リュックサック

登山用品店でザックをながめていると、様々な機能のついたものが出回っているので、ついつい欲しくなってしまいます。買わずに我慢してはいますが。現在私が使っているものは、テント泊縦走用がが75リットル〜の1室。日帰りや小屋泊まり用が50リットルの2室に分かれたものを使っており結構満足しています。リュックサックの中が1室か2室かの議論は色々とあるようですが、私の体力から考えると長期縦走の場合は背負える荷物が27キログラムが限界と言ったところなので、飾りの少ないザックで軽量化に努めているのです。長期山行の場合荷物を濡らすのはとても辛いのでジッパーなどが少ない型は雨にも強いです。これに対して日帰りや小屋泊まりの場合は荷物の大きさに神経質になる必要がないので2室のザックに適当に詰め込んで終わりです。確かにパッキングはしやすいです。


オスプレーコード32(2014.1.4)


長く使ってきたあまり使いやすいとは言えないスイッチに変えてコード32を購入。従来のザックは生地も弱くザックに中にアクセスしにくかったが今回はどうだろう。スコップやシールを格納する部分は若干良くなったかもしれない。

オスプレースウィッチ36

山スキーに特化したザック。ワンデーで行動するパターンが増えたので調達。バシバシと使い込む予定。(2007.3.8購入)

ラフマのアタックザック32L。サブザックとして物々交換でお嫁にもらいました。ギアラックがついていたり、スキーを専用に取り付けるアタッチメントがあったりで今後大活躍しそうな予感です。(2005.11.4更新)

頂いたラフマのザックは、背面長が短くて背負いにくかったため、旧主人に返却を予定。(2007.3.9)

ミレーという名前にあこがれて学生時代に購入したザックです。容量が35リットル位でしょうか。パッキングが下手なのでこのごろ使わなくなってしまいました。家族で出かけるときに子供が使います。(園Gのところへお婿に出しました。クライミングの荷揚げ専用として使われていることでしょう。2005.7.31更新)

やはりミレーのアタックザック。50リットル2室構造になっています。筒がほっそりしているので、とても50リットルが入るとは思いませんがそのように表示されています。背負いやすいので日帰り登山にもハイキングにも大活躍しています。

これもミレーです。容量は65リットル1室です。縦走の場合は気合いを入れたパッキングになりますので、中が分かれていないほうが使いやすいと思っています。実際次のテンバまでの移動に必要なものの殆どは、雨蓋に入ってしまいます。

2003夏山シーズンに80〜100リットル対応のザック(ICIバフィン)を購入しました。子供たちも大きくなってきたので他のザックをあてがい、長期縦走と冬山登山に耐えられる容量にしました。重量も2.5キロと軽量です。1室ですが正面縦にジッパーが入っているため底の物も何とか取り出せます。

グレゴリーのサブザックです。魅力はなんといっても軽いこと。日頃は弁当を入れて通勤に使っています。

コレクションみたいになってしまいましたが、青いザック以外は現役です。