鑓ヶ岳〜不帰の嶮〜唐松岳(2003.7.4〜7.5)

友人のYUKKYからの誘いもあり、白馬大雪渓経由で白馬三山から唐松岳へ縦走し八方尾根へ下山という計画を立てました。天気が気になるところで、直前まで天気予報とにらめっこです。初日は雨のち曇り、二日目は曇り後晴れとのことで、いそいそと出かけました。男二人では、さぞかし暑苦しいことになるだろうと考え、多少の重さは我慢して四人収容可能のテントを分担して担いだのでした。

猿倉に到着したと同時くらいに雨が降り出す。YUKKYはレインウエアを新調したため、テストを兼ねた鼻歌気分だがこちらはトホホな気持ちでいっぱい。それでも白馬尻山荘を過ぎる頃には雨もあがるが、雲は低くたれ込め嫌な感じである。先月末におきた土石流で、大雪渓は見るも無惨な状態になっている。第2陣に見舞われないように土石流から離れ気味に注意して歩く。岩室小屋を過ぎた頃から強風が吹き下ろし、向かい風と格闘しながら何とか頂上小屋に到着。ガスと強風で視界が良くないため、白馬岳のピークハントはパスして小屋で一時間ほどくつろぐこととなる。稜線の風は相変わらず強いが、気持ちを奮い立たせて出発。丸山を下り、杓子への向かうコルで吹きすさぶ強風の中で作戦会議。杓子のピークハントもパスして巻き道を行くことになる。杓子岳と鑓ヶ岳のコルに出る頃には、風も益々強まり完全に暴風となる。それに加え濃い霧がたたきつけるので目も開けられず息をするにも苦労する。追い風に煽られれば、登り30度の斜面でも足が出るが、下りで押されればどこに体を持って行かれるかわからない。対風姿勢をとりながら歩くも、数回ほど飛ばされかけて尻餅をつき冷や汗をかく。

それでも、鑓ヶ岳のピークを踏み鑓温泉との分岐のコルにたどり着く。実はここがクライマックスで数十メートルを超える強風がうなりをあげていて、全くおさまる様子が見られない。匍匐前進で道標まで移動し、二人して道標にしがみつく。道標にしがみついたままでも体が流され、柱が抜けないことを祈るばかりである。普通に歩けば数分足らずの場所で、30分近く格闘していた様である。視界はほとんど利かない上、地形図も広げられる状況でないため持参したGPSだけが頼りである。(地形図とコンパスを照らしてもこの状況で現在地を特定できるか怪しいものであるが。)

信州側の雪田に入ると、なんとか暴風から逃れられ一安心。ガスの中を10数分で天狗山荘へ到着。ホットウイスキーで体を温め、テントを張るかを検討するも、とても張れる状態でないと諦め小屋泊まりとなる。小屋は二人の貸し切り状態、持参したアルコールで景気をつけるが、外の様子は悪く明日が心配である。

5時に起床し食事をとる。霧雨が若干あるが昨日ほど風が強くないので、予定通り唐松岳へ足を進める。30分ほど歩いた時点で天候の回復を確信し、また安心する。YUKKYはこのあたりから、写真家モードに突入し撮影を始める。天狗の多下りのはじめに、剱岳をバックにブロッケンが見られ大満足。不帰の嶮と唐松岳をピークハントし、唐松の小屋で乾杯をしたのでした。ここからの下りは八方尾根からの登山者で混雑。そういえば昨日の稜線から唐松小屋まで登山者には会わなかったのでした。

(今回のトホホ)

天泊予定でフル装備したのに使用する機会が無かった。重い荷物で不帰は嫌だなー。

少々風をなめてました。夏でも気をつけなければいけません。

天狗の大下りでブロッケン、奥は剱岳

7月4日

6:20 猿倉発

7:15 白馬尻山荘

10:50 白馬頂上小屋

11:45 頂上小屋発

12:53 杓子岳への巻き道分岐

13:10 杓鑓のコル

13:56 鑓ヶ岳ピークハント

14:20 鑓温泉分岐

14:45 天狗山荘

7月5日

6:00 天狗山荘発

6:30 天狗の頭

7:05 天狗の大下り

7:45 天狗の大下り鞍部

8:05 不帰キレット

9:00 不帰一峰

9:15 不帰二峰

9;40 不帰三峰

10:00 唐松岳ピークハント

11:00 唐松山荘

11:50 丸山ケルン

12:30 八方池

13:55 第三ケルン

14:20 八方池山荘

14:35 うさぎ平

(装備など)

テントDUNLOP-VL4

シュラフ

エアーマット

ツエルト

コッフェル

ストーブなど