北アルプス縦走(2002.8.21〜8.28)

2002山旅の記録

はじめに

昨年の今頃、裏銀座経由で雲の平、黒部五郎岳から笠ケ岳までテントを背負って旅をしました。思えば、これが本格的なひとり旅の始まりですが、その時眺めた「薬師岳」と「赤牛岳」の大きさが目に焼き付いて離れない。今年はこの、2峰のピークハントをメインにすえて、雲の平と高天原温泉でのんびりしようと計画を立てました。しかし、天候の関係で小屋泊まりを1泊入れたことにより日程に余裕ができて、またしても黒部五郎岳と笠ケ岳まで足を延ばすことになってしまいました。雲の平に3泊を予定していたのは何だったのでしょうか。この楽しみは来年のお楽しみにしましょう。もっともゆっくりできない性分でしょうか。


2002.8.21(水)  

扇沢〜室堂〜雷鳥平キャンプ場

当初の計画では、22日の朝に室堂へ入る予定でしたが、職場や家族の理解が得られたことから午後からの入山となりました。当初予定していた食糧計画などは若干変更になりますが、うれしい誤算です。妻に送ってもらい扇沢までいそいそと出かけたのでした。扇沢に向かう途中の最後のコンビニで、おにぎりを買おうと入ったところ、なんと売り切れでひとつもありません。まさか・・・愕然としつつも行動食のパンを5個とついでに薫製玉子とチーズそしてなんと500のビール1本と350の発泡酒2本を仕入れて車に乗り込んだのでした。家を出る時点で荷物の重量は25キロです。まだ給水はしていませんから、荷物の重さがちょっと(本当はかなり)心配です。もっとも今日はロープウエイなどを乗り継ぐだけなので問題は無いのですが。

ロープウエイに乗る頃にはあたり一面のガス登山者は私ひとりだけ。私は移動するだけなので良いのですが、観光な方たちはかなり残念そう。余談ですが、ロープウエイは10キロ以上の手荷物1個につき400円かかります。例えば200キロ以上のコニシキがひとりで乗るのよりも、60キロの私が25キロの荷物を持った方が400円も高いとは。まあセコイ話はこの位で。室堂は初めてなのですが、待ち時間の暇つぶしに売店を物色していると、おにぎり位の大きさの鱒寿司(200円)を発見しました。おにぎりを買えなかった私は、早速2個仕入れました。なんとこれが日持ちも良くなかなかのヒットです。この次も買うことにしましょう。

今日の宿は雷鳥平のキャンプ場。テンバには水がないと聞いていたので、室堂の水場で3.5リットルの給水。手に提げて1時間ほどで本日の宿に到着となりました。(手に持つ水は重かった。)テントを張って一休みするが、今日はやけに気温も低い。あまり飲む気もしないが、ビールの重さは明日堪えるので2本を無理矢理飲み干して床についたのでした。(別に持ってきたウイスキー1.5リットルは、一口含んだだけで明日以後に温存。)

15:00(扇沢)- 15:25(黒部ダム) - 16:15(黒部平)- 16:55(ミクリガ池 石畳歩き) - 17:15(雷鳥平キャンプ場) - 18:15(テントでくつろぐ)

黒部ダムは放水中
室堂平は到着時間が遅かったので観光客はあまりいない
ミクリガ池周辺は温泉がわき出ているので、もっと早い時間に着けばゆっくりしたい。隣のテントの人達は温泉に入っていたようでした。 雷鳥平キャンプ場のトイレは水洗でロールペーパーまで備え付けてある。30張ほどテントがあったが、殆どは剱方向へ向かうようでした。

2002.8.22(木) 

雷鳥平キャンプ場〜一の越〜獅子岳〜五色ケ原〜越中沢岳〜スゴノ頭〜スゴキャンプ場

昨晩早く休んだせいか朝早くに目が覚める。(というよりも、寒くて目が覚める)テントから出てみると、足下は霜柱でザクザク。フライシートにはびっしりと霜が張り付いている。今日は行程が長い上に、荷物が満載状態である。早速昨日持参したご飯を、永谷園のちょっと雑炊で煮て生卵を落としての朝食とする。異様に寒いためヘッデンをつけてのテント撤収はとても辛い。4:30一の越山荘方面に向かって沢を歩き出す。標識には「このルートは一般ルートではありません。」と書いてあるが、踏み後がしっかりしているため構わずに歩き出す。心の中では「ここは観光地だから、石畳以外はこんな事が書いてあるんだ。」と思いつつ。15分ほど歩くと大きな沢の登りになる。うっすらと夜が明ける感じなので、念の為地形図にコンパスを当ててみると、何と立山に向かって一直線に沢に登って行くではないか。これはいかんと、軌道修正するも既に20分ほどロスしてしまう。踏み後が消えた時点でコンパスを当てておけば良かったと後悔する。6:00一の越山荘に到着。今日は晴れており山荘の前から見る、針ノ木岳〜槍ヶ岳〜五色ケ原〜笠ケ岳の展望は素晴らしい。時間があれば大汝山など登りたいところだが、今日のところは我慢して龍王岳へ向かう。富山大学立山研究所を経てこれからの長い旅となる稜線がはるかに連なっている。竜王岳〜鬼岳〜獅子岳の稜線はお花畑の宝庫ともいえ、ミヤマシャジン・タカネシオガマ・ハクサンイチゲ・シナノキンバイ・ミヤマダイコンソウが至る所に咲き乱れている。ザラ峠を過ぎて9:50に五色ケ原山荘に到着、ここで行程の約半分なので、大休止と決め込みヴァームでアミノ酸を補給する。水はテンバまで下らなければ無い模様。小屋のおじさんに尋ねると、小屋の給水塔からあふれている水を自由に持っていって良いとのことなので、ホッとして冷たい水に入れ替える。思えばここまで登山者に会っていない。夏の北アルプスでこんな事は信じられないのだが。鳶山を過ぎて越中沢乗越からは黒部湖や船窪岳が綺麗に見える。12:30越中沢岳ピークハント。ここで初めて、対校の3人パーティーに出会う。越中沢岳の下りは荷が重いだけに非常に堪える。(当初計画では朝扇沢から入って、欲をを出してスゴまで行くつもりでいたが、この計画はきっと無理だったろうと反省している。まあ前泊したから結果オーライだけど。)スゴノ頭からの下りはやはり急で15:40ヘトヘトになってスゴのテンバに到着する。のどが渇いて仕方ないので、持参したけれどもぬるくなってしまった発泡酒を一気に飲み干した後で、キャンプを設営。他にテントは4張り。雷鳥平から向かった登山者は私一人であったと小屋番のおねえさんから教えられる。今日はエネルギー切れを防ぐためひっきりなしに、行動食を食べたのでお腹が空かない。疲れのためか16:30頃から寝てしまったようで22:30に目が覚める。ビーフジャーキーなどをつまみにウイスキーを飲んで朝までウツラウツラと寝たようだ。

3:00(起床朝食)- 4:00(テント撤収)- 4:30(雷鳥平発)- 6:05‾6:20(一の越山荘)- 6:55(龍王岳通過)- 7:20(1本)- 8:05‾8:20(獅子岳)- 9:00(ザラ峠)- 9:50‾10:15(五色ケ原山荘)- 10:50(鳶山)- 11:25‾11:35(越中沢乗越)- 12:25‾12:40(越中沢岳)- 13:40(越中沢岳とスゴノ頭のコルで1本)- 14:10(スゴノ頭通過)- 14:50‾15:00(スゴ乗越)-15:40(スゴ乗越小屋キャンプ場着)

 


5:30一の越しへの登りから雷鳥平キャンプ場を振り返る
6:00 一の越山荘の外には立派な水洗トイレがある。内容もホテル並なのかなと考える
龍王岳の稜線から鬼岳
獅子岳付近のお花畑。ハクサンイチゲとシナノキンバイ
ザラ峠越しに見る五色ケ原と薬師岳
ザラ峠  佐々成政は冬にこんな所を越えたのかな
10:53 鳶山から越中沢岳越しに薬師岳を見る(右)
スゴのキャンプ場は小屋まで2分

2002.8.23(金) 

スゴキャンプ場〜間山〜北薬師岳〜薬師岳〜薬師峠キャンプ場

今日はあこがれの薬師岳のピークを目指す日である。天気予報では曇りという情報が入っているが、せめてピークで視界がきくよう祈るばかりである。今日の日程はかなり余裕があるものの、晴れているうちにピークに立ちたいと気が焦る。朝食はインスタントラーメン「うまいっしょ」に「ラーメンの具」という乾燥食品を入れて胃袋に流し込む。5:00小屋番のおねえさんと記念撮影してからヘッデンをつけて出発。どうやら誰よりも早い旅立ちのようだ。6:10間山をピークハント。雲が一面に上空を覆っているもののアルプスの山々は見えている。7:35‾8:30北薬師岳に着くと山頂は貸し切りで誰もいない。雄大な眺めに大満足するも、薬師岳に目を向けるとガスの中である。ここでこんなに素晴らしい眺めがあるのに、目的地は霧の中ではつまらないので、大休止をとり何十年ぶりかのスケッチをする。薬師岳方面の霧が晴れるのを見定めてから出発し、9:15‾10:30念願の薬師岳をピークハントする。折立方面から登ってきた団体登山者が10数人。山頂は風と霧で寒くなる、風の来ない場所に陣取り、晴れ間を待って景色を満喫する。山頂でくつろぎながらお茶をして、ついでに持参したウイスキーで乾杯。あとで聞いた話だと、これ以後にピークハントした方たちは山頂で何も見えなかったみたいなので、早立ちが大正解。11:00薬師岳山荘を通過して、12:00には薬師峠キャンプ場に到着。時間があるので雲の平まで行こうかとも思ったが、トレーニングではないのでここに泊まることに決定。空は薄曇りだが、山頂と比べると暑いくらいである。早速豊富な水を利用して、冷やし中華を作る。乾燥ワカメなども豊富に入れて大満足。キャンプ地は平で良く整備されている。ウイスキーを飲みながら、暇つぶしにスケッチしたり、持参した文庫本、椎名誠の「地球どこでも不思議旅」を読んで時間をつぶす。夜は腹が減らないが、とりあえず持参した鱒寿司が腐らない内に食べて就寝となる。明日は雨が降り出す前にテントを撤収しなければならない。

5:00(スゴのキャンプ場発)- 6:10(間山ピークハント)- 7:35‾8:30(北薬師岳)- 9:15‾10:30(薬師岳)- 11:00(薬師岳山荘通過)- 11:35(ケルン)- 12:00(薬師峠キャンプ場)



7:50 北薬師から剱、立山、スゴノ頭を振り返る

  薬師岳のカール  
薬師峠キャンプ場から見る太郎兵衛平。キャンプ場には仮設小屋があり太郎平小屋の方がキャンプの受付を行う。なんと親切にビールも売っている。

2002.8.24(土) 

薬師峠〜薬師沢出会〜薬師沢小屋〜雲の平〜高天原峠〜高天原山荘

 テントに雨の音がしないためホッとする。外へ出てみるとあたり一面のガス、ヘッデンをつけての視界は概ね3メートル。良くないですねー。ジフィーズのチャーハンを作って食べるが、これは朝からだと胃がもたれてやりきれない。3:45霧の中でテントの撤収を開始する。隣のテントでは、アタック隊が黒部五郎へ向かうらしく気合いを入れている。(今日は天気が悪いので、上は何も見えないぞ。)4:15霧の中を出発。太郎平小屋方面へトボトボと歩き出す。少し登って程なく木道歩きとなるが、草原のお花畑は、闇と霧で見えず。太郎小屋で天気図をチェック。やはり今日は雨、雨の中雲の平でテントを設営するのも寂しいので、今日は高天原まで行ってゆっくり温泉につかろうと決める。5:30薬師沢出会いに到着、きれいな場所だ。本当はここで昼食のソーメンを作って食べる予定だったのだが、腹も減っていないし、まだ早朝で食べるどころではない。雨が本格的に降り出す前に距離を稼ぎたいのだ。6:40‾7:00薬師沢小屋に到着、小屋のテレビで天気予報を確認、明日の天気は良いようだ。小屋の前で大東新道を通ろうか雲の平に向かおうか少し迷うが、雲の平のアラスカ庭園なども見てみたいので、少し遠回りするが雲の平に向かう。ここから2時間ほどが急な登りになる。歩き出して10分ほどで、予定の雨が来る。(トホホ)雲の平についても雨は降り続き寒い。アラスカ庭園やスイス庭園は通り過ぎるだけになってしまった。9:40‾10:20雲の平山荘に到着、ホットレモンを作ってピーナッツパンをかじって元気を取り戻す。出発する頃には、雨も霧雨に変わる。荒天時のお約束の雷鳥が高天原の分岐まで案内してくれる。ここからの高天原までの道は急な下りで、おまけにぬかるんで歩きづらい。13:00高天原山荘手前の沢でレインウエアを洗濯してしばしの水遊び、この頃には薄日が射してくる。13:20高天原山荘到着。ここでビールを購入して一気飲み。14:30‾16:00ビール片手に高天原温泉の露天風呂でのんびりくつろぐ。入浴中にまた雨が降り出したので小屋に逃げ帰る。今日は小屋泊まりで正解かな。17:50自炊の私はサンマの缶詰とマーボ春雨とウイスキーで夕食。(晩酌)その後9時の就寝まで、小屋泊の仲間と酌み交わす。(京都から見えた、ご住職の兄弟から沢山の差し入れをいただきました。その後2日間も夕食後に飲みに誘っていただき、沢山の般若湯をよばれました。阿弥陀様からのお布施でしょうか。合掌)

4:15(薬師峠キャンプ場発)- 4:45(太郎平小屋) - 5:30(薬師沢出会い)- 6:40‾7:00(薬師沢小屋)- 9:40‾10:20(雲の平山荘)- 12:15(高天原峠)- 13:20(高天原山荘)- 14:30‾16:00(露天風呂)- 21:00(就寝。久しぶりに途中で目覚めることなく爆睡)

6:50 薬師沢小屋を撮影。ここでベルギーワッフルを食べて一休み。小屋のテレビで天気予報をチェック。今日の荒天が予想されるので、高天原で小屋泊まりと決めている。

小屋の前の吊り橋を渡り、3メートルほどの梯子を降りて、対岸から小屋を見上げる。このあと雲の平まで2時間ほどの急な登りが待っている。歩き始めて10分ほどですぐに雨になる。

薬師沢の木道歩きは夜露にぬれて滑る 雲の平アラスカ庭園付近での、チングルマ
10:25 雲の平山荘を写す。寒いのでテラスでホットレモンを2杯作って飲み、ピーナツパンを食べて元気が出る。霧雨程度に変わってきた。水はテンバまで行かなければ無いらしい

12:15 高天原峠の道標(急な下りだった)曇ってはいるが雨があがり、蒸し暑い。

高天原山荘手前でワタスゲの群落
13:20 高天原山荘でビールを購入しテラスで一息。今日は久々の小屋泊まり(素泊まりだけど)

14:50 高天原温泉露天風呂でビールを飲みながら記念撮影夕食はサンマ缶詰にマーボ春雨で一杯。その後、同宿の仲間と酒宴で、9時に就寝。朝まで爆睡で疲れがとれた。


2002.8.25(日)  

高天原山荘〜温泉沢〜赤牛岳〜水晶岳〜鷲羽岳〜三俣キャンプ場

 風呂にも入ったし手足を伸ばしてぐっすり眠れたので気分が良い。五目ご飯とワカメスープで朝食とする。実は朝になっても今日の日程が決まらない。というのは、今回もう一つの目的である赤牛岳のピークハントは晴れた日に行いたいからである。高天原の温泉も入ってしまったので、今日を入れてあと3日の内にアタックすれば良いのである。フル装備での温泉沢コースは身体にも堪えそうだし、何よりも今は曇っているのである。4:45 思い切って温泉沢を詰めて赤牛岳へ行こうと出発するも、15分後に雲の様子を見て引き返す。小屋のテラスでコーヒーを入れて「今日は雲の平へ行ってテントを張ってから、明日空身で赤牛岳をアタックしよう。」と考える。ところが上空の雲の流れが速く見る見るうちに青空が広がって来るではないか。これはいかんと6:00再出発。行程が長いのに大変な時間をロスしてしまった。高天原の温泉沢を詰め上がり、1時間ほど歩くと沢の分岐、ペンキ印が所々にあるため、地形図で把握しておけばまず間違うことはない。分岐から15分ほど歩き、張られたロープに取り付いて尾根に乗る。ここからの急斜面はひたすら登るのみ。振り返れば薬師岳が見事にそびえ立ち、左を見上げると赤牛岳が大きい。ヴァームを飲んで気合いを入れ、8:55に温泉の頭到着。エアリアマップではここから赤牛岳山頂まで往復4時間とのこと。見た目は近いので「往復2時間の間違いではないのか」と考える。とりあえずザックをデポして、サブザックに行動食などを放り込んで稜線のハイキングに出発。赤牛までは3つほどの小ピークを越えていくのである。1時間ほど歩くも山頂は近づかない。「やはりエアリアの表示は間違っていなかったのか。」などと思いながら水筒を・・・・・「出せない。なんと水を忘れてきたようだ。」あと3時間も水なしで身体が持つか不安になる。今更引き返すつもりもなく、稜線をひたすら急ぎ、10:25無事にピークハント。空は青空で景色は圧巻、やはり来て良かったとしばし感慨にふける。その後来た道を忠実にたどるが、野口五郎岳など眺めながら歩くとついつい、稜線を東に向かいそうになる。水が切れて苦しいし、腹が減るので思い切って薫製玉子2個を行動食として食べる。(喉にとっても良くない感じ。)分岐に着いたら存分に水を飲もうとトボトボ歩く。12:00‾12:25ザックをデポした温泉の頭でヴァームを溶かしてジュースとし、ホットレモンと五目ご飯で一息つく。13:15‾13:30水晶岳で一息入れていると赤牛岳から単独登山者がやってきた。くろよんヒュッテから赤牛を越えたとのこと。今日登り初めてからはじめて人に出会ったのである。水晶岳は昨年登ったがガスだったので、視界が良くてラッキー。特に鷲ば岳と槍ヶ岳の眺めが素晴らしい。真砂岳付近でヘリがホバーリングしている。あとで聞くと、何とかツアーの登山客が骨折してしまったようだ。14:00‾14:15水晶小屋で缶ビールを購入。さっきの水のうらみとばかりに一気飲み。水晶小屋は昨日1畳に3人とのこと。15:00ワリモ分岐で昨日お世話になった、ご住職の兄弟に出会う。雲の平に泊まる予定が時間が余ったので三俣山荘まで向かう由。私は黒部源流を通って三俣のキャンプ場へ行く予定だったが、一緒に鷲羽岳に登ることにする。15:50鷲羽岳をピークハントして16:50ようやく三俣山荘に到着する。3人で生ビール1200円を買って乾杯。18:00テントを設営し、タラコスパゲッティーを作ってくつろいでいると、またしても酒宴をはろうと声をかけていただく。三俣山荘の食堂の片隅で少し盛り上がり、21:00就寝。休みはまだ3日もあるので、去年行った黒部五郎岳に登って、双六岳まで行こうと決める。ご住職も思案していたようであるが、昨年雲の平から同じコースで行ったことを伝えると、黒部五郎まで行く気になったようである。それにしても今日はよく歩いた。

3:45(起床)- 4:45(出発するも戻る)- 5:50(再出発)- 8:55(温泉の頭分岐)- 10:25(赤牛岳ピークハント)- 12:00‾12:25(温泉の頭分岐)- 13:15‾13:30(水晶岳)-14:00‾14:15(水晶小屋)-15:50‾16:10(鷲羽岳ピークハント)- 16:50(三俣キャンプ場)-18:00(キャンプ設営)


     
6:20 温泉沢で、朝食は五目ご飯とワカメスープ雑炊。朝5時に出発するも雲が多くて小屋に戻る。(赤牛岳は明日にして、雲の平を散策しようか等と考える。)その後の天気予報で快晴を伝えたため気を取り直して6時に出発。(1時間ロス)
9:10 温泉の頭付近から目指す赤牛岳が美しい
13:20 水晶岳ピークハント、道標をパチッ
14:05 水晶小屋を撮影
14:25 水晶から岩苔乗越へ向かう道。鷲羽が大きい
16:05 鷲羽岳ピークハント、鷲羽池と槍ヶ岳

 

18:00 三俣キャンプ場で鷲羽をバックにテントを撮影


2002.8.26(月) 

三俣キャンプ場〜黒部乗越〜黒部五郎岳〜三俣蓮華岳〜双六岳〜双六キャンプ場

 昨日までで、今回の予定の山は登ってしまいました。いろいろと思案した結果昨年同様、黒部五郎岳に行こうと決めました。私の地元からだと1泊では行けない山だけに、その価値はなおさらです。歩く距離は比較的長いのですが、昨年の経験を踏まえて、双六方面と黒部方面の分岐にザックをデポする事に決定。5:00棒ラーメンに乾燥野菜を入れて朝食。外は素晴らしく晴れている。6:00テントを撤収して出発、夜露でフライシートとグランドシートがビショビショで重い。しかも霜が張り付いている。6:50分岐でザックをデポ、ここから見る雲の平と薬師岳が美しい。左手には笠ケ岳がそびえ立つ。7:45空身同然なのでルンルン気分で黒部五郎小舎に到着。さすがに今日は宿泊者も少ない。早速頂上での乾杯ビールを購入してカールコースを山頂に向かう。カールのお花畑とそびえたつ五郎の眺めは圧巻です。笠ケ岳方面から見ると、どこの山かわからないくらい冴えない山なのに。9:40ピークでご住職の兄弟に再会。そういえばこのコースを歩くことを昨晩勧めたのでした。ビールで乾杯し、しばしの間スケッチなどしてくつろぐ。昨日の余り物の五目ご飯がまだ残っているので、ゴミにするわけにも行かず我慢して昼食にする。食材はかなり余っている。心配しすぎて沢山持ちすぎたかもしれない。(反省)11:30黒部五郎小舎前でお茶を沸かしてくつろぎ12:00出発。12:40デポしてある分岐へ到着。13:30三俣蓮華岳ピークハント、このあたりは団体の登山者の宝庫である。大きいパーティーは20人以上を数える。おのずから「小屋は混んでいるかな。」といった会話が耳に入る。このときばかりはテントの自分はありがたい。心の中では「1畳に3人くらいになれば良いのに。」などと人の不幸を願っているのです。14:47三俣からの稜線で一緒になった単独の学生さんと雑談をしながら双六岳にピークハント。ここは野球でも出来そうなくらい山の上が平である。腹が減って元気が出ないと言っているので、キャンプ場で食材を分けてあげることにする。(賞味期限切れ2週間前のジフィーズ。どうせ山では食べないし、持って帰ってもやはり食べないだろう。)15:40キャンプ場到着、早速設営。16:50双六小屋前のテラスで生ビールを購入、天気も良く暖かいので、冷やし中華を作って夕食。19:00今日もご住職の兄弟に誘っていただき、小屋の片隅で酒宴を張る。1.5リットル近く持ってきたウイスキーも、残り0.2リットルくらいになる。明日の分をとっておこう。21:00就寝。寝る前に明日の計画、ここまで来ると槍ヶ岳か笠ケ岳のどちらかしかない。槍は今年既に行っているので、笠ケ岳に決定。歩くのには余裕の日程。天気予報では曇り、午後時々晴れ

5:55(三俣キャンプ場発)- 6:50(分岐でザックをデポ)- 7:45(黒部五郎小舎)- 9:40(黒部五郎岳ピークハント)- 11:30‾12:00(黒部五郎小舎)- 12:40(分岐)- 13:30(三俣蓮華岳)- 14:45(双六岳)-15:40(双六キャンプ場)

6:25 三俣から黒部五郎へ向かう。雲の平と薬師岳
7:45 黒部五郎小舎へ到着。りんご300円と山頂用ビール550円を購入
黒部五郎岳カールのお花畑

8:45 黒部五郎岳

9:40 黒部五郎岳ピークハントで記念撮影。バックは薬師岳

黒部五郎小舎
黒部乗越途中から三俣蓮華岳稜線 笠ヶ岳 13:40 ピークを踏む
17:00 双六キャンプ場

2002.8.27(火) 

双六キャンプ場〜弓折岳〜抜戸岳〜笠ケ岳 

 いよいよこの旅も最後のピークを目指すことになる。天気予報は曇りのち晴れ、コースタイムが6時間程度なので早立ちしてしまうと暇な一日になってしまう。今日は、昨年も持ってきて食べなかったジフィーズのビーフシチューを朝から食べる。(以外と美味ではないか、しかしカレー系は食器が汚れて嫌だな。)6:00急ぐ旅ではないけれど習慣により出発。笠ケ岳方面は一面のガス。7:00弓折岳は上空雲が多い。8:30秩父平で饅頭とホットレモンでティータイム。しかしこの饅頭はいつのものなのだろうか?先日テント撤収時に中を払ったときに、テントのポケットから出てきたやつだ。)この場所は、昨年は雨で視界が利かなかった。今年は降っていないだけ良しとしよう。この間2組ほどのパーティーと出会い、「午後は晴れますよ。」などと天気予報のウケウリで無責任なデマカセを言ってみる。9:30抜戸岳通過やはりガス、合間にうっすらと薬師岳が見えるが笠ケ岳は雲の中。10:05笠新道分岐。ここから1時間ほどでテンバだということは既に承知している。最後の登りだと思うと妙に感傷的になり、あえてゆっくり歩を進める。11:20笠ケ岳キャンプ場(テンバ下の水は涸れる直前とのこと。3リットル荷揚げして良かった。)12:00キャンプを張ってから、やはり朝同様のキャラバンのカレーを作ってむりやり昼御飯、ガスは晴れないので、テントサイドに簡易ベッドをつくり、ウイスキーをチビリチビリやりながら、持参した文庫本「地球どこでも不思議旅」(椎名誠)を読む。ラジオの感度も良く、懐かしのフォークソングなどかかっている。キャンプ場から小屋までは、ひと登りあるため、くつろいでいる私の脇を通って小屋を目指す方たちはとても羨ましそうである。13:30キャンプ場の申し込みとピークハントを兼ねて小屋へ向かう。ガスはあるものの暖かいので、小屋でワインを買ってピークハント。13:45‾15:30ピークはガス、暖かいのでのんびりとワインを飲み始める。そこへ秩父平で私がデマカセを言ったパーティーと出会う。「午後は晴れるんでしたよねー。」の問いかけに自信を持って持久戦を覚悟。待つこと1時間あまりで、ガスが晴れて穂高連邦が顔を出したのである。その後登ってきた人にも「やはり晴れましたね。ありがとうございます。」などと言われ、かえって困ってしまったのです。 ついでに小笠に登り、テントでゆっくりとくつろぐ。18:00八宝菜やチーズなどつまみに持参したウイスキーを最終処分。明日は帰るのみか

6:00(双六キャンプ場発)- 7:00(弓折岳)- 8:30(秩父平)- 9:30(抜戸岳) - 10:05(笠新道分岐)- 11:20(テンバ着)- 13:45‾15:30(ピークハント)- 18:00(くつろぎタイム)

弓折岳への道でのお花畑
10:25 ガスの晴れ間に薬師岳が覗く
12:50 テンバで本を読んでくつろぐ
14:20 笠ヶ岳ピーク、ガスが晴れて槍、穂がのぞく

 

笠ヶ岳


2002.8.28(水) 

笠ケ岳〜笠新道〜新穂高温泉

今日が旅の最終日、3:00習慣で早起きし空を見上げると満天の星、ワンゲルのテントは撤収を終了したようだ。こちらも負けずに荷造りを始め、4:00撤収完了、思えば荷物も軽くなったものだ。山頂でご来光を仰ごうとトボトボ登り始める。4:15小屋の端を借りて棒ラーメンをつくり朝食。昨日山頂であった方に、朝の一服として和菓子と抹茶をたてていただき厳かな気分でいただく。4:50小屋の前からは槍ヶ岳と穂高岳がきれいに見え、みなさんも撮影準備オッケー。ピークに向かうのは私のみ。ピークでの360度の景色は雄大で感動する。5:10下山開始、抜戸岳へ向かう途中、大喰岳に日が昇る。6:15笠新道分岐。9:35‾10:20林道着、テントを干してスパゲッティーをつくり早めの昼食。ランニングシューズに履き替え観光客モードへ。11:00新穂高温泉アルペン湯で入浴、(村営の風呂が無料なのはありがたいが、500CCのビールが500円とは高すぎませんか?こっちの方で儲けるってか。)12:30バスの人となりました。

3:00(起床・撤収)- 4:15(笠ケ岳山荘)- 5:00(ピークハント)- 5:10(下山)- 6:15(笠新道分岐)- 9:35‾10:20(林道で)- 11:00(新穂高温泉〜入浴)- 12:30(バス)- 14:15(松本IC)

5:00 笠ヶ岳への登りから槍と穂

5:35 テンバを過ぎて下山開始。大喰岳に日が昇る

6:15 テンバを過ぎて下山開始。振り返ったら笠ヶ岳が美しい
7:00 杓子平から見上げる

12:30 アルペン湯で入浴してビールを飲んで、30分発の松本行きバスに乗る

日  程

行動の記録

行 動 食

8月21日(水)

初日室堂まで入る

扇沢〜室堂〜雷鳥平キャンプ場(テント泊)

-

-

ビール2本・ハンバーグパン・つまみ・ウイスキー

8月22日(木)

2日目 スゴ乗越まで

雷鳥平〜一の越〜ザラ峠〜五色ケ原〜越中沢岳〜スゴ乗越(テント泊)

雑炊持参玉子入り

メンチカツパン・コロッケパン・ワッフル・鱒寿司(おにぎり大)・ヴァーム・アミノバイタル

ビール・ウイスキー・つまみ

8月23日(金)

3日目 薬師岳ピークハント 

スゴ乗越〜間山〜北薬師岳〜薬師岳〜薬師峠キャンプ場(テント泊)

インスタントラーメン

メロンパン・冷やし中華

鱒寿司(おにぎり大)・ウイスキー

8月24日(土)

4日目 雲の平と高天原温泉

薬師峠〜薬師沢出会〜薬師沢小屋〜雲の平〜高天原峠〜高天原山荘(小屋泊)

ジフィーズチャーハン

ピーナッツパン・ワッフル・ホットレモン2

ビール2本(1000円)サンマ缶詰・マーボ春雨・ウイスキー

8月25日(日)

5日目 赤牛岳と水晶、鷲羽

高天原山荘〜温泉沢〜赤牛岳〜水晶岳〜鷲羽岳〜三俣キャンプ場(テント泊)

五目ご飯をワカメスープに入れる

五目ご飯・ヴァーム2・アミノバイタル・ホットレモン・ワッフル・薫製玉子2・水晶小屋ビール1本(500円)

三俣蓮華生ビール(1200円)・タラコスパゲッティー・ウイスキー

8月26日(月)

6日目 黒部五郎岳と双六岳

三俣〜黒部乗越〜黒部五郎岳〜三俣蓮華岳〜双六岳〜双六キャンプ場(テント泊)

棒ラーメン

五目ご飯のこり・黒部五郎小舎(りんご300円・ビール550円)

双六生ビール(800円)冷やし中華・ジフィーズポテトサラダ・ウイスキー・

8月27日(火)

7日目 笠ケ岳

双六キャンプ場〜弓折岳〜抜戸岳〜笠ケ岳(テント泊)

ジフィーズビーフシチュー・アルファ米

キャラバンカレー・アルファ米

笠小屋ワイン(1000円)・ウイスキー

8月28日(水)

新穂高温泉へ下山

笠ケ岳〜笠新道〜新穂高温泉

棒ラーメン

ペペロンティーノ・新穂高温泉缶ビール(500円)

-