五竜とおみ黒沢尾根スキーツアー(2004.3.10)

気にかかっていた黒沢尾根のスキーツアーを行ないました。この尾根は五竜遠見尾根の小遠見山(2007m)から鹿島槍スキー場の上部まで、南北に連なる長い尾根で、直線にして約6キロメートル、沿面距離は10キロメートル、そして高低差450メートルという滑るのには大変かったるい尾根です。コースの下部は研修会などでも来たことが有りましたので様子はわかっていたのですが、その時見た上部が良いゲレンデの様だったので、山岳部の仲間などを誘って出かけました。スタートは五竜遠見スキー場のゴンドラとリフトを乗り継いで地蔵の頭から出発、1時間30分程度の登りで小遠見山へ到着。(登りらしい登りはここまで)ここから天狗の鼻までは東側に大きな雪庇が張り出しているので注意、ナイフエッジを通過すれば安全地帯に入ります。(尾根が迷いやすいので、地形図で確認が必要です。)ただし緩やかなアップダウンの連続で快適な滑走とは程遠いものでした。

(感想)

山スキーのクラシックコースとのことですが、滑るところが少なくてスキーの魅力には欠けました。シールの取り外しだけでも煩わしいのでスノーシューを履いてのハイキングのほうが快適かもしれません。私が今度行くときはスノーシューでしょう。滑るのを目的とするなら鹿島槍のスキー場から1665mあたりまで登って、沢を滑ったほうが楽しいかもしれません。

(反省)

○滑るのに楽しそうだと思った斜面は今回のコースと違っていました。読図能力に欠けるようです。

○忘れ物と落し物の頻発です。出発前にオーバーパンツを忘れて急きょコンビニでカッパを買ったN隊員、天狗の山頂にデジカメを忘れて取りに戻ったM先輩、シールが外れたのに気がつかず取りに戻ったCL、そしてスキーの流れ止めを失した私です。(幸いデジカメを取りに戻った先輩が運良く見つけてくれました。)

(行動記録)

9:50

五竜遠見スキー場ゴンドラ乗場

10:15

地蔵の頭シール装着

11:20

1892m手前で休憩

11:55

小遠見山シール外す

12:05

小遠見と天狗岳のコルまで小滑走

12:05‾12:35

天狗岳のピークを西に捲く

12:35‾12:50

天狗の鼻手前のコルで、メンバーのシールを修理

12:50‾13:25

今回の難所である天狗の鼻とナイフエッジを通過、天狗の鼻は雪庇を避けるため西側にルートをとる

12:25‾13:45

1775mでビールタイム

13:45‾14:05

1775mから1682mまで短いが気持ち良い斜面

14:05‾15:30

メンバーがデジカメを忘れて天狗岳まで登り返す。我々は大休止と埋没者捜索訓練

15:30

出発?途中でシール装着

16:15

1633m通過

16:40

1665.2m通過、シールを外してわずか10分足らずの滑走を楽しむ

16:47

シールを装着

17:15

1599m通過

17:41

1546mゲレンデ上部に到着

18:12

鹿島槍スキー場駐車場着

(個人装備)ザック50リットル、ビーコン、ゾンデ、シャベル、ツェルト、テルモス、水筒、行動食、非常食、ヘッデン、救急セット、替え、グローブ予備、スリング、カラビナ、トランシーバー、携帯電話、ビール2本など