登山靴

アプローチシューズ

ガラクタ市で手に入れたミレーのアプローチシューズです。
使い勝手はどうか?(2005.11.11)

トレッキングシューズ

ダナーのトレッキングシューズは、ハイキングや日帰り登山によく使いました。靴底がすり減ってしまえば終わりですので、あと1年程度の命かもしれません。

(お釈迦になりました。2001夏)

トレイルランニングシューズ

トレイルランもやりたいんですけど、アプローチシューズに使用しています。これで大キレット行きましたが登山靴よりフリクションが良いかも

これで北鎌尾根登りましたが、岩につま先をぶつけるなどしてさすがに不安でした。現在は通勤用に変わっています。(2005.11.14)

トレッキングシューズ

何年かぶりに買い変えました。この靴でこの秋の剱岳と槍ヶ岳北鎌尾根を軽快に歩きたいと思います。アイゼンつくかな?(2004.夏の終わりに)

重登山靴

地元の靴屋さんにオーダーしたものです。靴屋ののおじいさんは、第1次南極越冬隊員の靴を作った職人さんです。足に合わせて作ってもらっても、長旅を繰り返すとあたる場所が出てきます。その度に持ち込んで微調整をお願いしています。使い方が激しかったためか、2年でビブラムソールを張り替えに出し、ついでにつま先の部分を若干広げていただきました。靴も履くごとに、そして靴屋さんに持ち込むごとに履きやすくなってくる気がします。(2000冬)

【ところで歩いている間中気になっていたことであるが、靴の調子が非常に悪い。登りでは踵に靴擦れ、下りではつま先の指を突いて痛い。(よく考えるまでも無く、この靴を履くといつも同じである。履き続けていれば足に合うかと思って頑張ってきたが全くの誤算が長いこと続いた。)つま先の痛さに苦しみながらあぶら汗を流しての下山となってしまった。これがペース配分を狂わせた大きな原因だろう。この靴は数年前にオーダーで作ったものであるが未だに不調である。最初は良いような気がしていたが我慢の限界である。いろいろ試したが埒があかない。先日友人につくってもらった靴パットも効き目が無かった。最初に私が絶賛した靴屋は名職人どころかとんでもないヘッポコだ。靴の型取りで既に大きさが違っていたんだろう。帰宅後すぐに処刑してやった。】 (2006.9.25訂正して追記)

 

重登山靴(夏靴)

夏山の縦走用にグローネルの靴です。皮が柔らかめではきやすい感じです。(2004夏)

 

重登山靴

いただきものです。日本人の足形には合いにくいようで巾が狭くなっています。私の足巾にはちょうど良いのですが、つま先が2センチくらいあいています。ワンタッチアイゼンにも十分対応していますので冬靴として使おうかと思っています。

(足幅があわずに使用を断念して、友人に贈呈してしまいました。2003春)

コフラック プラ靴

雪の中を歩き回る機会が増えたので、思い切って購入しました。最近は流行らないのですが、足にフィットしたのでこれにしました。アイゼンとスノーシューなど併用する場合には、ワンタッチ式でないと現場で手間がかかって大変です。

(2002シーズン購入)

 

スカルパティタン(兼用靴)

昨シーズン、山スキーの板とシールを譲り受けた事に伴い、兼用靴を購入しました。ゲレンデで遊ぶのにもこれを使っています。今シーズン大活躍するでしょう。

ガルモント/メガライドG-FIT(兼用靴)

今までのスカルパティタンが少し重かったのに加えて、息子の足が大きくなってきたので、これを息子に与えることにして、新たに購入しました。片足1600グラムと非常に軽量なので、ラッセルの大きな力になることでしょう。熱成形のインナーブーツの成果はどうか?(2006.1.5)

スカルパF1プラスフィット

TLTを使用するための兼用靴。靴1足で1300グラムでガルモントより更に軽くなった。ビンディングが1キロほど軽いから来シーズンのラッセルが楽しみ。

(2007.5.22)