涸沢の紅葉(2002.10.12〜13)

今日はこの記録から  です 

家族で涸沢の紅葉見物となりました。妻の仕事の関係で1泊しかできないため、目的地の選定にあたっては大分悩みました。西穂から焼岳コースなども考えましたが標高の高い場所でのキャンプは寒いことと、西穂の紅葉は綺麗でないとのアドバイスをいただいた結果、横尾でキャンプを張ることにしました。寒さが苦手な妻と娘には小屋泊まりを勧めたのですが、さすがに小屋の混雑には耐えられないとみえて家族全員でのテン泊です。悩みは寒さ対策です。2人分なら手持ちの装備で十分なのですが4人分も秋山装備の持ち合わせはありませんので、とりあえず1組は仲間に借りて残りは夏用のシュラフに軽い毛布を持参するという嵩張る装備になってしまいました。重くはないものの4年生の息子も50リットルのザックを背負うという、物々しいイデタチとなりました。

私も横尾に泊まるという気軽さからビール6本、ウイスキーなど詰め込みハイキング気分で出発しました。肝心の紅葉ですが、少し遅かったようでナナカマドの葉も大分落ちていました。真っ青な空と満天の星に恵まれたことは幸いでした。

紅葉が綺麗だったのは涸沢ヒュッテの手前でした。右の写真は涸沢ヒュッテ。涸沢のテンバ付近は色が褪せてきていました。(少し残念

(行動の記録)

10/12(土)4:15 自宅発 - 5:10 沢渡駐車場 - (バス) - 6:00 上高地着 - 6:15 上高地発 - 7:10 明神 - 8:10 徳沢 - 9:10 横尾 (キャンプ設営デポして) - 9:50 横尾発 - 10:50〜11:10 本谷橋 - 12:20 涸沢ヒュッテ着(昼食と散策) - 14:30 涸沢ヒュッテ発 - 16:50 横尾着

10/13(日)7:10 横尾発 - 10:30 上高地着 - 11:20 沢渡駐車場 - 12:15 せせらぎの湯入浴

(食事の記録)

 単独で行動する場合は夜以外は行動食になるのですが、子供が一緒だと3食しっかり食べさせるようにしています。こどもはエネルギーが切れると本当に動けなくなりますから。

10/12(朝食)持参したおにぎりとおかずを広げて上高地で食事。寒いのでガタガタふるえながらさっさと食べる。

10/12(昼食)途中パンなどの行動食で補給しながらも昼の時間帯には涸沢ヒュッテに到着。子供達の希望でインスタントの天ぷらそばをつくる。涸沢ヒュッテ名物のおでんに対抗するため荷揚げした紀文のおでんセットをつまみにして、これまたかつぎ上げたビールで乾杯する。

10/12(夕食)夕方も寒くなかったので、横尾山荘前のテーブルで店を広げる。メニューは揚玉入りきつねうどんと、キャンプ定番になりつつあるマーボ春雨とコンビーフの野菜炒め。(マーボ春雨の余った汁にうどんを入れて煮込んだらつまみにgoodでした。)

10/13(朝食)持参したご飯と玉子で雑炊。

(本当の話と聞いた話)

涸沢ヒュッテから横尾山荘までの下山中に、子供と一緒にすれ違った登山者の数を数えました。数は554人午後2時30分から2時間少々の間にです。そういえば涸沢に向かうときも渋滞していたのを思い出しました。この遅い時間でこれですから小屋の混雑は相当だったでしょう。

翌日は逃げ帰るように下山したため渋滞には巻き込まれませんでしたが、聞いた話では上高地のバスターミナルに並んでから沢渡の駐車場を出るまでに5時間かかったそうです。今回は明神から木道を通って帰りましたが、カンコーな方の多さにびっくりしました。河童橋は人で溢れんばかりです。記念写真をたくさん撮ってらっしゃいますが何を写したいんでしょうか。