徳本峠〜大滝山〜蝶ヶ岳〜鍋冠山(2004.4.29〜5.1)

念願の徳本峠をGWに歩いてきました。雪は腐っており展望のあまり利かない山行でしたがのんびりとした山歩きが楽しめました。


(4/29)

9:24松本駅発 − 9:54新島々 − 10:15島々登山口初 − 10:40変電所通過 − 11:05砂防ダム(休憩) − 12:00二俣(休憩) − 12:47一の沢出会通過 − 13:15瀬戸沢(休憩) − 14:05ワサビ沢通過 − 14:15岩魚留小屋キャンプ場

(4/30)

5:00岩魚留小屋キャンプ場 − 6:05大南沢の先(休憩) − 6:30本谷渡渉 −6:45峠沢取り付き(大休止) − 若干の道迷い − 8:10徳本峠小屋(大休止) − 8:40徳本峠小屋発 − 9:40小ピーク2200m(休憩) − 11:00〜11:30大槍見台(大休止) − 12:35 小ピークで休憩(2233と2330の中間) − 13:50小ピークで休憩(2491) − 14:40コル通過(2457) − ここから雪の踏み抜きと藪こぎに悩まされる − 15:40大滝山キャンプ場

(5/1)

5:30大滝山キャンプ場 − 6:15小ピーク2452m通過 − 7:00〜7:30蝶ケ岳ピークハント − 7:50小ピーク2452m通過 − 8:50大滝山キャンプ場(キャンプ撤収、コーヒータイム) − 10:00下山開始 − 10:10登ってきた仲間と出会う(2359との中間) − 11:10小ピーク通過(2112) − 12:00〜12:30鍋冠山(大休止) − 13:55林道(1722) − 14:50展望台駐車スペース

松本電鉄の島々線とバスを乗り継いで徳本峠の入口まで
島々本谷沿いに沢を歩く。岩魚留小屋まではハイキング気分で歩けるので持参したランニングシューズが非常に助かりました。
岩魚留小屋はこの時期無人小屋になっている。テンバは数張テントが張れるので早速設営した後、酒宴を張る
沢峠のツメは急斜面なのでアイゼンがあると助かる トレースが無いので適当に詰め上げた
徳本峠小屋を撮影、趣のある宿です。そういえば徳本峠小屋の直下にいくつもの新鮮な玉葱や馬鈴薯がころがっていたけれど、食料の箱でもひっくりかえしたんだろうか

徳本峠小屋から望む明神岳。ここから大滝山にかけては樹林の中で景色が無い。わずかに1箇所、大槍見台で槍ケ岳が見えるが冴えない縦走路であることはマチガイナイ

ハイマツの踏み抜きがうるさい大滝山付近 右は大滝山北峰
大滝山荘は雪に埋まっている。小屋の前でテントを設営 下界が良い感じで見える
大滝山から蝶ヶ岳の間は快適な稜線 蝶ヶ岳まで往復してから鍋冠山へ向かう
鍋冠山を眺める。松本平からみても同じ鍋を伏せた形です。縦走路は下山口が急で、トレースが無いためわかりにくい
 鍋冠山の山頂は全く展望が無い。三郷スカイラインへ向けての道もトレースが無く、腐った雪を踏み抜くため歩くのに一苦労。地形図が無いと位置の特定に苦労します