2003年の山旅(立山〜剱岳〜薬師岳〜黒部五郎岳〜新穂高温泉)8/23‾8/30

恒例となりつつある夏の山旅も3回目を迎えます。今年は天候不順が続き梅雨明け以後、あまり晴れの日がないようです。当初は8泊9日の計画をしましたが、後半天候に恵まれないことに加え、デジカメの紛失というアクシデント、そしてなんとなく里心がついてしまったので予定を切り上げての下山となってしまいました。不完全燃焼気味ですが新たな友達と暖かい想い出ができたので今年はこれで良とします。


行動の記録

8/23

(土)

扇沢〜室堂〜浄土山〜立山三山〜別山〜剱沢(テン泊with YUKKY)

朝6時30分扇沢駐車場に到着、すでに駐車場は満車寸前、やっと一台分のスペースを発見。トロリーバスの切符を購入するのにも人の列、観光客まっただ中でザックを持つ身は気が引ける。9時30分室堂に到着しいよいよ登山開始。天気はまずまず、今日の日程は剱沢のキャンプ場までなので浄土山経由で一ノ越へ向かう。ザックの重さは約25キロ、昨年より若干軽いものの体にこたえる。浄土山を過ぎ立山へ続く道はまさに、観光客ルート、ピークハントをするが山頂の神社にお参りするのには、入場料が必要な様子なのでこれはパス。別山を越える頃にはガスも出てきて視界が悪くなる。剱沢のテンバで到着の乾杯して明日の好天を願う。

チャーハンおにぎり一個

とり五目おにぎり二個

ビール、ウイスキー、ウインナーとシシトウ炒めなど

浄土山付近から雄山を写す。

同じく針ノ木岳方面を写す

剱沢キャンプ場にて宴会の準備。シシトウとウインナー炒めをつまみに、ビール、ワイン、ウイスキーなどで乾杯


8/24

(日)

剱沢〜剱岳〜別山乗越〜雷鳥沢(テン泊with YUKKY)

今日のメインは剱岳、朝食もそこそこにサブザックで出かける。空身状態なので足は軽く、一服剱〜前剱へと歩みを進める。残念ながらこのあたりからガスが出始め、剱の山頂は視界が利かない。取り付きのペンキを見落としガラガラの尾根を登るが、何とか正規ルートと合流する。帰りにはカニの横這いで不注意から足を滑らしヒヤリとする。テンバに戻ると剱は見事な容姿を見せる。山頂からの展望は次回のお楽しみとする。テントを撤収し本日のキャンプ地の雷鳥沢へ向かう。ミクリガ池付近は相変わらずの観光地なので観光気分で温泉に入り生ビールで乾杯。その後テントで酒宴を張る。今日は緊張感に欠けデジカメを紛失する。仕方がないので使い捨てカメラを買って以後の旅に備えるが楽しみが半減してしまった。(親切な方が拾って自宅へ送ってくれました。)

ホットレモンと梅おにぎり

コロッケパン

ビール、ワイン、ウイスキーとつまみで一杯

剣岳登山途中で。視界はあまり良くない

剱沢のテンバに戻った途端、剱岳が顔を出す。こんなことはよくあることだ

-


8/25

(月)

雷鳥沢〜一ノ越〜獅子岳〜五色ヶ原〜越中沢岳〜スゴ乗越(テン泊単独)

目が覚めると雷鳥沢はガスの中、天気が良いのかどうかもわからないままに、YUKKYと別れてて一ノ越へ向かう。今日のコースは昨年歩いているため心配は無いが何しろ行程が長い。幸い竜王岳を過ぎる頃から天気が良くなり、以後暑いくらいである。天気が悪ければ五色ヶ原泊まりも考えるところだが、スゴまで向かう。越中沢岳からの下りは相変わらず厳しいが、今年はスゴ乗越小屋まで見通しが利くので張り合いがよい。明日の薬師岳を楽しみにトボトボと歩いた。テンバに到着しテントを張った途端に雷雨となる。結局この雨は明け方まで降り続いたため小屋に逃げ込んだ登山者もいたようだ。

カツ丼(茶碗でドン)

バーム、アミノバイタル、コロッケパン、ウインナーパン、オレンジジュース

ビール、ウイスキー、チンジャオロースー、ワカメスープ

-

越中沢岳と縦走路

-
五色ヶ原

8/26

(火)

スゴ乗越〜北薬師岳〜薬師岳〜薬師峠(テン泊単独)

朝から曇天である。景色も半ば諦めながらの出発となるが北薬師岳を過ぎた頃にはガスも晴れ、薬師岳では見事な展望がひらける。早速写生道具を出して下手なスケッチをし、おまけに有り余る時間を過ごすために山頂でウイスキーをチビチビやりながらゆっくりとした時間をすごすことができる。薬師峠のテンバでは昨年に引き続き冷やし中華をつくった後、持参した文庫本を読みながら体を休めることができた。夜はまた雨になったため明日を心配しながら床につく。

マルちゃん天そばワカメ入り

マドレーヌ

ビール、ウイスキー、冷やし中華

薬師岳

8/27

(水)

薬師峠〜北ノ俣岳〜黒部五郎岳〜三俣(テン泊単独)

明け方まで降っていた雨が5時にやむ。天気予報に反して今日は晴れそうである。今日は北の俣岳から黒部五郎へと向かう。ここの稜線は初めて歩くので楽しみにしていたコースだ。稜線は左後ろに大きく薬師岳、そして左手に赤牛岳、水晶岳と見事な稜線が連なっている。勾配もなだらかで大変良いコースである。ここは家族で歩くのにも良いかもしれない。3年連続の登頂となる黒部五郎岳も天気に恵まれた。本当に相性の良い山である。例年カールコースを通るのだが今年は尾根を歩いてみた。眺めもきれいでどちらも甲乙つけがたい。五郎小舎の前で昨日に引き続き冷やし中華をつくる。なかなか豪華な時間と自己満足する。三俣蓮華のテンバは自分だけの貸し切り、昨年と同様に鷲羽岳が正面に見える一等地でキャンプを張る。火星大接近の日ではあるが、曇っていて見えない。本日も夜から雨になる。

カレーうどん

冷し中華

ビール、ソーセージ、レモンジュース、ビーフジャーキー、鮭缶詰

8/28

(木)

三俣〜双六小屋〜鏡平〜わさび平(テン泊単独)

夜の間中雨が降り続き、今日は晴れそうもない。本来なら高天原までいって泊まり、明日赤牛岳を登る予定であったのだが、天気予報は今週いっぱい晴れそうにないとのこと。なんとなく意気消沈してしまい、テントの中でぐずぐずと過ごす。それでも一瞬の間雨が上がった折りにテントを撤収し三俣山荘へ情報収集にでかける。ザックをデポして高天原方面へ散歩と決定し出かけようとした途端に暴風雨となったため計画を変更して双六小屋へ向かう。巻き道は初めてであったが、とても稜線など歩く気にならない。双六小屋で天気予報を見た途端に完璧にめげてしまう。槍に登ってから帰ろうと思ったのに・・・。今夜はわさび平のテンバで泊まって明日下山と決め、降りしきる雨の中をトボトボと下る。

わさび平でテントを張ったあと、キャンプの申し込みを行ったところ、東京からの若いカップル、そして小屋のスタッフと意気投合。しばしの歓談をしたあと、名残惜しいため小屋での食事を依頼したところ、親切な小屋長さんやスタッフのみなさんからお誘いいただき、スタッフと一緒に賄食をよばれてしまいました。なんとお風呂にもいれていただき、宴会にもお招きいただき感激しました。(下山してよかったーと思える時間でした。)

カレーピラフ、ワカメスープ

ビール、ソーセージなど

わさび平小屋でスタッフの賄いご飯を呼ばれる

黒部乗越から鷲羽岳


8/29

(金)

わさび平〜新穂高温泉

わさび平小屋厨房にてスタッフのみなさんに賄食をごちそうになる。

テン泊なのに申し訳ないです。

昨日のお礼を言いに朝、小屋へ出かけたところ、またしても朝食をごちそうになってしまいました。本当にありがとうございました。