剱岳源次郎尾根(2003.10.11〜13)雨天敗退

 数年前山で知り合いになった福山山岳会の「清家さん、槙さん」から剣岳源次郎尾根登山を誘われました。講習会並みにお世話をいただけるとのことで厚かましくも同行させて頂くことになりました。

折しも10月の連休ですので、扇沢からのトロリーバスはゴールデンウイーク並みの混雑です。それでも無事に室堂で皆さんと合流し景色をながめながら剱沢のキャンプ場に到着しました。(室堂の紅葉は茶色できれいでありませんでした。すでに雪が降ったせいでしょうか。)早く着いたのでお昼から宴会は開始され、いろいろのお話をお伺いすることができました。話に花が咲くなかで聞いていますと、どうやら清家さんたち以外の皆さんも、広島県の山岳会のリーダー的な存在の皆さんのようで、未知の会話が多くて話についていけません。「しまった。大変なところへ来てしまった。」という思いでいっぱいになってしまいました。それでもこんなチャンスは滅多にないと思っていましたところ、夜半から雨が降り始めました。出発の時間になっても雨は上がらないため、リーダーの判断で登頂は中止となってしまいました。きっと山の神様が「おまえには10年早い!」と思ったのでしょう。明日はまだ天気が悪化するとの予報なので、私は早々に失礼させていただいてしまいました。

来年の今頃も、剣岳か北鎌尾根に登られると言うことで是非参加させて頂きたいと願っております。福山山岳会の清家さん、槙さん、松岡さんお世話になりました。正月の八ヶ岳、赤岳鉱泉までなら私も差し入れ出来るかもしれません。山岳会広島パイオニアの堀内さん、是非北鎌連れて行ってください。呉山の会の高橋さん今度はもう少し多くウイスキー持っていきます。

用意して頂いた食材は具が豊富、1回戦は松茸鍋、2回戦は牛シャブ、3回戦は豚シャブそして仕上げがうどん、というボリュームの多さです。さすがに専門の調理人は違います。