白馬岳と杓子岳(2003.6)

梅雨入り前に、念願の白馬岳に登ってきました。今回の計画は大雪渓を経由して白馬岳・杓子岳・鑓ヶ岳の白馬三山を縦走する予定でしたが、「鑓付近は踏み跡がほとんどないのでルートファインディングが難しい。」との白馬山荘の小屋番のアドバイスを受けていたことに加え、杓子付近でガスが濃くなってきたので安全のため、あっさりと来た道を帰りました。

大雪渓は白馬尻荘から頂上宿舎付近までべったりと雪がついていたためアイゼンをつけての歩行でしたが、帰りはインチキなグリセードと尻セードで1時間30分ほどで下まで着きました。緩斜面での尻セードで調子に乗りすぎてレインウエアのお尻を破いてしまったことに加え、沢を下りすぎて戻る気にもならずに、大変なヤブコギに苦しめられました。

行程など

4:40 コンビニで買った、ミニ冷やし中華で朝食をとり出発。

5:35 白馬尻山荘通過

5:57 大雪渓下部でアイゼンを装着し一本。

7:20 岩室で一息。(先行する登山者に追いつこうと気合いを入れすぎたので疲れた。)

8:58 白馬岳ピークハント

9:15 頂上宿舎

10:30〜11:00 杓子岳ピークハント。ビールとカップラーメンで昼食。

12:00 頂上宿舎発(インチキなグリセードと尻セードでスキーヤーに混じって雪渓を滑り降りる。)

13:20 調子に乗って沢を下りすぎてヤブコギを強いられる。

13:54 猿倉駐車場着。八方温泉に入って無事帰宅。