緊急と救急

日本赤十字社救急法救急員認定証

2泊3日の缶詰講習を受講して資格を取得。山に多く入る人は心肺蘇生法とか応急手当などは知っておいたほうが良いかもしれません。
でも、三角巾を使った応急手当よりもテーピングの方が手軽で確実なような気もします。日赤も旧態依然としたやり方を見直す時期かも。

 

ピンチパック(約800グラム)

日帰りでも持参するピンチパックの中身

針金・プライヤー付ミニ工具・医薬品・テーピングテープ・ヘッドライト・予備電池・ロールペーパー・人工呼吸用マウスピース・ナイフ・ろうそく・ライター・はさみ・針と糸・ホイッスル・ハッカ油・耳栓・糸楊枝・スポンジ・筆記用具・絆創膏・遭難者カード

 

ツェルト

8ミリの細引きと、沢筋で拾った棒で張ってみました。トレッキングポールは、あまり使わない方なので、のこぎりを持参した方が良いかもしれません。

 

エマージェンシーシェルター

吹きさらしで被っていたら、暗くてブルーな気分になってしまいました。

入り口が無いので、下からもぐりこむタイプです。

 

 

 

救急セット

日赤救急員資格取得講座での教材です。実は実際に泡を吹いて倒れている人を人工呼吸する勇気が少し足りません。同梱のマウスピースがあれば抵抗が少し少なくなると思います。現場では三角巾よりもテーピングといったところでしょうか。こんなことを言えば指導員の先生にしかられてしまいます。

 

無線機

緊急用にアマチュア無線をSEN先輩からいただきました。

無免許なので通常使うことは許されませんが、単独行で雪のあるところはお守りがわりに持っていくことにします。