ストーブ

キャンプの楽しみは何と言っても焚き火です。国立公園内で直火を使うわけに行きませんからストーブの出番となります。最近はガスコンロしか使っていません


最近友人から借りた雑誌「岳人」1976年4月号に宣伝が出ているのを見つけて非常に懐かしい気分になりました。(2006.6.9)


20年近く前にワケアリで手に入れたマナスルというメーカーの石油ストーブです。名品オプティマスをまねて作ったニッポンの名品でしょう。会社はつぶれたようですが、先日登山用品店で中古品を結構な値段で売っているのを見かけました。ゼリー状の燃料でプレヒートしてから、「わっせわっせ」とポンピングするのですが、プレヒートはいつもロールペーパーに石油をしみこませて煙もくもくの状態であったのが思い出されます。(2002夏記)


これも国産の無名メーカーのストーブです。やはり会社がつぶれてしまったので、純正のカートリッジは手に入りません。幸い他のメーカーでも使えるようですので適当にやっています。(2002夏記)


コッヘルの中に収納できる軽量型のストーブで、単独山行やハイキングには常に携帯しています。火力も結構強いので気に入っています。


先日衝動買い的に購入したストーブです。ゴトクが大きくて安定しているので、家族で出かけるときや、大勢で出かけるときに重宝しそうです。


2005.5.18 つめかえくん

これは文句なく良いです。使いかけのガスカートリッジを1本にまとめる道具です。おまけに家庭用ボンベが使えるアタッチメントまで付いているので、安いボンベもそのまま使えます。これなら2種類のガスを持参して状況に応じて使い分けできます。

 



携帯用メタ

本格的に使うのは厳しいけど、日帰りスキーツアーのお守り代わりにはなりますね。お湯くらいはつくれるし、軽いし安い(2005.11)


先日蝶ヶ岳・常念岳と縦走した際知り合った方から、自作したアルコールバーナーを見せていただいた。それは「ウコンの力」という栄養ドリンクの缶を利用したもので、極省バーナーともいえる。、見た目の安定が悪そうなので、缶ビールなどのアルミ缶を利用してのバーナーと合わせて2種類の4個を制作してみた。(2008.9.20)