雪山装備


ブラックダイヤモンド レイブンプロ

長さ50cm、重量360gという軽量モデルを調達。さすがにKajitaxのピッケルでは長すぎて取り回しが悪かったためバックカントリー用に手に入れた。グリップが細くてホールドが少し悪そうだが軽量化のためには仕方がない。状況によればグリップにロープスリングを巻いて使っても良いかもしれない。

(2007.1.9)


alperit ルネ ドメゾンモデル

重量は670gで特に重くはないが、ジュラルミンのシャフトは当時コンコルドに使われたものであるとか。

バランスが良くて使い勝手が良い。


雪上訓練で使用した際は、カッコイイ杖を持っているくらいの気分でしたが、カチカチに凍った八ヶ岳を歩いてみて、命綱であることがよくわかりました。これがなければ雪山は歩けません。(kajitax)

 


10本爪アイゼン(シモン)

コパの無い登山靴用のベルトで締めるタイプのアイゼンです。ワンタッチアイゼンより手間がかかりますが安心感はあります。


12本爪のワンタッチアイゼン(Kajitax)

装着がたいへん簡単に素早くできますので、腐った雪でつけたりはずしたりの煩わしさが半減されます。

ところで夏の雪渓用の6本爪などは、雪山では役に立ちません。

 

 

 



12本爪アルミアイゼン(サレワ)

山スキーを購入したら景品にアルミアイゼンがついてきました。
軽いからバックカントリーに良いかも。スキー靴専用にしましょう。(2005.11)


アウターとゴアテックスそしてフリースの3層からなる雪山用のグローブです。

これをつけたままアイゼンを装着が出来ると1人前だそうです。私もトライしてみましたが日が暮れてしまいます。


モンベル ゾウ足


ゴアテックスのマウンテンアノラック。さかいやスポーツのバーゲンで見つけました。体温調節のために脱いだり着たりする機会が多くなります。

行動中は汗をかいてしまうのでスキーウエアでは代用できません。でもスキーウエアとしても現役で活躍中です。


スノーシュー

TSL217アドベンチャーにオプションのアルミ製軽アイゼンを装着しました。

現地での取り回しを優先するため、ワンタッチ式のものにしました。

その後の感想
ほとんど使用する機会がないですなあ
(2006.2.2)


わかん

スノーシューよりは軽いけど浮力が落ちます。アイゼンと同時装着できるのがメリットか。








スノーソー(ライフリンク)

鋸を持参していましたが、コンプレッションテストには刃渡りの短い鋸では対応しにくいので専用のものを調達しました。刃渡り47cm、重量140gと結構軽いものです。(2006.2.2)


スノースシャベル(ボレー)

いろいろと悩んだ結果、ボレーのアルミスコップにしました。山で氷を削ることは少ないだろうとの予測と車載用としても手頃な大きさからです。重さは750グラム程度です。

スノーソーの替わりはのこぎりです。雪洞を作るのに便利なので、できるだけ持参するようにします。



スノーシャベル(サレワ)

ガラクタ市で衝動買い。それでも重量400グラムは山スキーに魅力的。
(2005.11.11)


アバランチビーコン(トラッカー)

実は、ある団体からの借り物を占有しております。雪崩掘り出し訓練においてはかなりの効果がありました。


ゾンデ棒(ブラックダイヤモンド)

研修会では2.4メートルを使用しましたが、短くて使いづらかったため、少し重くなりますが3メートルにしました。こんなもので突っつかれたくないですね。


フリッチディアミールフリーライド

山スキー用の金具をジルブレッタから乗り換えました。スキー板は安物のカービングスキーですが、取り回しの良さに満足しています。



スキーアイゼン

ディアミールフリーライド用のスキーアイゼンだとクライミングサポートを高くした場合に効きが悪いようなので板に直付けするタイプです。


シール

二つ折りにして使っていたのですが、先日山岳総合センターの所長さんに、三つ折りのほうが使いやすいと指導をいただきました。


今シーズンセットスキーから卒業して山板を調達しました。150cmの軽いやつです。短すぎるかな?とりあえず3月以降の雪で使用する予定(2005.11)



SHUKSAN(2005.12.24)
これはパウダースノー用の167cm

デイアミールエクスプローラー(2005.12.24)
新雪を基本としているのでストッパーのついていないものにしました。流れ止めは使い勝手の良かったジルブレッタのものにつけかえました。
難点は、クライミングサポートの穴が大きすぎてテコの原理で上げるのが難しいことです。