燕岳(2002.11.3)

今日はこの記録から  です 

この秋、最後の山は燕岳と決めていましたが、10月末に訪れた寒波により中房温泉も降雪があるとの情報を得ました。この雪により秋山ハイキングという訳にはいかなくなってしまいましたが、同僚の参加希望もありましたので雪上訓練をかねて出かけました。

雪は柔らかく心地よく歩けます。上部はかなり雪が深くなっていましたが、アイゼンは必要なく、ツボ足で歩くことが出来ました。わかんがあればもっと快適だったかもしれません。

下山後中房温泉の、管理人のおじいさんに上の状況を尋ねられましたが、今年の雪は、やはり1ヶ月は早いようです。

7:00

中房温泉発、登山口は5センチ程度の積雪

7:30

第1ベンチ、積雪20センチ(登山道)

8:00

第2ベンチ、積雪30センチ。(登山道)

8:35

第3ベンチ、積雪40センチ以上。(登山道)

9:15

富士見ベンチ、積雪40センチ以上。(登山道)

10:00~11:20

合戦小屋で大休止、下山者数名と登山者数名でにぎわっている。雪が激しくなってきたので、登山をあきらめて引き返す方もちらほら

合戦小屋を過ぎて尾根に取り付くと、道は冬道に変わる。降りつける雪と、横殴りの強い風でホワイトアウトに近い状態が続く。トレースをたどれば膝くらいまでのラッセルで済むが、踏み跡を見失った途端に胸まで潜ってしまう。殊に燕山荘直下の100メートルくらいはトレースが完全に消えており、すぐ目の前に見えた燕山荘をめざしてラッセルする

12:00~12:30

燕山荘で大休止。山頂へはトレースがない上に、飛騨側から吹き付ける雪と風でサングラスをしても目が開けていられない。降り続ける雪は量を増してくるので早々に下山開始を決定。合戦小屋までは稜線をはずさないように注意しながら急いで下りる。

本日の燕山荘の滞在者は14名。合戦小屋までの下山中に10名ほど出会いましたが、30人未満で貸し切り状態でしょう

13:10

合戦小屋で休憩。あとは樹林帯に入るのでゆっくりと休憩。

16:00

中房温泉

18:00

堀金村ホリデー湯にてのんびり

燕山荘玄関

雪かきはしっかりとできていました。このまま下山すると伝えるも、受付のスタッフから「中で暖まっていってください。」との暖かいことばに感謝

合戦小屋

燕山荘は明日で小屋終い。閉まっている合戦小屋もこの2〜3日は好意で戸が開いている。束の間の休憩で疲れをとる