西穂高岳〜奥穂高岳縦走2002.9.21〜9.22)

上高地〜西穂高岳〜奥穂高岳〜岳沢〜上高地

今日はこの記録から  です

 憧れの縦走路を歩く機会が訪れました。この稜線は初めてのため単独で歩くことを躊躇していたおり、師匠が同伴してくれることになりました。1泊2日の山歩きなので、ガイドブックで研究したところ、奥穂から西穂の方が歩きやすいとのことでした。従って当初予定は上高地〜岳沢〜穂高岳山荘(泊)2日目に奥穂高岳〜西穂高岳〜上高地と決めました。ところが事前の天気予報では2日目が良くないようです。雨でも降ればあきらめとなってしまいますので、急遽予定を変更し逆コースにしました。いつもは大きいザックに荷物を満載して飲みに行くようなものですが、今回だけは安全第一とばかりに、荷揚げする酒の量を減らしました。一般的には西穂山荘からが縦走の起点となりますが、上高地を出発できるのは朝の6時ですから、気合いを入れて歩かなければ奥穂へ着く頃には暗くなってしまいます。その上、西穂までの3時間の登りが体に負担をかけるのではないかと思いヒヤヒヤものでした。さすがにこの稜線を歩き出すと緊張の連続で「疲れた」などと言っていられる状態ではなく、危険地帯を早く通過したくて気が焦ります。過ぎてみれば総行程8時間30分ほど、実際歩いたのは7時間少々ということでかなりのペースになってしまいました。この凝縮された時間の中で受けた印象は鮮烈でしたので、話の種に1回はと思っていた縦走路も病みつきになりそうです

西穂高岳〜奥穂高岳縦走路の概念図及び行程結果(難所メモ)

上高地帝国ホテル脇から入山して西穂の小屋を目指す

8:27 独標手前から小屋を振り返る。大きく見えるのは焼岳

8:37  独標手前から。右が独標、中央がピラミッドピーク、西穂高岳はまだ見えてこない。このあたりまでは、ハイキング気分だが独標を過ぎると岩稜帯が始まる。

10:03  西穂を出て13分後、次のピーク赤岩岳で西穂を振り返る。西穂の下りは信州側への長い鎖から始まる。

10:03 同じく正面に目を向ける。目指す難所は間ノ岳。小ピークを3つほど越えながら下ってゆく。最後の下りは道が不明瞭だが道は飛騨側についていた。下りのためか、浮き石が心配。

10:34 間ノ岳への飛騨側からの登り、人が多いと落石も心配だが幸い前方に登山者は無し。ここを乗り越えて信州側に出ると、逆層の岩場を歩いて山頂に出る。奥穂からの縦走だと道に迷いやすい場所だろう。まず稜線を忠実に辿った後に信州側へ下ってから飛騨側へ回り込む。

11:09 間ノ岳から天狗のコルへ下る途中で天狗岳と槍ヶ岳を撮影。間ノ岳山頂で、対向する登山者と情報交換。間ノ岳逆層スラブの下りでペンキ印を見失ったためスラブにかかる長い鎖を見つけられずに怖い思いをしたとのこと。ペンキ印を見落とさないようにとのアドバイスあり

11:15  間天のコル付近でこれから登る天狗岳の逆層スラブを見上げる。長い鎖は飛騨側につけられていた。勾配は45度以上はあるかもしれないが、登りで靴のフリクションも効くので問題無し。さっさと登る。鎖の取り付けはペンキ印はあったものの色あせており、見つけるのに苦労するかもしれない。特に下りは濡れていれば絶対歩きたくない場所だと思う。

11:26  天狗岳山頂付近から間ノ岳を振り返る。ここから天狗のコルまで下り、さらに長いコブ尾根の頭までの登りとなる。巻道のない稜線通しの縦走は気分は良いが身体に堪える。

12:02 天狗のコルから、コブ尾根の頭への長い登りを見上げる。足場は良くないものの、とりあえず体力勝負で詰めれば問題なし。信州側で足下が切れているところがあったような気がするが・・・。疲れが出てきていたせいか思い出せません。

11:58 真下が天狗のコル。鎖は2本かけられており写っているのは1本目の鎖。これは特に問題ないが、2本目の鎖場はオーバーハングの上、アンカーボルトが1本抜けていて視覚的にも怖い。足下にピンが打っあるがもちろん下りでは何も見えない。

12:45  コブ尾根の頭直前の岩場のツメ。ここを過ぎるとコブ尾根の頭はすぐそこ。コブ尾根の頭はゆったりとした広場で、左手目の前にジャンダルム(こちらから見ると間抜けな岩山)奥穂高岳手前にロバの耳が見える。

12:47 コブ尾根の頭到着。ロバの耳越しに奥穂高岳。ザックをデポしてジャンへ往復する。飛騨側から登れば問題なし。岳沢から天狗のコルに詰めて来られた穂高大好きの若大将itaさんと出会いしばしの歓談。コブ尾根の頭からの縦走路はジャンの信州側をトラバースする。鎖はついているものの足下が切れ落ちているので嫌な気分。今回はロバの耳へは行かずに飛騨側を巻いてロバの耳のコルに降りる。

13:36 ロバの耳のコルからジャンダルム。こちらからの景色はさすがの迫力です。最後の難所といわれる。馬の背。確かに痩せており両サイドが切れ落ちているため怖いのですが、岩はかなりしっかりしているので通過するには問題がないと思います。奥穂から下るのは少し感じ悪いですね。