鑓温泉(2003.9.26) 

秋晴れの中、仲間を誘って温泉に出かけました。このところの冷え込みで体調不良、腸炎をおこして先日医者で薬を出してもらったばかりです。下痢がなおらなければ危ないなーなどと考えつつも出発しました。インターネットで事前に調べたところ、温泉小屋は9月まで営業しているとのことなので入浴は間違えなし。少々雲はあるものの雨になる心配もなさそうです。

猿倉の駐車場は八割の入り込み、ほとんどは白馬岳への登山のようでした。鑓温泉までの道のりは急な登りもないためハイキング気分。次回も家族で来られるようにGPSでデータを取ることにしました。午前7時猿倉を出発、しばしの林道歩きの後、道は西へ分かれて白樺やブナの林を歩く。道はなだらかな上に洗いだされた石が出ていて非常に歩きやすい。1時間も歩くとトラバース気味に左手に登山道が折れていくのでこの辺で休憩をとるとちょうど良い。次の休憩予定地小日向山付近のコルまでは30分程なので、子供も連れてきている私は気分が楽です。あいにく雲が出てきてしまい、小日向山のコルでは展望が得られませんでしたが、本来ならここから白馬三山が大きく望めるはず、しかし今日は風呂が約束されているので我慢することにする。今年は紅葉があまり良くないようで、色づき始めた木々も黄色より茶色に染まりそうです。次の休憩予定地は杓子沢、ここからやはり1時間の道のりです。アップダウンが少ないので体は楽なのですが、途中左手の杓子沢側に崩落している部分があるので若干の注意は必要になります。杓子沢の雪渓はまだかなり残っていましたが、クレバスができているため安全第一と考え、高巻いて少し遠回りをする。最後のワンピッチは杓子沢添いをトラバースしてからの200メートルの登りです。9月終わりであるのに、トリカブトやクルマユリそしてシナノキンバイ(多分?)の大群落にはびっくりしました。あとはお約束の露天風呂と小宴会を張り、夕方無事下山となりました。