急峻な岩峰が見え(1峰もしくは1峰に続く稜線と思い込む)その峰が剣岳山頂に突き上げているためそちらが本流でありとんでもないところにいると勘違いしたのである。

私はGPSとコンパス地形図を携帯していたから、尾根が合流する場所まで至っていないことは高度計を見て承知していたのである。それなのにその事実を客観的に認識しなかったのは、「これだけ時間が経過しているんだからもう少し上にいても良いはずだ。」という思い込みと、尾根に乗った現在地から見る「進行方向の岩稜が遠目には急峻に見えた。」ことに加え「間違ったかなあ」という、私の問いかけに対して「きっと道が違ってますよ。」の言葉に不安を覚えてしまったからである。

私たちが撤退した場所は、私たちが取り付いた支尾根と源次郎尾根が合流する場所から高度にして100メートルほど下であったのだ。尾根が合流するより下にいるのだから向かいに見える尾根が山頂に突き上げているのは当然のことでなのである。

当時電波を拾えなかったためGPSで場所を特定することは困難であった。地形図を広げてみたものの岩マークの連続で見当がつけられなかったのは情けない話である。ザックの中にコンパスと地形図をしまいこんであり、必要なときに出てこなかった相棒にはイエローカード1枚出すことにする。そして「高度」という高度計での情報を得ていながら、地形図上に爪の先で追うような高度特定をしなかった自分もイエローカードである。

(2) 登攀能力について

 「パーティーを組んだ場合どんな上手な人たちでも、必ず強いものと弱いものが存在する。必ず力の異なるチームでどのように登るかがリーダーの課題である。」という話をリーダーコース実習で、ビバーク地の焚火を囲んだ時、C班の講師が話してくれたのを思い出す。

 今回の二人の登攀技術は恐ろしいくらい未熟であった。その中にあってもやはり、先の話の強弱は存在したのである。ルートファインディングを含めて、常に私がトップを歩いたのであるが、手がかりのあるような藪山の中でも、ついて来られずに二人の間隔が離れすぎてしまう。まして両手を全面的に使う岩場に入ると「登れませーん」の声がかかる。結果的にはロープを出すことになるのであるが、登れないと思い込んでいる斜面であっても、実際の斜度や困難度からすると一般ルートと大して変わらない場所もかなりあったのである。

 パートナーの安全を確保するために繰り出したロープは、結果的に時間オーバーによる敗退につながった。しかし彼の要望に基くロープ出しは、安全のためにも拒むわけには行かなかったのである。もう少しパートナーに安心感を与えるようなルートファインディングと、的確な指示ができれば彼に必要以上の恐怖心を与える場面が少なくなり、ロープを出す回数が減っていたのであろう。ただし、固定したロープに対して、ATCやマッシャー結びを使っても登ることができなかったこと(結局トップロープを強く張って引っ張り上げることになった。)については、問題外としてレッドカードを与える。

(3) ロープワークとパートナーシップ

 源次郎尾根挑戦に先立って、前日に若干のロープワークを練習した。と言っても懸垂下降とスタカットでの練習を少し行った程度であるので実際にはぶっつけ本番といったところであった。スタカットでの確保は再三にわたる研修の成果が出たこともあり特に不安は認められなかったが、支点を取る場所が悪くてロープの流れないという反省もあった。ただしその場所が、そもそもロープを出す必要の無いところであったことは前述のとおりである。

 撤退は数回にわたる懸垂下降の連続で、取り付いたルートとは別の場所を降りることになった。上から眺めた時、降りやすそうに見えたことに加え、残置スリングがあったから下山可能として考えて下ったのである。結果オーライであったが、「道迷い」している状況で登って来た道を帰らなかったことは、リーダーとして大いに反省すべきことでないかと考えている。(レッドカードかな)

 支点については強固なものを求めて、できるだけ太い立木にとったつもりである。不安な状況では、2箇所でバックアップをとるなどもした。懸垂下降中に不用意に降りすぎて、次の支点をつくるために再び上り返すといったドジを踏まないように、自分自信に言い聞かせ続けながら降りた事を思い出す。ロープを足に3回巻きつけて仮固定しながらの新しいの支点づくりは、センターの実践的な研修が大いに役立ったと感謝している。

さて、ここで少しパートナーシップに触れたいと思うが、懸垂下降のための支点づくりについて、パートナーは、リーダーの私がつくることを求めていたと思われた為、私は支点づくりを彼に任せることはしなかった。しかし当時の自分の気持ちとして、自分がリーダーだから支点をつくったのではなく、パートナーを信頼しきれていないため自分で手を出してしまったのである。結果として、その後のほとんどの行動に手を出すことになり、パートナーを遊ばしておくことになってしまったのである。ロープを結んだ以上パートナーを信頼しつつ、協同して事にあたらなければ迅速な行動が望めないことを痛感した。(つるお〜。おまえが同じ場所で2度もこけて落ちたり、懸垂下降後にセルフビレイ取らずにATCをはずそうとし続けるから、信用を失ったのも確かだぞ。怒って萎縮させちゃったような気がするが?ゴメン、もっともこんな事を感じるつるおではないか。でも、固定ロープの登り返しは練習しておかないと、懸垂下降の多いところはやばいよ。)リーダーとフォローワーの関係は、夏山の危急時対策1主任講師の資料に出ていましたね。読み直さなくてはいけません。

(4) とほほのレッドカード

  写真上から見下ろしてつるおを撮影しています。つるおの後ろに見える岩の間は背丈ほどの穴になっています。写真には写っていませんが、見下ろして2メートルほどの所(木の枝の陰のあたり)から先は、数10メートルから100メートル近くもあるかと思われる断崖になっています。

  まず1回目の挑戦にあたり「登れませーん」のコールによりトップロープで引っ張り上げる算段をしていたところ、セルフビレーを取っていなかった彼は、この穴に落ちたのです。幸いヘルメットで頭が保護されていたため、のそっと起き上がってきました。(もう少し横に転んでたら転落死だぞ)トップロープで、しばし登攀を試みてもらいましたが、「ダメでーす。」の声に固定ロープを張ることにしました。「上を8の字で殺すぞ〜」と私が声をかけ、「はーい」の返事にカラビナに手をやったところ、つるおは、また同じ場所に転倒。右手の薬指をビナに挟まれた私は骨折してしまったのでした。彼も止まったから良かったものの本当に冷や汗ものでした。私の指もちぎれなくて本当に良かった。返事だけでなくビレイを取ったか確認しなかったことを反省することしきりです。二人にレッドカード

(5)つるおの逆襲

 つるおくんが逆襲をした。懸垂下降中に私に向かって石を狙って落としたのである。連続2回も(笑)。握りこぶし大の石であったが、1つはヘルメットを直撃、もうひとつはザックを直撃した。体にダメージが無くて本当に良かった。40メートル以上落ちてくるとスピードがつくんですね。フォールライン上でセルフビレイを取っていから逃げられなかったんです。以後セルフビレイは、フォールラインから外れたところにハーケンを打ったりして取ったんだけど、つるおは俺に向かって降りてくるんです。「こっちへ来るな〜。真下へ降りろ〜。」