雪山入門講習会(2003.2.8~2.11)

日  程

内         容

2月 8日(土)

雪山登山の準備(講義)・食料計画と買い出し・登山用具の貸し出しとパッキング・ビーコンの扱い方

2月 9日(日)

山スキー歩行・地図とルート設定・雪質観察(ハンドテスト・小トレンチ)天幕設営

2月10日(月)

わかん歩行・ラッセル訓練・ビーコンとゾンデ棒による捜索訓練・雪洞構築

2月11日(火)

下山(スキー使用)


雪質観察の研修会

霜ざらめ雪、表面霜、六花状結晶、あられ、濡れざらめ雪が弱層になりやすいとのこと。

弱層が見事に出ていました。

天幕を張り、雪のブロックを切り出して風に備える。

鹿島槍がきれいに見えます。

研修場所は鹿島槍スキー場から入るのですが、尾根が違いますので鹿島槍には上れません。

この尾根は五竜岳の支尾根の小遠見山方面へ続きます。

雪洞を構築するのに3時間、入ってみての快適さにびっくり

食事が宴会へと続き、アルコールがなくなるまで飲み続けるのでした。

二泊分(7人)の酒はウイスキー2.7リットル、ワイン4リットル、日本酒1升。