乗鞍岳(摩利支天岳2872m)山スキー 2004.3.13

今シーズン、乗鞍高原スキー場のシーズン券を購入して滑っていたのですが、暖かくなってきたので、はじめて単独での山スキーに挑戦してみました。

当初の目的は安全を期するために、よく知っている肩の小屋の予定でした。ところが位ヶ原から、摩利支天岳(おなじみコロナ観測所のある山)を眺めると涎の出そうな斜面があるではないですか。ということで目的地を変更しました。

今回は、荷物を軽くして軽快に滑ることを楽しみにしていたので、荷物は緊急対応できる最低限の装備にシャベルを持っただけです。高度を上げて行くにつれて、おなじみの強風に煽られて対風姿勢をとりながらの登りに疲れたこととサンクラストした斜面がアイスバーン状となり2780メートル地点で登れなくなりピークハントを断念、がんばれば登れないことも無かったかもしれませんが、単独行でありアイスバーンを滑るのも嫌だったのであっさりと降りてきました。

斜面はさすがに貸切状態で自由なラインがとれますがあとでGPSトラックを見てみると小さく滑っていました。

(反省)

アイゼンを持っていけばもう少し安全に登ることができたと思う。スキーアイゼンがあれば登りは楽になるだろう。

デジカメのバッテリーを忘れて写真なし


9:05 乗鞍高原鈴蘭リフト乗り場

9:25 国設リフトトップでシール装着(1983m)

9:40 歩き出して15分(2060m)最初の壁がアイスバーン、シールがきかずに板をはずしてツボ足で登る。

10:45 位ヶ原(2460m)手前の壁は勾配がきついが、雪が堅いので斜面の全面を使ってトラバース気味に登る。

11:05 位ヶ原は今日も強風が吹き荒れている。ここで目的地を摩利支天岳方面へ変更する。

11:20(2625m)ハイマツ帯を抜ける。ここは、アイスバーンの上、岩が出ていて滑落の危険があるため、再びシールをはずす。

11:50(2790m)クラストした斜面でシールがきかずに強風との戦い、ここでピークハントを諦めて滑走の準備に取りかかるが、足場が安定せずシールをとるのに一苦労。

11:55 滑走開始

12:05 位ヶ原(2450m)

12:10 リフトトップ(2037m)

12:18 鈴蘭

12:25 ロッジグリーンウッドにてビールタイム