隠れ家


 

子供たちに子供部屋があっても、私には自分専用の部屋がありません。

このたび、外にある物置(6畳間勉強部屋タイプ、屋根仕様片流れ長尺着色亜鉛鉄板、外壁木片セメント板フレキシブル、基礎コンブロ2段組)の中を片つけて登山用具置き場に変身させました。

愛用の道具に囲まれた秘密基地は、自分専用の宝箱(がらくたか?)です。

隠れ家に住んでみたいのですが、夏は暑くていられない、冬は寒くていられないという欠点もあります。ここにエアコン入れるのは誰も認めてくれそうもないし。

それでも、家族に内緒で買った登山用具は、真っ先にここに運び込まれて開封され、ほとぼりが冷めるまで奥に隠されるのです。

(2003年6月)