有明山(2002.9.8)

今日はこの記録から  です 

予定が空いたため、どこか登りたいと考えていたおり、有明山登山の計画を聞いて仲間に入れてもらいました。燕岳までは何回となく足を運んでいるものの、なかなか登る機会に恵まれませんでしたが、富士山に似た前衛の独立峰であるこの山はひときわ目立ちます。(尾根は餓鬼岳へと続くので独立峰ではありませんが、安曇野からは独立峰に見えます。)エアリアマップのコースタイムは5時間程度ですが、地形図から見る高度差は1000メートル弱なので、およそ3時間と踏んでいました。登山口は最初の5分程度は緩やかでかつ、整備もされていましたが、その後は、人の入りも少ないらしく荒れた場所も目立ちました。最後まで続く急斜面は、トラロープなども沢山かけられていましたが、結構なアルバイトを強いられます。あいにくの曇りとガスで視界は利きませんでしたが、山頂は平らな部分もあり、晴れていれば結構な見晴らしだと思えました。帰りは同じコースを往復して車を馬羅尾キャンプ場まで回してくれる組と、馬羅尾キャンプ場まで縦走する組に分かれました。幸いにも私は縦走組になりました。馬羅尾までの道は、中房コースより緩やかでかつ整備されているものの、熊笹が生い茂り、登山道を隠すほどです。沢まで下っての不動滝は今回の旅での、数少ない景勝のひとつでした。沢沿いを歩くコースは、一部ペンキ印も途絶えますので、地形図を見てのコース取りは正解でした。有明山は北アルプスの中で、もっとも静かで、整備されていない荘厳な山という印象を受けました。

6:35

有明荘裏登山口出発。10分ほど、きれいに刈り取られた熊笹の中を歩く

6:55

三段の滝方面分岐の標識、ここを過ぎて10分ほどで旧坂が始まり、至る所にロープがつけられている

7:15

中房方面の谷を見下ろして休憩。登った時間が短い割には高度を稼いでいる。

7:55

シャクナゲの大群落の中をひたすら登り続ける。過ぎると熊笹に隠れて登山道がわかりにくい、道を間違えてヤブコギとなる

8:00~8:15

大休止

9:00

向かって右側が崖となっており、随所に張られたロープを頼りにトラバース

9:25

やっとの事で尾根に乗る。

9:40~12:00

 ガスの晴れ間を待ちながらピークでくつろぐ。少々のウイスキーにキムチ汁、韓国風雑炊などで小宴会を張る。残念ながら晴れるどころか、雨が落ちてくる。

12:00

チームを2つに分けて下山開始、私は馬羅尾方面に下山

12:45

祠が至る所に祀られている。信仰の山であることは間違いない

13:15

有明表参道方面との分岐

13:40

荒れた登山道。笹藪が張り出しており、足下が見えない上によく滑る

14:20

不動滝で休憩。今回初めての良い景色

15:40

夕立に祟られ傘を差して堰堤着、中房へ降りた仲間が自動車で待っていてくれる

16:30

穂高温泉しゃくなげ荘で汗を流す