戸谷峰・六人坊・三才山(2002.8.18)

今日はこの記録から  です 

 蝶ケ岳登山を予定していたところ、あいにくの台風の影響で諦めることとなり、かわりに里山ハイキング(戸谷峰)になりました。この山は松本と四賀村と丸子町の境に位置している1600メートルクラスの山です。松本から見ると北東にどっしりとそびえる立派な山ですが、山の名前を知っている人は30人にひとりくらいではないかという地味な山です。その北の稜線続きに六人坊という山があり、前回戸谷峰からひときわ立派にそびえていたのでここも登ってきました。(名前の由来など調べてみようと思います。)どうやら、あまり人が入らないようで登山道は少々荒れています。山頂には、登山者の手作りとも思えるささやかな標識がありましたが、藪の中であり休憩や展望は今ひとつでした。ついでといっては何ですが、三才山まで足を延ばしました。松本と丸子町を結ぶ重要なトンネルが、三才山トンネルですが山頂は、このトンネルの真上、やはり地味なピークで寂しいですね。谷も深いので地形図がなければ行きたくない雰囲気です。

時 刻

覚 え 書 き な ど

6:15

三才山トンネル手前の、道路管理施設に駐車(3台くらいならとめられそう)して、登山口に取り付く。登山口は、30メートルほど戻った場所に、中部電力の電線管理道路があり、これを登る。

道は階段状に切ってあり、沢の右岸を高巻くように沢を詰める。

6:40

対岸に渡渉し、(丸木橋)尾根に取り付く。結構急な斜面を登ること10分ほどで、下界の景色が開ける。ここで一本。

7:10

だらだらとした坂を歩くこと20分で、戸谷峰方面と六人坊方面の分岐のコルに立つ。高圧鉄塔がそびえ立っており草が柔らかい。

ここを左に折れ、戸谷峰へと向かう。高低差50メートルほどのコブを2つ越え、この間にトリカブトがある。最後に100メートル弱登って、山頂に着く。山頂はマツムシソウが咲いている。

8:15

今日の山頂は曇りでガスが捲いているが、ガスの切れ間から北アルプスが望め、時々槍ヶ岳が穂先を覗かせる。

ビールとウイスキーで乾杯。荷揚げした材料で小林汁をつくりスイカにかじりつく。(小林汁:豚汁をベースに、人参、トマト、オクラ、ジャガイモ、エノキ、キムチを入れる。味噌と鰹だし。)

9:50

戸谷峰を出発し六人坊に向かう。

10:35

六人坊と戸谷峰と下山路へのコルに戻る。ここから六人坊主に向かうも、あまり人が通らないようで、下草や木の枝は結構張っている。

11:05

六人坊到着。山頂は木の間で狭く、ゆっくりくつろげるような状態では無い。六人坊と記された手書きの看板が掛けられていた。

11:20

三才山着。三才山峠は有名だがここに来る人はあまりいないと思われる。景色も開けず藪の中で狭い。地形図を見ると、三才山トンネルの真上に立っているのがわかる。ここは分岐点にもなっており、南へ折れれば美ヶ原林道方面。北へ折れれば保福寺峠方面である。天気も怪しいので早々に戻ることとする。

12:05

三度目の分岐のコルに立ち、ここでコーヒーを飲みながら昼食とする。

12:55

下山開始

13:30

駐車場に無事下山

15:30

ホットプラザ浅間で入浴後解散。一入り840円は高すぎる。