山スキー
ワンデーで山スキーを行う機会が増えました。やはり雪崩は怖いのですが、雪山をサクサクと登れる山スキーは大変魅力的です。日帰り用の装備はスキー用品は別として、アバランチビーコン、アバランチプローブ、スノーシャベル、ザック32リットル、ピンチパック(ヘッデン、予備電池、救急薬品、ワイヤー、ワイヤーカッター、テーピング、救急小物、レスキューシート、メタ、シェラカップ)、ツェルト、テルモス、行動食、非常食、替手袋、軽量ダウンパーカー、細引き10m、スリング2本、デイジーチェーン、カラビナ数枚を用意しています。


   
   

オスプレーコード32(2014.1.4)

長く使ってきたあまり使いやすいとは言えないスイッチに変えてコード32を購入。従来のザックは生地も弱くザックに中にアクセスしにくかったが今回はどうだろう。スコップやシールを格納する部分は若干良くなったかもしれない。


オスプレースウィッチ36

バックカントリーに特化したザック。今シーズンも、毎週ワンデーの山スキーに出かけていることから、より使いやすいザックを求めて購入。

(2007.3.9)


ブラックダイヤモンド レイブンプロ

長さ50cm、重量360gという軽量モデルを調達。さすがにKajitaxのピッケルでは長すぎて取り回しが悪かったためバックカントリー用に手に入れた。ヘッドが細くてホールドが少し悪そうだが軽量化のためには仕方がない。状況によればグリップにロープスリングを巻いて使っても良いかもしれない。

(2007.1.9)


PRO-TEC B2 

耳あてが着脱できるタイプなので平日は通勤用に、そして冬は山スキーに使用するつもりで購入しました。

購入してから気がついたのですがAUDIO FORCEというタイプで耳あてがスピーカーになっていました。トクした気分。

(2006.10.15)

 


(2007.5.14)

DYNAFIT ディナフィットMustagh Ata ムスターグアタ169cm(116-86-109/1255g)

DynafitのスピードチャレンジはこのMustaghAtaから始まりました。
このワイド88mmのスキーで通常3日のアタック行程を9時間で登り1時間で滑降してベースに戻る。
まさにスキーツーリングの歴史を変える事になったスキーです。

 

ロシニョールバンディットB3がそろそろ退役に近くなってきたのでオールラウンドモデルとして購入。そして金具はディナフィット ツアービンディング TLT SPEED TURN バックカントリー

(2015.1.31)


ブラックダイヤモンド エレメント(2014.1.17)
165cm(139-115-123) R20m 3.8kg
今シーズン用に新調したブラックダイヤモンドジャスティスだが、テールの表面(滑降面でない部分)が剥がれて浮いてきた。少し長めだったのでジグを切るのが難しくてテールを傷つけたような気もするが結果的には初期不良の板ということで交換になった。ジャスティスはパウダーに特化しておりパウダーには最適だった。7日間無料でレンタルできたと思って感謝することにしよう。

型落ちで同じ板が手に入らない為、エレメントを選んでみた。エレメントは60%パウダーで40%ハードパックの味付だとの事。登りの時の取り回しに懲りたので165cmと10cm短いものを選んだ。浮力を落とさないためセンターは4mm太くした。色のオシャレな女性用の板にしてみたから取り回しが良いかもしれない。

 

ブラックダイアモンド ジャスティス (2012-13)175cm(138-111-123/R31m/1740g)ロッカートップとセミロッカーテール

80%ソフトスノー/20%ハードスノーの設定だとか アセンションのシールは秋に入荷だが来シーズンの為に購入(2013.6.15)


ロシニョールバンディットB3 168cm(120-83-110 mm )来年のパウダー用にTLT VerticalとスカルパF1とセットで購入。ファット板は初めての経験だが楽しみ。使用予定は2008シーズンから(2007.5.12)



K2 SHUKSAN パウダースノー用として調達167cm(114-78-105 mm )(2005.12.24)
少し柔らかめの板である。デイアミールフリーライドとのコンビで厳冬期活躍したが、残雪期用に方向転換を検討中(2007.5.12)



Dynastarの150cmモデル、パウダーで使ったらラッセルで沈んでしまうので、SHUKSANを調達。今後春スキー用の板になります。(2005.12..20)



ブラックダイヤモンドカーボンポール(2006.1.5)

スキーに合わせて調達し直しました。今まではお下がりのポールを使っていましたが少し重いので軽量のものにしてみました。長さは100〜125cmまで2本で590gです。

 

ゴールデンウイーク中、ピッケルに持ち替えてザックに取り付けたつもりが、グリップ部分を1本紛失。同じカーボンポールの145cmを再度調達。短いグリップは残雪期用に、そして長いグリップは大きいバスケットをつけてパウダー用にします。(2007.5.4)


ブラックダイヤモンドアセンションSTSスキン

パフパフを滑るために購入したK2のSHUKSANにあわせて購入しました。スキーへの着脱が楽で良いですね。糊は比較的強いと効いていますがどうでしょうか(2005.12.24)

食いつきが非常によいので、バンディット用に同じものを購入。しかし使うのは2008シーズンから(2007.5.12)


G3コンプリートスキン

春スキーに取り回しが楽な短い板(DYNAFIT150cm)で使用するために購入しました。研究せずに買ってしまったのですが、糊が弱いとのうわさもあります。金具の着脱に少し力が必要です。テールエンドを安定させるために板のテールにグラインダーで溝をつけました。


pomocaクライミングスキン
頂き物で2シーズンほど使いました。10年選手といったシロモノですが、一番安いセットスキーにディアミールをつけて登りました。さすがに巾が狭いのでスキー購入とともにお払い箱になってしまいます。


クトー

ディアミール用のスキーアイゼンだとクライミングサポートを高くした場合に効きが悪いようなので板に直付けするタイプです。現在巾のサイズが違う板を2本使用していますのでアイゼンも2個必要です。トホホ


TLT Vertical

仲間の薦めもあって軽量化された ビンディングを購入、ロシニョールバンディットB3とスカルパF1で2008シーズンから使用の予定。(2007.5.12)


デイアミールエクスプローラー

新雪を滑る板用としてブレーキのついていないものにしました。流れ止めは使い勝手の良かったジルブレッタのものにつけかえました。
難点は、クライミングサポートの穴が大きすぎてテコの原理で上げるのが難しいことです。これはユーザーからクレームがつくような気がしますなあ。 K2SHUKSANとガルモント/Gライト・G-FITとセットで使用(2005.12.24)

 


フリッチディアミールフリーライド

山スキー用の金具をジルブレッタから乗り換えました。スキー板は安物のカービングスキーですが、取り回しの良さに満足しています。(2002シーズン)
春スキーに取り回しが楽な短い板(DYNAFIT150cm)につけかえました。ガルモント/Gライト・G-FITとセットで使用(2005.11初旬)


 

TLT 5 Mountain TF-X Ski Boot(兼用靴)

先日白馬のSE7EN SUMMITSというショップでTLT mountain5を購入した。インナーが薄くなったようであるが、基本的には現在使っているブーツと同じものである。現在のブーツは2012.4.3購入のものであり山スキーでは65日使用している。まだ35日は使えるとみているが、なんと税込20,000円で売られているとの話を聞きつけて早速購入した。定価(希望小売価格)が86,400円ということなので破格のものである。本当に得をした気分である。(2015.1.18)


TLT 5 Mountain TF-X Ski Boot(兼用靴)

片方で1225グラムと更に軽くなりました。靴のベロが取り外し出来るので歩行には非常に楽で、滑降性能も格段にあがっています。定価98000円とお高めですが、ブンリンで68000円でした。(2012.4.3)


スカルパF1(兼用靴)

片方で1300グラムと、さらに軽量化されたブーツ。TLTのビンディングに特化されているので期待します。使用予定は2008シーズンから(2007.5.12)


ガルモント/Gライト・G-FIT(兼用靴)

今までのスカルパティタンが少し重かったのに加えて、息子の足が大きくなってきたので、これを息子に与えることにして、新たに購入しました。片足1600グラムと非常に軽量なので、ラッセルの大きな力になることでしょう。熱成形のインナーブーツの成果はどうか?(2006.1.5)


 

 

スカルパティタン(兼用靴)

昨シーズン、山スキーの板とシールを譲り受けた事に伴い、兼用靴を購入しました。ゲレンデで遊ぶのにもこれを使っています。今シーズン大活躍するでしょう。
ということで何年か使っていました。滑走性能は抜群ですが登りは靴が硬くて大変でした。ということで、この靴はゲレンデスキー専用にします。

 


アバランチプローブ(ブラックダイヤモンド)

雪崩研修では2.4メートルを使用しましたが、短くて使いづらかったため、少し重くなりますが3メートルにしました。こんなもので突っつかれたくないですね。


アバランチビーコン(トラッカー)

実は、ある団体からの借り物を占有しております。雪崩掘り出し訓練においてはかなりの効果がありました。たまに電源を入れるのを忘れてしまうのでこれは気をつけなくてはいけません。返せって言われたくないですねえ、買えば高いから。(笑)


スノーシャベル(サレワ)

ガラクタ市で衝動買い。それでも重量400グラムは山スキーに魅力的です。今までボレーのシャベルを使っていましたがこれは車載工具か冬山登山用にしましょう。(2005.11.11)


スノーソー(ライフリンク)

鋸を持参していましたが、コンプレッションテストには刃渡りの短い鋸では対応しにくいので専用のものを調達しました。刃渡り47cm、重量140gと結構軽いものです。(2006.2.2)


マルチプライヤー(ガーバー)

冬用の装備に入りますが、山スキーの場合いはプライヤーとワイヤーがないと非常に不安です。
シールとかスキー靴のトラブルって意外と多いですもんね。(2006.1.17)