金松寺山・天狗岩登山(2004.6.6)

梓川村役場主催の、第10回金松寺山・天狗岩登山が200名を募集して開催されるという話を口伝えに聞いた。天狗岩は、松本平から眺めると、常念岳の前山から、南に向かう稜線上にある最南端の前山であり、低いけれども少し尖ったピークがその存在を主張している。先月登った鍋冠山とともに、気になっていたけれども登る機会に恵まれなかった山だけに、このチャンスに飛びついた。当日のアプローチは金松寺からとなる。少し待てば登山口までマイクロバスでピストンしてくれるとのことであるが、3キロほどの林道なので待っているほどのこともあるまいと歩き出す。1時間ほどで登山口に到着。ここからは、梓川村の水源となる尾入沢沿いにつけられた登山道を遡行、15分ほどで、尾根に向かって取り付けられたジグザグの登山道を登る。随所に金網が張られているがカモシカよけの網らしい。1時間ほどで金松寺山に到着。下から見ると小ピークはわかるものの山頂は木に覆われていて展望は無し。雲行きが少し怪しいが、折角ここまできたので、天狗岩まで足を伸ばすことにする。スタッフの話では、2時間くらいとのことであったが、地形図で見ると標高差300メートル少しなので、1時間と踏む。登山道は尾根通しに忠実につけられており歩きやすい。山頂直下の急斜面を登りきると360度の展望が広がる山頂へ到着。すでに雨が降り出していたが、西穂から奥穂へと向かう稜線がくっきりと見える。松本平の眺めも絶景である。ゆっくりしていたいところであるが、雨が強くなってきたのと、妻が待ちきれずに下山開始してしまったことから、息子とインスタントラーメンを食べて早々に下山。走るように下ると林道の終点に迎えのバスが待っていてくれたので、3キロの林道歩きを楽してしまいました。下山後には主催者からの豚汁とりんごジュースのサービス、そしてお土産に一人3合づつの発芽玄米を頂いてしまいました。大サービスしてくださった梓川村主催者及びスタッフの皆さんありがとうございました。

(メモ)

金松寺山から天狗岩までの登りには、金松寺山を巻く登山道あり。天狗岩を目指すなら、巻き道のほうが楽。水は登山道近くの尾入沢で汲むことができるが、梓川村の水源とのことなので立ち入らずに持参しましょう。

(行程)

7:40金松寺 − 8:45林道終点 − 10:00金松寺山 − 11:00〜11:25天狗岩 − 13:00林道終点 = 13:10金松寺