燕岳(東沢乗越コース)2004.09.03

先週の台風16号直撃に加え、この週末は台風18号の影響で前線が活発化するとのことです。この間隙をついて1日晴れ間がでるので思い切って燕へ登ってきました。毎年のようにお参りしている燕岳ですが、東沢経由での登山は初めてです。

登山道は、中房温泉裏の沢から始まります。沢沿いの登山道は熊笹がきれいに刈り込まれて整備されていますが、30分ほど歩き木の吊橋を渡る頃から、沢歩きと、ちょっとした高巻きなどの繰り返しになります。(渡渉地点から高巻きに行く道を見落として、堰堤で行き詰まり再び、戻るという事を繰り返したのは、歩き始めて1時間から2時間くらいの間だったのでこのコースの核心部はこのあたりのルートファインディングでしょう。)沢沿いは崩壊が少しある上に、増水していたこともあり歩くのにかなり気持ち悪い感じでした。もっともこれは台風の影響による増水と、燕岳の稜線に出るまで、誰にも出会わない静かな道であるため精神的な不安もあるのかもしれません。(最近は地形図を必ず持ち歩くようにしていますが、支沢の数を読み違えて現在地を特定するのに苦労しました。)

稜線に出れば快適な表銀座へ続く道、北は鹿島槍から剣方面、西は裏銀座の山々、そして南には表銀座と快適なハイキングができました。

(行程)

駐車場(0:15)−中房温泉(0:30)−吊橋(0:30)−ブナ平(1:15)−西大ブナ沢出会い(0:40)−東沢乗越(1:10)−北燕岳(0:30)−燕岳(0:30)−燕山荘(2:30)−中房駐車場

中房川増水で渡渉困難

崩壊した堰堤

沢を歩く

東沢乗越から烏帽子岳

9:48 地点から後立山方面

9:48 地点から有明山

9:48 地点から北燕山頂方面

9:48 地点から北燕山頂方面

北燕から槍ヶ岳

裏銀座方面

水晶と野口五郎

北燕への稜線