七倉岳〜北葛岳(2003.9.15)

先週、NHKの「小さな旅」という番組を見ていたら船窪小屋が紹介されていました。山小屋には縁遠い私ですが、小屋の主人の人柄など良く伝わる内容でした。そこで今回の日帰り登山は船窪岳へと決定しました。ここは比較的近い場所にあるのにもかかわらず縁遠かったのは、昭文社のエアリアマップに七倉〜船窪小屋まで6時間と記載されている上に、七倉岳、船窪岳ともに地味な山なので登る機会がありませんでした。事前に地形図を研究すると、急な登りは最初の取り付きと中盤の登りの2回あります。登山口からの標高差は約1400メートルなので、1時間に350メートルの高度を稼いだとすれば4時間で到着と踏んで出かけました。

6:10七倉駐車場 - 7:20唐沢のぞき(休憩) - 7:45岩小舎通過 -8:20鼻つき八丁(休憩) -9:00天狗の庭(休憩) -9:37船窪小屋 - 10:00船窪小屋発 - 11:20北葛岳 -12:40船窪小屋着13:10発 - 15:45七倉駐車場 -すずむし荘入浴

装備

ザック50、トレッキングポール、レインウエア、防寒着、救急セット、非常食、弁当及びパン、スケッチブック、デジカメ、GPS

登り初めてから2時間30分は深い樹木で景色が見えない。ことに登りはじめは厳しい斜面が続く。1時間で500メートルのアルバイトは厳しい。高瀬ダムと槍ヶ岳
船窪岳について小屋の主人に伺ったところ、不動岳へ向かう小ピークであり高瀬ダムを見る以外には景色は良くないとのことで目的地を北葛岳に変更。ちなみにエアリアなどの表記は無名ピークの誤りであるとのこと。
七倉岳から北葛岳への縦走路は途中2カ所ほど痩せた尾根がある。
北葛岳への登りで針ノ木岳を写す。